国道よりも酷道、県道、そして林道が好き。 ツーリングに行きたくてもなかなか行けない中年ライダーのツーリング、温泉、B級グルメと時々サッカーの話。
むか~し昔、大原の里に「おつう」という娘が住んでおったそうな。


ある日、上洛中の若狭の殿様に見初められ、

殿様の国元で夢のような毎日を過ごしていたのですが、

おつうが病にかかると殿様は変心し、

彼女は村に戻されてしまいました。



kyuuhanasetouge1304-001b.jpg




おつうは悲しみのあまり大原川の女郎淵に身を投じると、

たちまちその美しい姿は「大蛇」に変わってしまいました。

そして、都入りする殿様が花尻橋を通りかかったところを襲ったのです。





あばれ狂う大蛇は家来によって一刀のもとに切り捨てられましたが、

その夜から激しい雷雨や悲鳴に見舞われ、

恐れおののいた里の人たちは大蛇の頭を乙が森に埋め、

尻尾を「花尻の森」に埋めて霊を鎮めました。



「大原のおつう伝説より」
 












4/20(土)

今月は椿月間となっております。^^;

先日、岡山の落ち椿に味をしめた私は、

近くにもそんなところが無いものかと

見つけたのが大原の「花尻の森」



朝のお散歩ツーにはちょうどいいぐらいの距離なので、

以前から行きたかった「旧花背峠」探索のついでに立ち寄りました~









早朝出発で京都市内に入ったところで


オシャレなハンバーガー屋さんを見つけたのでここで朝食を・・・・


って、マクドかいっ!!


kyuuhanasetouge1304-002b.jpg

朝の早い時間にも開いているのはありがたいね~








京都の市街地を抜けて 国道367号(鯖街道)を少し走ると、

その森?は姿をあらわします。

kyuuhanasetouge1304-003b.jpg

こちらは、「江文神社」と「梅宮神社」の祭礼の御旅所となっています。





隣の漬物店に入ったり、地元の方にお聞きしてようやくたどり着きました。

私の想像していた森のイメージとは全然ちがったので、

国道沿いにあるにもかかわらず、見つけることが出来ませんでしたよ~








kyuuhanasetouge1304-005b.jpg
駐車場にも、椿の花が散乱していますね~





kyuuhanasetouge1304-006b.jpg


綺麗な花のまま地面に朽ちる椿におつう伝説をダブらせる・・・クッサ~

























kyuuhanasetouge1304-007b.jpg




大原を後にして、京都一の酷道、477号線に参りましょう!






kyuuhanasetouge1304-008b.jpg

1.5車線の峠道ではありますが、2輪なら大型バイクでも問題なさそう。





kyuuhanasetouge1304-009b.jpg






峠付近で怪しい枝道が出現、

バス亭の名も「旧道別れ」と間違いないでしょう。



kyuuhanasetouge1304-010b.jpg







kyuuhanasetouge1304-011b.jpg

すぐに走りやすいダートになりました。


kyuuhanasetouge1304-012b.jpg

「旧花背峠」に到着、


ここで行く手が二股に分かれています。







kyuuhanasetouge1304-013b.jpg



貴船に下りたかったのでこのお手製の標識の示すほうへ進んで行きました。








次の分かれ道、

右の方はチェーンが張られていて進めない。

kyuuhanasetouge1304-014b.jpg

矢印のところに朽ち果てているカンバンによると

廃道っぽい左の道を下りろと言っている???







kyuuhanasetouge1304-015b.jpg

しかし、これ以上進むのは無理~








最初の峠の分岐点のところまで戻ってきました。

kyuuhanasetouge1304-016b.jpg

さっきは見逃していた小さな標識を発見

「芹生」方面に行ってみま-す。





kyuuhanasetouge1304-017b.jpg

これが正解っぽいね~









kyuuhanasetouge1304-018b.jpg

県道361号に出ました~

しかし、さっきまでのダートより、こっちのほうが落石多く危険な感じ~





kyuuhanasetouge1304-019b.jpg


「貴船神社」をスルーして・・・






kyuuhanasetouge1304-020b.jpg

竹を積んだ軽トラがいっぱいで、

夏にむけて川床の準備の真っ最中でした。










kyuuhanasetouge1304-021b.jpg

「鞍馬寺」は、またの機会に紹介します~







kyuuhanasetouge1304-022b.jpg


薬味がいっぱい載ったお蕎麦をいただいて、帰路につきまーす。







kyuuhanasetouge1304-023b.jpg

帰りは京都市街地を避けて、


県道40号でふたたび鯖街道にもどり、


湖西道路に抜けていきました~








ランキング
ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
いつもご協力ありがとうございま~す。^^)/
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
おつうは悲しみのあまり大原川の女郎淵に身を投じると、

たちまちその美しい姿は「大蛇」に変わってしまいました。

そして、都入りする殿様が花尻橋を通りかかったところを襲ったのです。





あばれ狂う大蛇は家来によって一刀のもとに切り捨てられましたが、

その夜から激しい雷雨や悲鳴に見舞われ、

恐れおののいた里の人たちは大蛇の頭を乙が森に埋め、

尻尾を「花尻の森」に埋めて霊を鎮めました。



「大原のおつう伝説より」
 












4/20(土)

今月は椿月間となっております。^^;

先日、岡山の落ち椿に味をしめた私は、

近くにもそんなところが無いものかと

見つけたのが大原の「花尻の森」



朝のお散歩ツーにはちょうどいいぐらいの距離なので、

以前から行きたかった「旧花背峠」探索のついでに立ち寄りました~









早朝出発で京都市内に入ったところで


オシャレなハンバーガー屋さんを見つけたのでここで朝食を・・・・


って、マクドかいっ!!


kyuuhanasetouge1304-002b.jpg

朝の早い時間にも開いているのはありがたいね~








京都の市街地を抜けて 国道367号(鯖街道)を少し走ると、

その森?は姿をあらわします。

kyuuhanasetouge1304-003b.jpg

こちらは、「江文神社」と「梅宮神社」の祭礼の御旅所となっています。





隣の漬物店に入ったり、地元の方にお聞きしてようやくたどり着きました。

私の想像していた森のイメージとは全然ちがったので、

国道沿いにあるにもかかわらず、見つけることが出来ませんでしたよ~








kyuuhanasetouge1304-005b.jpg
駐車場にも、椿の花が散乱していますね~





kyuuhanasetouge1304-006b.jpg


綺麗な花のまま地面に朽ちる椿におつう伝説をダブらせる・・・クッサ~

























kyuuhanasetouge1304-007b.jpg




大原を後にして、京都一の酷道、477号線に参りましょう!






kyuuhanasetouge1304-008b.jpg

1.5車線の峠道ではありますが、2輪なら大型バイクでも問題なさそう。





kyuuhanasetouge1304-009b.jpg






峠付近で怪しい枝道が出現、

バス亭の名も「旧道別れ」と間違いないでしょう。



kyuuhanasetouge1304-010b.jpg







kyuuhanasetouge1304-011b.jpg

すぐに走りやすいダートになりました。


kyuuhanasetouge1304-012b.jpg

「旧花背峠」に到着、


ここで行く手が二股に分かれています。







kyuuhanasetouge1304-013b.jpg



貴船に下りたかったのでこのお手製の標識の示すほうへ進んで行きました。








次の分かれ道、

右の方はチェーンが張られていて進めない。

kyuuhanasetouge1304-014b.jpg

矢印のところに朽ち果てているカンバンによると

廃道っぽい左の道を下りろと言っている???







kyuuhanasetouge1304-015b.jpg

しかし、これ以上進むのは無理~








最初の峠の分岐点のところまで戻ってきました。

kyuuhanasetouge1304-016b.jpg

さっきは見逃していた小さな標識を発見

「芹生」方面に行ってみま-す。





kyuuhanasetouge1304-017b.jpg

これが正解っぽいね~









kyuuhanasetouge1304-018b.jpg

県道361号に出ました~

しかし、さっきまでのダートより、こっちのほうが落石多く危険な感じ~





kyuuhanasetouge1304-019b.jpg


「貴船神社」をスルーして・・・






kyuuhanasetouge1304-020b.jpg

竹を積んだ軽トラがいっぱいで、

夏にむけて川床の準備の真っ最中でした。










kyuuhanasetouge1304-021b.jpg

「鞍馬寺」は、またの機会に紹介します~







kyuuhanasetouge1304-022b.jpg


薬味がいっぱい載ったお蕎麦をいただいて、帰路につきまーす。







kyuuhanasetouge1304-023b.jpg

帰りは京都市街地を避けて、


県道40号でふたたび鯖街道にもどり、


湖西道路に抜けていきました~








ランキング
ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
いつもご協力ありがとうございま~す。^^)/
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

[2013/05/01 23:50] | 探索ツーリング
トラックバック:(0) |


のりまき
ダートも行けるのが強みですね。僕は、ダートでも締まってそうな道なら、通勤リード110で行きます。
R162・カモノセキャビンから、r38に抜ける道は行けましたが、愛宕山北から神護寺への山道ダートは無理でした。
お盆にr361で、R477から貴船にタンデムで抜けたことがあります。森の中の涼しいで沢道が夏最高でした。
でも貴船に出ると、大混雑でお盆ということを思い出しました。
京都の北山の森には、怪しい道がいっぱいありそうですね。

のりまきさん こんばんは~
まんと
> ダートも行けるのが強みですね。僕は、ダートでも締まってそうな道なら、通勤リード110で行きます。
> R162・カモノセキャビンから、r38に抜ける道は行けましたが、愛宕山北から神護寺への山道ダートは無理でした。
> お盆にr361で、R477から貴船にタンデムで抜けたことがあります。森の中の涼しいで沢道が夏最高でした。
> でも貴船に出ると、大混雑でお盆ということを思い出しました。
> 京都の北山の森には、怪しい道がいっぱいありそうですね。

リードでダート走行ですか~VTより軽いので走りやすいかもしれませんねー。
神護寺って嵐山のところですね。そんなところにコッソリ、ダートがあるんですね~
貴船にぬけるr361も走破済なのですね。
京都の高級奥座敷なのに沢山の人が訪れているのでびっくりします。
私は、地図に載ってない道を走るほどツーリングしていないのでまだまだです。


GSF
こんばんは~。

昔話ってなんとなく理不尽な内容のお話が多いですよね^^
少し実話や当時の人々の不満などが、混ざってるのかも、、とか思っちゃいますw

僕も最近、廃墟に行く為に落ち葉や枝がいっぱいのダートな道を歩きましたが、もぐらやヘビの死骸などがあったりして怖かったです^^

魑魅魍魎が居るところ
nmtr220
まんとさん、こんばんは。

私には、京都北山の旧花背峠、大見など宿題がいっぱいの場所
早朝出発で京都市内をクリアしないといけないコースなんです。

ほかの場所と違うところは
良い天気でも薄暗いところが多いように感じます。
「伝説」に似合うところなんですね。

涼しい夏の貴船は賑わうと聞きますが、私には敷居が高くて・・・

京都北山
私も今年は行ってみたいと思っています。
それでは。


トミー
こんばんは!!

岡山の椿はとっても綺麗でしたが
トミーの地元である京都にもこんなに綺麗な椿が
あったんですねー!
それに来週あたり、もしかすると花背あたりに
出掛ける予定になりそうなので
ついでに477も走っておきたいのですが
どうせならダートも・・・って欲張ってしまいそう(笑)


GSFさん こんばんは~
まんと
> こんばんは~。
>
> 昔話ってなんとなく理不尽な内容のお話が多いですよね^^
> 少し実話や当時の人々の不満などが、混ざってるのかも、、とか思っちゃいますw
>
> 僕も最近、廃墟に行く為に落ち葉や枝がいっぱいのダートな道を歩きましたが、もぐらやヘビの死骸などがあったりして怖かったです^^

お返事遅くなりました~
このお話も何かもとになる史実があったのでしょうが、
人から人ね伝わるうちにドンドン話が飛躍していったのでしょうかね~

私がダート走るときはバイクでダダダッと駆け抜けてしまうので
余り下に転がっているものに気をとられることはないのですが、
ひと気のない所を歩いている方が怖いでしょうね~

nmtr220さん こんばんは~
まんと
> まんとさん、こんばんは。
>
> 私には、京都北山の旧花背峠、大見など宿題がいっぱいの場所
> 早朝出発で京都市内をクリアしないといけないコースなんです。
>
> ほかの場所と違うところは
> 良い天気でも薄暗いところが多いように感じます。
> 「伝説」に似合うところなんですね。
>
> 涼しい夏の貴船は賑わうと聞きますが、私には敷居が高くて・・・
>
> 京都北山
> 私も今年は行ってみたいと思っています。
> それでは。

京都も車の多い所ですよね~
この時も早朝に市内を抜けて帰りはぐるっと周りこんで帰りました。
華やかなスポットのところも少しずれると影の部分がありますね。
貴船は高価なので立ち寄って休憩する気にもなりませんね。
バイク乗りはホント場違いのようでした。
nmtr220さんが花背付近を走りに行かれるとまた、色んな楽しい道を発見されるのでしょう。
楽しみにしています。

トミーさん こんばんは~
まんと
> こんばんは!!
>
> 岡山の椿はとっても綺麗でしたが
> トミーの地元である京都にもこんなに綺麗な椿が
> あったんですねー!
> それに来週あたり、もしかすると花背あたりに
> 出掛ける予定になりそうなので
> ついでに477も走っておきたいのですが
> どうせならダートも・・・って欲張ってしまいそう(笑)

椿は花の形そのまま落ちるので面白くて綺麗ですね。
花背に行かれるのでしたか。
R477は細いですがバイク走行は問題ないです。
でも予想していた以上に対向車が多かったのでお気をつけて下され。
ダートは、フラットな路面なので走りやすかったですよ。

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
ダートも行けるのが強みですね。僕は、ダートでも締まってそうな道なら、通勤リード110で行きます。
R162・カモノセキャビンから、r38に抜ける道は行けましたが、愛宕山北から神護寺への山道ダートは無理でした。
お盆にr361で、R477から貴船にタンデムで抜けたことがあります。森の中の涼しいで沢道が夏最高でした。
でも貴船に出ると、大混雑でお盆ということを思い出しました。
京都の北山の森には、怪しい道がいっぱいありそうですね。
2013/05/02(Thu) 10:27 | URL  | のりまき #47HQXcl.[ 編集]
のりまきさん こんばんは~
> ダートも行けるのが強みですね。僕は、ダートでも締まってそうな道なら、通勤リード110で行きます。
> R162・カモノセキャビンから、r38に抜ける道は行けましたが、愛宕山北から神護寺への山道ダートは無理でした。
> お盆にr361で、R477から貴船にタンデムで抜けたことがあります。森の中の涼しいで沢道が夏最高でした。
> でも貴船に出ると、大混雑でお盆ということを思い出しました。
> 京都の北山の森には、怪しい道がいっぱいありそうですね。

リードでダート走行ですか~VTより軽いので走りやすいかもしれませんねー。
神護寺って嵐山のところですね。そんなところにコッソリ、ダートがあるんですね~
貴船にぬけるr361も走破済なのですね。
京都の高級奥座敷なのに沢山の人が訪れているのでびっくりします。
私は、地図に載ってない道を走るほどツーリングしていないのでまだまだです。
2013/05/02(Thu) 23:30 | URL  | まんと #-[ 編集]
こんばんは~。

昔話ってなんとなく理不尽な内容のお話が多いですよね^^
少し実話や当時の人々の不満などが、混ざってるのかも、、とか思っちゃいますw

僕も最近、廃墟に行く為に落ち葉や枝がいっぱいのダートな道を歩きましたが、もぐらやヘビの死骸などがあったりして怖かったです^^
2013/05/03(Fri) 18:34 | URL  | GSF #-[ 編集]
魑魅魍魎が居るところ
まんとさん、こんばんは。

私には、京都北山の旧花背峠、大見など宿題がいっぱいの場所
早朝出発で京都市内をクリアしないといけないコースなんです。

ほかの場所と違うところは
良い天気でも薄暗いところが多いように感じます。
「伝説」に似合うところなんですね。

涼しい夏の貴船は賑わうと聞きますが、私には敷居が高くて・・・

京都北山
私も今年は行ってみたいと思っています。
それでは。
2013/05/03(Fri) 21:06 | URL  | nmtr220 #SwfDWuRo[ 編集]
こんばんは!!

岡山の椿はとっても綺麗でしたが
トミーの地元である京都にもこんなに綺麗な椿が
あったんですねー!
それに来週あたり、もしかすると花背あたりに
出掛ける予定になりそうなので
ついでに477も走っておきたいのですが
どうせならダートも・・・って欲張ってしまいそう(笑)
2013/05/04(Sat) 22:42 | URL  | トミー #mHZ8JRr6[ 編集]
GSFさん こんばんは~
> こんばんは~。
>
> 昔話ってなんとなく理不尽な内容のお話が多いですよね^^
> 少し実話や当時の人々の不満などが、混ざってるのかも、、とか思っちゃいますw
>
> 僕も最近、廃墟に行く為に落ち葉や枝がいっぱいのダートな道を歩きましたが、もぐらやヘビの死骸などがあったりして怖かったです^^

お返事遅くなりました~
このお話も何かもとになる史実があったのでしょうが、
人から人ね伝わるうちにドンドン話が飛躍していったのでしょうかね~

私がダート走るときはバイクでダダダッと駆け抜けてしまうので
余り下に転がっているものに気をとられることはないのですが、
ひと気のない所を歩いている方が怖いでしょうね~
2013/05/05(Sun) 19:24 | URL  | まんと #-[ 編集]
nmtr220さん こんばんは~
> まんとさん、こんばんは。
>
> 私には、京都北山の旧花背峠、大見など宿題がいっぱいの場所
> 早朝出発で京都市内をクリアしないといけないコースなんです。
>
> ほかの場所と違うところは
> 良い天気でも薄暗いところが多いように感じます。
> 「伝説」に似合うところなんですね。
>
> 涼しい夏の貴船は賑わうと聞きますが、私には敷居が高くて・・・
>
> 京都北山
> 私も今年は行ってみたいと思っています。
> それでは。

京都も車の多い所ですよね~
この時も早朝に市内を抜けて帰りはぐるっと周りこんで帰りました。
華やかなスポットのところも少しずれると影の部分がありますね。
貴船は高価なので立ち寄って休憩する気にもなりませんね。
バイク乗りはホント場違いのようでした。
nmtr220さんが花背付近を走りに行かれるとまた、色んな楽しい道を発見されるのでしょう。
楽しみにしています。
2013/05/05(Sun) 20:03 | URL  | まんと #-[ 編集]
トミーさん こんばんは~
> こんばんは!!
>
> 岡山の椿はとっても綺麗でしたが
> トミーの地元である京都にもこんなに綺麗な椿が
> あったんですねー!
> それに来週あたり、もしかすると花背あたりに
> 出掛ける予定になりそうなので
> ついでに477も走っておきたいのですが
> どうせならダートも・・・って欲張ってしまいそう(笑)

椿は花の形そのまま落ちるので面白くて綺麗ですね。
花背に行かれるのでしたか。
R477は細いですがバイク走行は問題ないです。
でも予想していた以上に対向車が多かったのでお気をつけて下され。
ダートは、フラットな路面なので走りやすかったですよ。
2013/05/05(Sun) 20:20 | URL  | まんと #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: