国道よりも酷道、県道、そして林道が好き。 ツーリングに行きたくてもなかなか行けない中年ライダーのツーリング、温泉、B級グルメと時々サッカーの話。
(人形峠)・・・こんな鳥取の山奥にウラン鉱床があるのを御存知だろうか?


現在はウラン鉱床は閉山され、日本原子力研究開発機構人形峠環境技術センターが開設され、原子力の研究が「ひっそり」と行われている。



この峠はウラン鉱床ということもあってか、原子力の施設以外何にも無いところである。「ひっそりと」というのは、峠にはトンネルが開通しており、その施設に用が無い限り、通ることが無い。つまり、人っ子ひとり居ないような雰囲気だ・・・・。




人形峠展示館
ホテルのチェックインまで、まだ早いのでここでゆっくりすることに・・・
人形峠展示館-2
人形峠展示館-3
福島原発事故で毎日ニュースで見ていた原子炉の隔壁の説明だ。第五の壁まであって安全だということをアピールしている。・・・これが、壊れて放射能が漏れるとは、本当に恐ろしい。

人形峠展示館-4
なかは、思っているよりも広く、プラネタリウムみたいなものがあったり、子供向けのちょっとしたゲームで遊んだり出来るヨ。





人形峠展示館-5
ここでようやく、カッパを脱ぎました。



ここから、一気にホテルを目指します。
人形峠-2人形峠-3



三朝ロイヤルホテル玄関本日お世話になる「三朝ロイヤルホテル」


三朝ロイヤルホテルバイク置き場
屋根付の所にバイクを置かせてもらえて安心だ!



pm3:00
店長さんが、ホテルのチェックインの手続きをされている間に、そこいらで、「プシュー!」「プシュー!」
ロビーでみんな缶ビール飲み始めたよ~。(ここから、夜中まで飲み続けるのだ。)





部屋に案内されて一息した後、まだ外が明るかったので一人で散歩に出かけることに・・・
(そのためにビール我慢したよ~。)





ここまで来たら、どうしても行きたかった所がある。





ここから、10kmほどの所にある、三徳山の国宝「投入堂」だ。





モチロンこの時刻なので山の上には行けないだろうが、道路から、見えるかも知れないと思い、行ってみる事に・・・






途中、道の真ん中に鳥居が・・・
投入堂-1
洗心して進みましょう。





投入堂-2三仏寺前まで来ました。


投入堂-3いきなり急な階段です。


投入堂-4投入堂-5
階段を上った先の本堂へ行くには、入山料がいるみたい。




ここで話を聞くと、下の道路から投入堂が見えるところがあるらしい。




バイクに戻り、もう少し先に進んでみた。






投入堂-6
肉眼でははっきり見えるのだが・・・


投入堂-7
工学ズームいっぱいでこんな感じ


投入堂-8
デジタルズームめいっぱいでこんな感じ





平安時代に建立されたとのことだが、実物を見ると人間が造ったものではないと断言できる。





信じるか信じないかは、あなたしだい・・・





ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
ご協力ありがとうございました。

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
現在はウラン鉱床は閉山され、日本原子力研究開発機構人形峠環境技術センターが開設され、原子力の研究が「ひっそり」と行われている。



この峠はウラン鉱床ということもあってか、原子力の施設以外何にも無いところである。「ひっそりと」というのは、峠にはトンネルが開通しており、その施設に用が無い限り、通ることが無い。つまり、人っ子ひとり居ないような雰囲気だ・・・・。




人形峠展示館
ホテルのチェックインまで、まだ早いのでここでゆっくりすることに・・・
人形峠展示館-2
人形峠展示館-3
福島原発事故で毎日ニュースで見ていた原子炉の隔壁の説明だ。第五の壁まであって安全だということをアピールしている。・・・これが、壊れて放射能が漏れるとは、本当に恐ろしい。

人形峠展示館-4
なかは、思っているよりも広く、プラネタリウムみたいなものがあったり、子供向けのちょっとしたゲームで遊んだり出来るヨ。





人形峠展示館-5
ここでようやく、カッパを脱ぎました。



ここから、一気にホテルを目指します。
人形峠-2人形峠-3



三朝ロイヤルホテル玄関本日お世話になる「三朝ロイヤルホテル」


三朝ロイヤルホテルバイク置き場
屋根付の所にバイクを置かせてもらえて安心だ!



pm3:00
店長さんが、ホテルのチェックインの手続きをされている間に、そこいらで、「プシュー!」「プシュー!」
ロビーでみんな缶ビール飲み始めたよ~。(ここから、夜中まで飲み続けるのだ。)





部屋に案内されて一息した後、まだ外が明るかったので一人で散歩に出かけることに・・・
(そのためにビール我慢したよ~。)





ここまで来たら、どうしても行きたかった所がある。





ここから、10kmほどの所にある、三徳山の国宝「投入堂」だ。





モチロンこの時刻なので山の上には行けないだろうが、道路から、見えるかも知れないと思い、行ってみる事に・・・






途中、道の真ん中に鳥居が・・・
投入堂-1
洗心して進みましょう。





投入堂-2三仏寺前まで来ました。


投入堂-3いきなり急な階段です。


投入堂-4投入堂-5
階段を上った先の本堂へ行くには、入山料がいるみたい。




ここで話を聞くと、下の道路から投入堂が見えるところがあるらしい。




バイクに戻り、もう少し先に進んでみた。






投入堂-6
肉眼でははっきり見えるのだが・・・


投入堂-7
工学ズームいっぱいでこんな感じ


投入堂-8
デジタルズームめいっぱいでこんな感じ





平安時代に建立されたとのことだが、実物を見ると人間が造ったものではないと断言できる。





信じるか信じないかは、あなたしだい・・・





ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
ご協力ありがとうございました。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

[2011/10/26 23:08] | ツーリング
トラックバック:(0) |

鳥取こういう所があるんですね
なんじ
チェックイン直後の人間用ガソリン(笑を我慢したかいありましたね(笑。

山奥に閉鎖されたウラン鉱床なんてあるんですねー、びっくりです!
原発の研究する場所になってるんですね。でも鳥取なんかの山奥に。。
知らないことってほんとまだいっぱいあるんですねえ、、。
平安時代に建立されたって言う投入堂も!あんな切り立った崖を切り
欠いた中に、お堂があるなんて。どうやって作ったんやろ。。
想像できないくらいの労力がかかってるんでしょうねー。
それまで知らなかった事を知ったり、その場所を直接体験するのって
ツーリングの醍醐味ですね^^。

Re: 鳥取こういう所があるんですね
まんと
>なんじさん

ウラン鉱床については、人形峠に行ってみて初めて知りました。今年は、原発事故があったせいか、とくに印象深かったです。

投入堂については、間近で見るには、往復2~3時間のそれこそロッククライミングさながらの登山道を行かなければならないそうです。体力に自信があれば、行ってみたいものですが・・・

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
鳥取こういう所があるんですね
チェックイン直後の人間用ガソリン(笑を我慢したかいありましたね(笑。

山奥に閉鎖されたウラン鉱床なんてあるんですねー、びっくりです!
原発の研究する場所になってるんですね。でも鳥取なんかの山奥に。。
知らないことってほんとまだいっぱいあるんですねえ、、。
平安時代に建立されたって言う投入堂も!あんな切り立った崖を切り
欠いた中に、お堂があるなんて。どうやって作ったんやろ。。
想像できないくらいの労力がかかってるんでしょうねー。
それまで知らなかった事を知ったり、その場所を直接体験するのって
ツーリングの醍醐味ですね^^。
2011/11/03(Thu) 07:30 | URL  | なんじ #-[ 編集]
Re: 鳥取こういう所があるんですね
>なんじさん

ウラン鉱床については、人形峠に行ってみて初めて知りました。今年は、原発事故があったせいか、とくに印象深かったです。

投入堂については、間近で見るには、往復2~3時間のそれこそロッククライミングさながらの登山道を行かなければならないそうです。体力に自信があれば、行ってみたいものですが・・・
2011/11/03(Thu) 23:30 | URL  | まんと #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: