国道よりも酷道、県道、そして林道が好き。 ツーリングに行きたくてもなかなか行けない中年ライダーのツーリング、温泉、B級グルメと時々サッカーの話。
JR敦賀駅より気比神宮を結ぶ商店街に

「銀河鉄道999」「宇宙戦艦ヤマト」のキャラクターの像が立ち並んでいます。





これらのモニュメントは並んでいる順番にストーリー展開されており、

敦賀駅からは「銀阿鉄道999」、おりかえした気比神宮からは「宇宙戦艦ヤマト」

を見ながら戻って来るように建てられているのだ。

(間違ってヤマトの方から見て行かないように・・・)


matumotoreisiro-do1308-002b.jpg
(クリックで拡大)




(これよりネタばれになります。)





matumotoreisiro-do1308-001b.jpg
特に松本零士氏がこちらの出身というわけではないようだ。







それでは「銀河鉄道999」から参りましょう!







matumotoreisiro-do1308-003b.jpg
「銀河鉄道999」
みかけは大昔の蒸気機関車だが、中身は耐エネルギー無限電磁バリヤーに守られた超近代化宇宙列車。
メガロポリスステーションから鉄郎とメーテルを乗せ、星の海へと旅だった。

(モニュメントの解説より)











matumotoreisiro-do1308-004b.jpg
「少年 星野鉄郎」
未来の地球では機械人間が生身の人間を支配していた。
宇宙に憧れる少年「星野鉄郎」は、母を機械伯爵に殺された孤児である。
彼は機械人間になり永遠の命を持つことを誓う。



matumotoreisiro-do1308-005b.jpg
鉄郎は映画版のようだ。テレビ版より、かなりスマート。











matumotoreisiro-do1308-006b.jpg
「メーテルとの出会い」
999号は無料で機械の体をくれる星へ向かう銀河鉄道である。
機械人間から999号のパスを盗み、追い詰められた鉄郎は、
新だ母に生き写しのメーテルに助けられる。
しかし、気を失いパスをおとしてしまう。


(子供の頃は「まつ毛、長っ!」と思ったが今ではこれで普通?)











matumotoreisiro-do1308-007b.jpg
「母との記憶」
メーテルはドリームセンサーを使って気を失っている鉄郎の過去を調べる。
彼は、母を殺した機械伯爵への復讐のために機械の体になる必要があったのである。














matumotoreisiro-do1308-008b.jpg
「旅立ち」
人はみな、星の海を見ながら思い描いた希望を追い求めて、果てしなく長い旅に出る。
終わることない永遠の流れの中で、果てしなく続くレールの上を、
夢と希望と野心そして若さを乗せて列車は走る。
いま、汽笛が新しい若者の旅立ちの訪れを告げる。













matumotoreisiro-do1308-009b.jpg
「永遠の星の海へ」
メーテルは、自分を連れて行くことを条件に、鉄郎にパスを提供した。
メーテルは誰かに指令を受けているような気配もあったが、
999号に乗りたい鉄郎は一も二もなく承知し、二人の旅は始まった。













matumotoreisiro-do1308-010b.jpg
「迷いの星」
冥王星には大氷河が広がり、氷の下には無数の死体が並ぶ。
氷の墓の管理人で、機械の体を持つシャドウは、
鉄郎をずっとそばに置きたくて凍えさせるが、
あわやというところでメーテルが助けてくれる。












matumotoreisiro-do1308-011b.jpg
「ガラスのクレア」
ある日、食堂車に乗った二人は、クリスタルガラスの体のクレアというウエイトレスと知りあう。
彼女は元の体に戻りたくて働いてお金を貯めているのだ。
彼女の元の体は冥王星に有り、ときどき立ち寄り会いに行くという。




matumotoreisiro-do1308-012b.jpg
(鉄郎の向かいの座席に座ってみた)














matumotoreisiro-do1308-013b.jpg
「エメラルダス」
999号の針路をクイーンエメラルダス号が横切り、鉄郎は時間城のある星が知りたい一心で、それに発砲した。
乗り込んできたエメラルダスは鉄郎の銃を見て驚く。
彼女はその銃の持ち主を探していたのだ。
そして、時間城の場所を教える。














matumotoreisiro-do1308-014b.jpg
「時間城」
機械伯爵がやって来るというトレーダー分岐点。
鉄郎は同じ志を持つ男トチローに出会う。
宇宙病で亡くなる彼の意志を胸に、鉄郎は、ついに時間城に乗り込み機械伯爵をたおした。















matumotoreisiro-do1308-015b.jpg
「友の眠る星」
トチローは息を引き取ったが、彼の心は親友の乗るアルカディア号の心となった。
その船とは、鉄郎の憧れのキャプテンハーロックのものだった。
トチローの墓のお返しに、ハーロックは鉄郎の危機を救う。

(カッコイイ!!ハーロックは実写版も映画化されてるがどんな感じなのかな?)














matumotoreisiro-do1308-016b.jpg
「プロメシューム」
終着駅メーテルは機械帝国であり、あらゆるものが生きた人間から作られていて、鉄郎にも女王プロメシュームの前でネジにされそうになる。
そこでメーテルがプロメシュームの娘であると知る。

















matumotoreisiro-do1308-017b.jpg
「限りある命の為の戦い」
鉄郎を見守り続けていたハーロックは、エメラルダスと共に機械帝国と戦う鉄郎を援護した。
さらにクレアの活躍によってプロメシュームと機械帝国を滅ぼすことが出来た。


matumotoreisiro-do1308-018b.jpg
(エメラルダス号って飛行船なのね)















matumotoreisiro-do1308-019b.jpg
「別離」
地球へと戻った鉄郎。
そしてメーテルとも別れる時が来た。
メーテルは昔の体に戻るために冥王星に旅立ち、少年とメーテルとの旅は終わった。



matumotoreisiro-do1308-020b.jpg
(メーテル目線)

matumotoreisiro-do1308-021b.jpg
(鉄郎目線  顔見えてへんやん)











                   


matumotoreisiro-do1308-022b.jpg
「青春の幻影」
「青春の幻影」とメーテルは自分をさしてそういった。
だが、彼女は現実に存在していた。鉄郎の隣に。
唇に残る温もりがそれを物語っている。


(終)














matumotoreisiro-do1308-023b.jpg
そして気比神社で折り返し、帰りは宇宙戦艦ヤマトのお話が始まるのだ。













matumotoreisiro-do1308-024b.jpg
「アナライザー」
時には看護婦の役目もする万能旧式ロボット。
地球に帰ってからは、佐渡先生の運営する犬猫病院で働いている。













matumotoreisiro-do1308-025b.jpg
「英雄の丘」
西暦2202年、暗黒星団帝国による地球侵略に対し、旧ヤマトの乗組員は英雄の丘に集結した。












matumotoreisiro-do1308-026b.jpg
「スターシア」
イスカンダル星の女王スターシアは、暗黒星団帝国の侵略によりイスカンダル星共々滅ぼされてしまう。
しかし、古代進の実兄「守」との間に授かった娘「サーシャ」をやさしく、時には厳しく見守り続ける。













matumotoreisiro-do1308-027b.jpg
「別れ-出会い」
古代ら一行は、ヤマトのある小惑星イカルスへ向かうが、途中、森雪は帝国軍の銃弾に倒れ、取り残されてしまう。
彼女は敵の将校アルフォンに保護される。


matumotoreisiro-do1308-028b.jpg
「古代くーーーん!」

matumotoreisiro-do1308-029b.jpg
「ユキーーーーっ!」












matumotoreisiro-do1308-030b.jpg
「サーシャ」
一行は、小惑星イスカルで新旧の乗組員達と合流する。
古代は、その中の一人の女性が姪のサーシャだと知る。


matumotoreisiro-do1308-031b.jpg












matumotoreisiro-do1308-032b.jpg
「サーシャの最期」
雪は爆弾の起爆装置解体に成功する。
だが、弱点究明に侵入したサーシャが居るため、母星に波動砲を撃てない古代。
しかし彼女は聖総統に撃たれてしまう。
古代は波動砲の引き金を引いた。


matumotoreisiro-do1308-033b.jpg
(サーシャって誰かに似てない?)












matumotoreisiro-do1308-034b.jpg
「スカルダートの罠」
帝国軍と戦い、辿り着いた敵母星。
将校スカルダートは「ここは200年後の地球」という。
そしてヤマトの悲劇を予言する。













matumotoreisiro-do1308-035b.jpg
「惑星デザリアム」
スカルダートの罠に気づき、反撃にでるヤマト。
波動砲によって敵母星は炎に包まれ、その中から超金属の惑星デザリアムが姿を現した。












matumotoreisiro-do1308-036b.jpg
「雪とアルフォン」
パルチザンに加わった雪は、戦場でアルフォンと再会する。
しかし彼は銃弾に撃たれてしまう。
彼は爆弾の起爆装置解体法と、地球侵略の目的を告げ息を引き取った。



matumotoreisiro-do1308-037b.jpg













matumotoreisiro-do1308-038b.jpg
「帰還」
波動エネルギーは敵母星のエネルギーと融合反応し、大爆発をおこした。
敵母星を粉砕したヤマトは地球へ帰還していく。
そしてサーシャは、母スターシヤのもとへ・・・




matumotoreisiro-do1308-039b.jpg
(あれ、サーシャさっき撃たれたんとちゃうん??? あの世でってこと?)













matumotoreisiro-do1308-040b.jpg
「信じ合う愛」
互いの無事を信じ、愛を信じ合ったふたり「古代進と森雪」



matumotoreisiro-do1308-041b.jpg











matumotoreisiro-do1308-042b.jpg
「佐渡酒造」
宇宙戦艦ヤマトの名鑑医。普段は一升瓶を片手に酪酊情態にあるが、医者としての腕前は超一流である。
愛ネコのミーくんとの晩酌が楽しみ。故沖田艦長の親友であった。




matumotoreisiro-do1308-043b.jpg
(金持ちでんな~)



(終)








ランキング
ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
いつもご協力ありがとうございま~す。^^)/





敦賀~奥琵琶湖ツーリング 「本編」 近日公開!!
matumotoreisiro-do1308-044b.jpg




スポンサーサイト


追記を閉じる▲
matumotoreisiro-do1308-001b.jpg
特に松本零士氏がこちらの出身というわけではないようだ。







それでは「銀河鉄道999」から参りましょう!







matumotoreisiro-do1308-003b.jpg
「銀河鉄道999」
みかけは大昔の蒸気機関車だが、中身は耐エネルギー無限電磁バリヤーに守られた超近代化宇宙列車。
メガロポリスステーションから鉄郎とメーテルを乗せ、星の海へと旅だった。

(モニュメントの解説より)











matumotoreisiro-do1308-004b.jpg
「少年 星野鉄郎」
未来の地球では機械人間が生身の人間を支配していた。
宇宙に憧れる少年「星野鉄郎」は、母を機械伯爵に殺された孤児である。
彼は機械人間になり永遠の命を持つことを誓う。



matumotoreisiro-do1308-005b.jpg
鉄郎は映画版のようだ。テレビ版より、かなりスマート。











matumotoreisiro-do1308-006b.jpg
「メーテルとの出会い」
999号は無料で機械の体をくれる星へ向かう銀河鉄道である。
機械人間から999号のパスを盗み、追い詰められた鉄郎は、
新だ母に生き写しのメーテルに助けられる。
しかし、気を失いパスをおとしてしまう。


(子供の頃は「まつ毛、長っ!」と思ったが今ではこれで普通?)











matumotoreisiro-do1308-007b.jpg
「母との記憶」
メーテルはドリームセンサーを使って気を失っている鉄郎の過去を調べる。
彼は、母を殺した機械伯爵への復讐のために機械の体になる必要があったのである。














matumotoreisiro-do1308-008b.jpg
「旅立ち」
人はみな、星の海を見ながら思い描いた希望を追い求めて、果てしなく長い旅に出る。
終わることない永遠の流れの中で、果てしなく続くレールの上を、
夢と希望と野心そして若さを乗せて列車は走る。
いま、汽笛が新しい若者の旅立ちの訪れを告げる。













matumotoreisiro-do1308-009b.jpg
「永遠の星の海へ」
メーテルは、自分を連れて行くことを条件に、鉄郎にパスを提供した。
メーテルは誰かに指令を受けているような気配もあったが、
999号に乗りたい鉄郎は一も二もなく承知し、二人の旅は始まった。













matumotoreisiro-do1308-010b.jpg
「迷いの星」
冥王星には大氷河が広がり、氷の下には無数の死体が並ぶ。
氷の墓の管理人で、機械の体を持つシャドウは、
鉄郎をずっとそばに置きたくて凍えさせるが、
あわやというところでメーテルが助けてくれる。












matumotoreisiro-do1308-011b.jpg
「ガラスのクレア」
ある日、食堂車に乗った二人は、クリスタルガラスの体のクレアというウエイトレスと知りあう。
彼女は元の体に戻りたくて働いてお金を貯めているのだ。
彼女の元の体は冥王星に有り、ときどき立ち寄り会いに行くという。




matumotoreisiro-do1308-012b.jpg
(鉄郎の向かいの座席に座ってみた)














matumotoreisiro-do1308-013b.jpg
「エメラルダス」
999号の針路をクイーンエメラルダス号が横切り、鉄郎は時間城のある星が知りたい一心で、それに発砲した。
乗り込んできたエメラルダスは鉄郎の銃を見て驚く。
彼女はその銃の持ち主を探していたのだ。
そして、時間城の場所を教える。














matumotoreisiro-do1308-014b.jpg
「時間城」
機械伯爵がやって来るというトレーダー分岐点。
鉄郎は同じ志を持つ男トチローに出会う。
宇宙病で亡くなる彼の意志を胸に、鉄郎は、ついに時間城に乗り込み機械伯爵をたおした。















matumotoreisiro-do1308-015b.jpg
「友の眠る星」
トチローは息を引き取ったが、彼の心は親友の乗るアルカディア号の心となった。
その船とは、鉄郎の憧れのキャプテンハーロックのものだった。
トチローの墓のお返しに、ハーロックは鉄郎の危機を救う。

(カッコイイ!!ハーロックは実写版も映画化されてるがどんな感じなのかな?)














matumotoreisiro-do1308-016b.jpg
「プロメシューム」
終着駅メーテルは機械帝国であり、あらゆるものが生きた人間から作られていて、鉄郎にも女王プロメシュームの前でネジにされそうになる。
そこでメーテルがプロメシュームの娘であると知る。

















matumotoreisiro-do1308-017b.jpg
「限りある命の為の戦い」
鉄郎を見守り続けていたハーロックは、エメラルダスと共に機械帝国と戦う鉄郎を援護した。
さらにクレアの活躍によってプロメシュームと機械帝国を滅ぼすことが出来た。


matumotoreisiro-do1308-018b.jpg
(エメラルダス号って飛行船なのね)















matumotoreisiro-do1308-019b.jpg
「別離」
地球へと戻った鉄郎。
そしてメーテルとも別れる時が来た。
メーテルは昔の体に戻るために冥王星に旅立ち、少年とメーテルとの旅は終わった。



matumotoreisiro-do1308-020b.jpg
(メーテル目線)

matumotoreisiro-do1308-021b.jpg
(鉄郎目線  顔見えてへんやん)











                   


matumotoreisiro-do1308-022b.jpg
「青春の幻影」
「青春の幻影」とメーテルは自分をさしてそういった。
だが、彼女は現実に存在していた。鉄郎の隣に。
唇に残る温もりがそれを物語っている。


(終)














matumotoreisiro-do1308-023b.jpg
そして気比神社で折り返し、帰りは宇宙戦艦ヤマトのお話が始まるのだ。













matumotoreisiro-do1308-024b.jpg
「アナライザー」
時には看護婦の役目もする万能旧式ロボット。
地球に帰ってからは、佐渡先生の運営する犬猫病院で働いている。













matumotoreisiro-do1308-025b.jpg
「英雄の丘」
西暦2202年、暗黒星団帝国による地球侵略に対し、旧ヤマトの乗組員は英雄の丘に集結した。












matumotoreisiro-do1308-026b.jpg
「スターシア」
イスカンダル星の女王スターシアは、暗黒星団帝国の侵略によりイスカンダル星共々滅ぼされてしまう。
しかし、古代進の実兄「守」との間に授かった娘「サーシャ」をやさしく、時には厳しく見守り続ける。













matumotoreisiro-do1308-027b.jpg
「別れ-出会い」
古代ら一行は、ヤマトのある小惑星イカルスへ向かうが、途中、森雪は帝国軍の銃弾に倒れ、取り残されてしまう。
彼女は敵の将校アルフォンに保護される。


matumotoreisiro-do1308-028b.jpg
「古代くーーーん!」

matumotoreisiro-do1308-029b.jpg
「ユキーーーーっ!」












matumotoreisiro-do1308-030b.jpg
「サーシャ」
一行は、小惑星イスカルで新旧の乗組員達と合流する。
古代は、その中の一人の女性が姪のサーシャだと知る。


matumotoreisiro-do1308-031b.jpg












matumotoreisiro-do1308-032b.jpg
「サーシャの最期」
雪は爆弾の起爆装置解体に成功する。
だが、弱点究明に侵入したサーシャが居るため、母星に波動砲を撃てない古代。
しかし彼女は聖総統に撃たれてしまう。
古代は波動砲の引き金を引いた。


matumotoreisiro-do1308-033b.jpg
(サーシャって誰かに似てない?)












matumotoreisiro-do1308-034b.jpg
「スカルダートの罠」
帝国軍と戦い、辿り着いた敵母星。
将校スカルダートは「ここは200年後の地球」という。
そしてヤマトの悲劇を予言する。













matumotoreisiro-do1308-035b.jpg
「惑星デザリアム」
スカルダートの罠に気づき、反撃にでるヤマト。
波動砲によって敵母星は炎に包まれ、その中から超金属の惑星デザリアムが姿を現した。












matumotoreisiro-do1308-036b.jpg
「雪とアルフォン」
パルチザンに加わった雪は、戦場でアルフォンと再会する。
しかし彼は銃弾に撃たれてしまう。
彼は爆弾の起爆装置解体法と、地球侵略の目的を告げ息を引き取った。



matumotoreisiro-do1308-037b.jpg













matumotoreisiro-do1308-038b.jpg
「帰還」
波動エネルギーは敵母星のエネルギーと融合反応し、大爆発をおこした。
敵母星を粉砕したヤマトは地球へ帰還していく。
そしてサーシャは、母スターシヤのもとへ・・・




matumotoreisiro-do1308-039b.jpg
(あれ、サーシャさっき撃たれたんとちゃうん??? あの世でってこと?)













matumotoreisiro-do1308-040b.jpg
「信じ合う愛」
互いの無事を信じ、愛を信じ合ったふたり「古代進と森雪」



matumotoreisiro-do1308-041b.jpg











matumotoreisiro-do1308-042b.jpg
「佐渡酒造」
宇宙戦艦ヤマトの名鑑医。普段は一升瓶を片手に酪酊情態にあるが、医者としての腕前は超一流である。
愛ネコのミーくんとの晩酌が楽しみ。故沖田艦長の親友であった。




matumotoreisiro-do1308-043b.jpg
(金持ちでんな~)



(終)








ランキング
ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
いつもご協力ありがとうございま~す。^^)/





敦賀~奥琵琶湖ツーリング 「本編」 近日公開!!
matumotoreisiro-do1308-044b.jpg




スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

[2013/09/05 23:00] | 観光スポット (パワースポット?)
トラックバック:(0) |


トミー
こんばんは!!

ここね、来週もし晴れてたらバイクで
行こうと思ってたんですよ(笑)
なので今は「ネタバレ注意」以下は
見ないぞっ(笑)

ちょっと見ちゃったけどね(爆笑)

トミーさん こんばんは~
まんと
> こんばんは!!
>
> ここね、来週もし晴れてたらバイクで
> 行こうと思ってたんですよ(笑)
> なので今は「ネタバレ注意」以下は
> 見ないぞっ(笑)
>
> ちょっと見ちゃったけどね(爆笑)

おっ、福井ツーですね。
今週末も雨天濃厚で、これで3週連続雨パターンですね。
来週こそは晴れてほしいもんです。

ちょっとと言わず、じっくり見てもエエんやで~(笑)

ゴダイゴは知っているけれど・・・
nmtr220
まんとさん、こんばんは。
めずらしいところ良く知ってますね。
両アニメはなぜかしら見てないんです。世代差なのかもしれません。

見覚えのある鳥居は夏休みのツーリングの時ですね
さて、どんなところに行かれたのか・・・
楽しみに待ってます。
それでは。

nmtr220さん こんばんは~
まんと
> まんとさん、こんばんは。
> めずらしいところ良く知ってますね。
> 両アニメはなぜかしら見てないんです。世代差なのかもしれません。
>
> 見覚えのある鳥居は夏休みのツーリングの時ですね
> さて、どんなところに行かれたのか・・・
> 楽しみに待ってます。
> それでは。


ゴダイゴの999のテーマソングは、
アニメに主題歌にはもったいないぐらいの名曲ですね。
この二つのアニメは、私がちょうど小学生の頃に全盛期
だったので、数年ずれてしまうと観ていないかもしれないですね。

nmtr220さんと同じような時期に同じようなところ行っていましたので
記憶も新しいのではないでしょうか。
でも、同じ所に行っても見かた、感じ方が人それぞれ違うので面白いですね。
また、後編も見覚えのあるところに行っていますのでヨロシク~^^)/


teruteru
敦賀にこんなところがあったんですね。知りませんでした。
銀河鉄道999、キャプテンハーロック、宇宙戦艦ヤマト、松本零士のアニメは子供の頃に大好きでよく見ていました。特にメーテルは子供心に憧れの女性でした。
これはツーリングの良い目的地になります。

teruteruさん こんばばんは~
まんと
> 敦賀にこんなところがあったんですね。知りませんでした。
> 銀河鉄道999、キャプテンハーロック、宇宙戦艦ヤマト、松本零士のアニメは子供の頃に大好きでよく見ていました。特にメーテルは子供心に憧れの女性でした。
> これはツーリングの良い目的地になります。

この松本零士ロードは、まったく知名度が低く、
観光客もほとんど見かけませんでした。
40代後半の方なら みなさんどれか観たことあるんじゃないでしょうか。
私もメーテルの下敷きを持っていた記憶がありますよ~

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
こんばんは!!

ここね、来週もし晴れてたらバイクで
行こうと思ってたんですよ(笑)
なので今は「ネタバレ注意」以下は
見ないぞっ(笑)

ちょっと見ちゃったけどね(爆笑)
2013/09/06(Fri) 19:27 | URL  | トミー #mHZ8JRr6[ 編集]
トミーさん こんばんは~
> こんばんは!!
>
> ここね、来週もし晴れてたらバイクで
> 行こうと思ってたんですよ(笑)
> なので今は「ネタバレ注意」以下は
> 見ないぞっ(笑)
>
> ちょっと見ちゃったけどね(爆笑)

おっ、福井ツーですね。
今週末も雨天濃厚で、これで3週連続雨パターンですね。
来週こそは晴れてほしいもんです。

ちょっとと言わず、じっくり見てもエエんやで~(笑)
2013/09/07(Sat) 00:18 | URL  | まんと #-[ 編集]
ゴダイゴは知っているけれど・・・
まんとさん、こんばんは。
めずらしいところ良く知ってますね。
両アニメはなぜかしら見てないんです。世代差なのかもしれません。

見覚えのある鳥居は夏休みのツーリングの時ですね
さて、どんなところに行かれたのか・・・
楽しみに待ってます。
それでは。
2013/09/07(Sat) 00:24 | URL  | nmtr220 #SwfDWuRo[ 編集]
nmtr220さん こんばんは~
> まんとさん、こんばんは。
> めずらしいところ良く知ってますね。
> 両アニメはなぜかしら見てないんです。世代差なのかもしれません。
>
> 見覚えのある鳥居は夏休みのツーリングの時ですね
> さて、どんなところに行かれたのか・・・
> 楽しみに待ってます。
> それでは。


ゴダイゴの999のテーマソングは、
アニメに主題歌にはもったいないぐらいの名曲ですね。
この二つのアニメは、私がちょうど小学生の頃に全盛期
だったので、数年ずれてしまうと観ていないかもしれないですね。

nmtr220さんと同じような時期に同じようなところ行っていましたので
記憶も新しいのではないでしょうか。
でも、同じ所に行っても見かた、感じ方が人それぞれ違うので面白いですね。
また、後編も見覚えのあるところに行っていますのでヨロシク~^^)/
2013/09/08(Sun) 22:43 | URL  | まんと #-[ 編集]
敦賀にこんなところがあったんですね。知りませんでした。
銀河鉄道999、キャプテンハーロック、宇宙戦艦ヤマト、松本零士のアニメは子供の頃に大好きでよく見ていました。特にメーテルは子供心に憧れの女性でした。
これはツーリングの良い目的地になります。
2013/09/16(Mon) 14:27 | URL  | teruteru #-[ 編集]
teruteruさん こんばばんは~
> 敦賀にこんなところがあったんですね。知りませんでした。
> 銀河鉄道999、キャプテンハーロック、宇宙戦艦ヤマト、松本零士のアニメは子供の頃に大好きでよく見ていました。特にメーテルは子供心に憧れの女性でした。
> これはツーリングの良い目的地になります。

この松本零士ロードは、まったく知名度が低く、
観光客もほとんど見かけませんでした。
40代後半の方なら みなさんどれか観たことあるんじゃないでしょうか。
私もメーテルの下敷きを持っていた記憶がありますよ~
2013/09/16(Mon) 23:32 | URL  | まんと #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: