国道よりも酷道、県道、そして林道が好き。 ツーリングに行きたくてもなかなか行けない中年ライダーのツーリング、温泉、B級グルメと時々サッカーの話。
ゲレンデわきの舗装路を駆け上がってゆくと、道は二手に分かれていた。

左へ入れば、下りになって元の国道のトンネル入り口に戻り、

右を行けば、笠取峠を抜けて、旧北陸本線の線路跡の県道にたどり着く・・・





結局、めざす木の芽峠には到達することできず~ 


imajyou1407-001b.jpg





7/21(祝)

7月の3連休は天気イマイチで、スッキリ晴れたのは最終のこの日だけ。

夏シーズン中に一度は福井方面に行っときたいなあ~と思い

今回のツーリングのキーワード「木の芽峠」を目標に、

早朝5時から北陸「今庄」に向けて出~発




imajyou1407-002b.jpg

ガラ空きの早朝の時間帯なので高速には乗らずに、

国道1号線で京都から大津に入り、

国道161号バイパスで一気に湖北の高島市まで。






imajyou1407-003b.jpg
道の駅「藤樹の里あどがわ」のところで「朝マック」

この時はまだ、「中国産期限切れ鶏肉」報道の前日でありました。

報道後だったら立ち寄ってなかったかもね~

この先はしばらく田舎道を走るのでミドリン号にも朝飯を・・・

レギュラー172円/㍑とは高くなったもんですな~





imajyou1407-004b.jpg

メタセコイヤ並木を通過~






imajyou1407-005b.jpg

その先の黒河林道に突入していきます。

この林道は昨夏の敦賀ツーリングの時に走ったので

だいたいの雰囲気は分かってる。

っていうか、「あどがわのマクド」⇒「メタセコイヤ」⇒「黒河林道」

ここまでは、その時とまったく同じパターンやったわ~

写真の撮り方もそっくり。

意識はしていなかったのですが、考え方が固定してきてるんかな~?










imajyou1407-006b.jpg



いい感じで走ってたら・・・



おぉーっとーーー



落石が立ちはだかる~





imajyou1407-007b.jpg

オフロードバイクのタイヤの跡が一本残ってるやん

この跡について行ったらよさそうやな~






imajyou1407-008b.jpg

その後も土砂崩れで道が塞がれかけているけど、

バイクなら余裕で通行できる状況だったのでヨカッタ




難所を抜けるとその後はフワフワの快走ダートですんなり敦賀まで抜けれた。


imajyou1407-009b.jpg








敦賀市内より、国道476号線に入り、

木の芽トンネルの入口手前に

「木の芽峠」へ向かう分岐がありましたよ。 




imajyou1407-010b.jpg




ルートラボ(木の芽峠周辺)

imajyou1407-011b.jpg
(クリックで拡大)

imajyou1407-012b.jpg
入口付近はコンクリ舗装で、ふつうの林道っぽい。

ここから峠まで1.6kmという案内版があったので

最初は楽勝と思ってた。







imajyou1407-013b.jpg

少し走るとかなり道が怪しくなってきたで~


車両が通った形跡が感じられないゾ~ 






imajyou1407-014b.jpg

そのうち、シングルトラックになって・・・

徒歩では行けそうなんだけど、

急坂なんでミドリン号ではスタックしたら一巻の終わりやしな。

横は小川が流れる崖でもあるし、ここは撤退だぁーーーーーっ




それでも この場所でUターンするのも すんごい大変、大汗かいたわ~











なんとか、国道に戻ってきて、

今度は逆側(スキー場側)からトライしてみよう



imajyou1407-015b.jpg






スキー場に向かう枝道の入り口のところで


「板取宿」というのがありました。



imajyou1407-016b.jpg


imajyou1407-018b.jpg


石畳の路面で集落の入口には木製の柵がいい感じ~


imajyou1407-019b.jpg

中に入ると数件のかやぶき屋根の建物があり、

今もなお、そこで生活されている現役の住宅のようです。


imajyou1407-017b.jpg
(クリックで拡大)








そのまま石畳を進むとスキー場へ続く道に出てきた・・・







imajyou1407-020b.jpg

シーズンオフのスキー場は無数のタンポポが綺麗やん~


そのまま、ゲレンデを突っ切るように上に駆け上がっていきましょう。









imajyou1407-021b.jpg

この辺り「栃の木峠」「木の芽峠」「笠取峠」と山を下りきる前に峠が連続します。


複雑な地形の尾根を結ぶように かつて山城が存在していたようですね。







案内板の下にはこんな手書きの板切れも・・・

imajyou1407-022b.jpg



imajyou1407-023b.jpg
「言奈地蔵(いうなじぞう)」

徒歩300mにビビッてスルーしてしまった・・・

後から知ったのですが、木の芽峠はその近くだったそうだ。





imajyou1407-024b.jpg

言奈地蔵の看板の過ぎると道は下り坂に・・・


嫌な予感がしたのですが、ドンドン下っていって


再び国道476号のトンネルの入口に戻ってきちゃいました~







今度は国道を少し先に進んで、「今庄宿」を散策してみましょか~





imajyou1407-025b.jpg

撮影してたら、ちょうど電車が来たっ 



imajyou1407-026b.jpg
(クリックで拡大)




imajyou1407-027b.jpg
「袖うだつ」というのでしょうか、

2階部分の張り出した防火壁が特徴的な街並み








imajyou1407-028b.jpg
「京藤甚五郎家」

今庄宿の中心に位置して、

ひときわ立派なうだつ(防火壁)が上がっております。



imajyou1407-030b.jpg
中を見学することができました。

ツバメも居てた~ 
 





imajyou1407-031b.jpg
「本陣」「問屋」「高札場」「旅籠」などの跡が残っており、

「造り酒屋」もまだ数軒、古い出で立ちで健在。









そして、京藤甚五郎家を案内していただいた方に

木の芽峠についてお聞きしたところ、

「バイクで峠の石畳まで行けるはずですよ」

と教えていただいたので、もう一度行ってみる~














imajyou1407-032b.jpg
本日2回目の「今庄365スキー場」







ここまでは、間違いないようだけど・・








先ほどは頂上付近のT字路を左に行ったので

今度は右に折れてみる。








imajyou1407-033b.jpg
「笠取峠」の案内板がでてきた。




よく見ると奥の方に「木の芽峠の立札」があるやん





imajyou1407-034b.jpg
矢印が示す方向は歩いても入っていけないほど草に埋もれてるし~






imajyou1407-035b.jpg

しかたがないので道なりに進んでみることにします。





imajyou1407-037b.jpg
この辺りはいい景色なんですけどね~






しばらく、走って「こりゃ、木の芽峠には向かってないな」


ということはすぐに感じた。


戻るのも、もうめんどくさくなったのでこのまま先に進みます。




そう、今回の「木の芽峠」到達は断念(シクシクシク・・・) 




クッソーーーーッ








木の芽峠のイメージはこんな感じ
imajyou1407-998xp.jpg
(「MAPPLE観光案内」より引用)

この雰囲気なら峠まで軽自動車1台ぐらい上がれそうなんやけどな~










imajyou1407-038b.jpg


その後、県道207号線に合流。


こちらは連続する5つのJR北陸本線旧線トンネルが特徴です。



imajyou1407-039b.jpg
(クリックで拡大)



imajyou1407-040b.jpg
左側の暗いトンネルがスイッチバックの引き込み線跡



imajyou1407-041b.jpg
中は数十メートル先でふさがってた。





imajyou1407-201b.jpg
先へ進むと直前で信号が赤に変わり、

信号機の横には待ち時間3分って書いてる。

暗闇の向こうから一台も対向車がやって来ない3分はメッチャ長い~ 







連続トンネル区間を楽しんで日本海(国道8号線)にでてきました。


まだ時間もあるので海岸線沿いを行けるところまで北上していきましょう。





imajyou1407-043b.jpg
「呼鳥門」





そして、東尋坊手前の「鉾島」に到着

imajyou1407-044b.jpg


小さい岩場のような島で、橋でつながっています。


imajyou1407-045b.jpg


これが、結構カッチョイイのよね~


imajyou1407-046b.jpg


柱状節理の美しい岩場の頂上には小さい祠があるだけ。


imajyou1407-047b.jpg
鉾島からの景色








結構走ったので、そろそろ折り返して帰路につきましょか~







ランキング
ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
いつも応援ありがとうございま~す。^^)/






帰る途中、「ボルガライス」もやっつけといたよ



imajyou1407-048b.jpg
「伊万里」



「武生に来たらボルガライス」



'14.8.23 追記 この約一か月後、木の芽峠訪問に成功しております。

その様子はこちら北陸シリーズ第2弾 「部子山」 謎の展望施設探索ツーリング~ 




スポンサーサイト


追記を閉じる▲
7/21(祝)

7月の3連休は天気イマイチで、スッキリ晴れたのは最終のこの日だけ。

夏シーズン中に一度は福井方面に行っときたいなあ~と思い

今回のツーリングのキーワード「木の芽峠」を目標に、

早朝5時から北陸「今庄」に向けて出~発




imajyou1407-002b.jpg

ガラ空きの早朝の時間帯なので高速には乗らずに、

国道1号線で京都から大津に入り、

国道161号バイパスで一気に湖北の高島市まで。






imajyou1407-003b.jpg
道の駅「藤樹の里あどがわ」のところで「朝マック」

この時はまだ、「中国産期限切れ鶏肉」報道の前日でありました。

報道後だったら立ち寄ってなかったかもね~

この先はしばらく田舎道を走るのでミドリン号にも朝飯を・・・

レギュラー172円/㍑とは高くなったもんですな~





imajyou1407-004b.jpg

メタセコイヤ並木を通過~






imajyou1407-005b.jpg

その先の黒河林道に突入していきます。

この林道は昨夏の敦賀ツーリングの時に走ったので

だいたいの雰囲気は分かってる。

っていうか、「あどがわのマクド」⇒「メタセコイヤ」⇒「黒河林道」

ここまでは、その時とまったく同じパターンやったわ~

写真の撮り方もそっくり。

意識はしていなかったのですが、考え方が固定してきてるんかな~?










imajyou1407-006b.jpg



いい感じで走ってたら・・・



おぉーっとーーー



落石が立ちはだかる~





imajyou1407-007b.jpg

オフロードバイクのタイヤの跡が一本残ってるやん

この跡について行ったらよさそうやな~






imajyou1407-008b.jpg

その後も土砂崩れで道が塞がれかけているけど、

バイクなら余裕で通行できる状況だったのでヨカッタ




難所を抜けるとその後はフワフワの快走ダートですんなり敦賀まで抜けれた。


imajyou1407-009b.jpg








敦賀市内より、国道476号線に入り、

木の芽トンネルの入口手前に

「木の芽峠」へ向かう分岐がありましたよ。 




imajyou1407-010b.jpg




ルートラボ(木の芽峠周辺)

imajyou1407-011b.jpg
(クリックで拡大)

imajyou1407-012b.jpg
入口付近はコンクリ舗装で、ふつうの林道っぽい。

ここから峠まで1.6kmという案内版があったので

最初は楽勝と思ってた。







imajyou1407-013b.jpg

少し走るとかなり道が怪しくなってきたで~


車両が通った形跡が感じられないゾ~ 






imajyou1407-014b.jpg

そのうち、シングルトラックになって・・・

徒歩では行けそうなんだけど、

急坂なんでミドリン号ではスタックしたら一巻の終わりやしな。

横は小川が流れる崖でもあるし、ここは撤退だぁーーーーーっ




それでも この場所でUターンするのも すんごい大変、大汗かいたわ~











なんとか、国道に戻ってきて、

今度は逆側(スキー場側)からトライしてみよう



imajyou1407-015b.jpg






スキー場に向かう枝道の入り口のところで


「板取宿」というのがありました。



imajyou1407-016b.jpg


imajyou1407-018b.jpg


石畳の路面で集落の入口には木製の柵がいい感じ~


imajyou1407-019b.jpg

中に入ると数件のかやぶき屋根の建物があり、

今もなお、そこで生活されている現役の住宅のようです。


imajyou1407-017b.jpg
(クリックで拡大)








そのまま石畳を進むとスキー場へ続く道に出てきた・・・







imajyou1407-020b.jpg

シーズンオフのスキー場は無数のタンポポが綺麗やん~


そのまま、ゲレンデを突っ切るように上に駆け上がっていきましょう。









imajyou1407-021b.jpg

この辺り「栃の木峠」「木の芽峠」「笠取峠」と山を下りきる前に峠が連続します。


複雑な地形の尾根を結ぶように かつて山城が存在していたようですね。







案内板の下にはこんな手書きの板切れも・・・

imajyou1407-022b.jpg



imajyou1407-023b.jpg
「言奈地蔵(いうなじぞう)」

徒歩300mにビビッてスルーしてしまった・・・

後から知ったのですが、木の芽峠はその近くだったそうだ。





imajyou1407-024b.jpg

言奈地蔵の看板の過ぎると道は下り坂に・・・


嫌な予感がしたのですが、ドンドン下っていって


再び国道476号のトンネルの入口に戻ってきちゃいました~







今度は国道を少し先に進んで、「今庄宿」を散策してみましょか~





imajyou1407-025b.jpg

撮影してたら、ちょうど電車が来たっ 



imajyou1407-026b.jpg
(クリックで拡大)




imajyou1407-027b.jpg
「袖うだつ」というのでしょうか、

2階部分の張り出した防火壁が特徴的な街並み








imajyou1407-028b.jpg
「京藤甚五郎家」

今庄宿の中心に位置して、

ひときわ立派なうだつ(防火壁)が上がっております。



imajyou1407-030b.jpg
中を見学することができました。

ツバメも居てた~ 
 





imajyou1407-031b.jpg
「本陣」「問屋」「高札場」「旅籠」などの跡が残っており、

「造り酒屋」もまだ数軒、古い出で立ちで健在。









そして、京藤甚五郎家を案内していただいた方に

木の芽峠についてお聞きしたところ、

「バイクで峠の石畳まで行けるはずですよ」

と教えていただいたので、もう一度行ってみる~














imajyou1407-032b.jpg
本日2回目の「今庄365スキー場」







ここまでは、間違いないようだけど・・








先ほどは頂上付近のT字路を左に行ったので

今度は右に折れてみる。








imajyou1407-033b.jpg
「笠取峠」の案内板がでてきた。




よく見ると奥の方に「木の芽峠の立札」があるやん





imajyou1407-034b.jpg
矢印が示す方向は歩いても入っていけないほど草に埋もれてるし~






imajyou1407-035b.jpg

しかたがないので道なりに進んでみることにします。





imajyou1407-037b.jpg
この辺りはいい景色なんですけどね~






しばらく、走って「こりゃ、木の芽峠には向かってないな」


ということはすぐに感じた。


戻るのも、もうめんどくさくなったのでこのまま先に進みます。




そう、今回の「木の芽峠」到達は断念(シクシクシク・・・) 




クッソーーーーッ








木の芽峠のイメージはこんな感じ
imajyou1407-998xp.jpg
(「MAPPLE観光案内」より引用)

この雰囲気なら峠まで軽自動車1台ぐらい上がれそうなんやけどな~










imajyou1407-038b.jpg


その後、県道207号線に合流。


こちらは連続する5つのJR北陸本線旧線トンネルが特徴です。



imajyou1407-039b.jpg
(クリックで拡大)



imajyou1407-040b.jpg
左側の暗いトンネルがスイッチバックの引き込み線跡



imajyou1407-041b.jpg
中は数十メートル先でふさがってた。





imajyou1407-201b.jpg
先へ進むと直前で信号が赤に変わり、

信号機の横には待ち時間3分って書いてる。

暗闇の向こうから一台も対向車がやって来ない3分はメッチャ長い~ 







連続トンネル区間を楽しんで日本海(国道8号線)にでてきました。


まだ時間もあるので海岸線沿いを行けるところまで北上していきましょう。





imajyou1407-043b.jpg
「呼鳥門」





そして、東尋坊手前の「鉾島」に到着

imajyou1407-044b.jpg


小さい岩場のような島で、橋でつながっています。


imajyou1407-045b.jpg


これが、結構カッチョイイのよね~


imajyou1407-046b.jpg


柱状節理の美しい岩場の頂上には小さい祠があるだけ。


imajyou1407-047b.jpg
鉾島からの景色








結構走ったので、そろそろ折り返して帰路につきましょか~







ランキング
ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
いつも応援ありがとうございま~す。^^)/






帰る途中、「ボルガライス」もやっつけといたよ



imajyou1407-048b.jpg
「伊万里」



「武生に来たらボルガライス」



'14.8.23 追記 この約一か月後、木の芽峠訪問に成功しております。

その様子はこちら北陸シリーズ第2弾 「部子山」 謎の展望施設探索ツーリング~ 




スポンサーサイト

[2014/08/09 07:30] | 探索ツーリング
トラックバック:(0) |


のりまき
下道利用なのに、よくこれだけ走れましたね。
僕も歴史小説でお馴染みの「木の芽峠」を訪問したいと思っています。
走られた旧北陸本線軌道跡・r207を自転車で走った時、一番北側のトンネルを抜けたとこ(スイッチバック跡)付近に、「木ノ芽峠」と書かれた道標があったように記憶しています。
その時は自転車だったので、登る気にはなりませんでしたが、バイクなら木の芽峠~R365・栃ノ木峠までの地図に書かれている道を走れると思っています。
マキノから黒河林道というコースも魅力的です。僕には未舗装路がおっかないので、無理そうだけど。
楽しく読ませて頂きました。


大和
探索してますね~(^∇^)
しかも雰囲気のある道や建物で写真に収めるのも楽しみですね♪
シーズンオフのスキー場、緑と黄色がとてもきれいですね^^


かめはめは
かなり長距離を走られましたね。
どこもかしこも私は行ったことがないところ
ばかりなので、引き込まれました。
スイッチバックのトンネルは味がありますね!
鉾島は要塞のよう。一度見てみたいです。

木の芽峠は残念でしたね。どんなところか
私も興味を惹かれます。再チャレンジに期待!

のりまきさん こんばんは~
まんと
> 下道利用なのに、よくこれだけ走れましたね。
> 僕も歴史小説でお馴染みの「木の芽峠」を訪問したいと思っています。
> 走られた旧北陸本線軌道跡・r207を自転車で走った時、一番北側のトンネルを抜けたとこ(スイッチバック跡)付近に、「木ノ芽峠」と書かれた道標があったように記憶しています。
> その時は自転車だったので、登る気にはなりませんでしたが、バイクなら木の芽峠~R365・栃ノ木峠までの地図に書かれている道を走れると思っています。
> マキノから黒河林道というコースも魅力的です。僕には未舗装路がおっかないので、無理そうだけど。
> 楽しく読ませて頂きました。


北陸本線の旧道、最初のりまきさんに教えてもらった道ですね。
あそこはいい雰囲気してますね。
木の芽峠は城跡もありますので、のりまきさん好みでしょう?
今回残念ながら到達できませんでしたので、これはリベンジ必須です(笑)
今度は栃の木峠側から入ってみようかな。
最初に途中で引き返した遊歩道?以外は舗装路でしたのでON車でも行けると思いますよ。






大和さん こんばんは~
まんと
> 探索してますね~(^∇^)
> しかも雰囲気のある道や建物で写真に収めるのも楽しみですね♪
> シーズンオフのスキー場、緑と黄色がとてもきれいですね^^


福井方面は雪国ですし、京都府か滋賀県をまるまる通り抜けないと辿り着かないので
行く機会があまり無く、なんか新鮮で楽しいです。^^)/
でも、帰りはどの道通っても渋滞突入は避けれませんけど。
スキー場は涼しいかなと思ってましたが、そうでもなかったですわ~(笑)
まだまだ北陸は、探索の余地アリですね!


かめはめはさん こんばんは~
まんと
> かなり長距離を走られましたね。
> どこもかしこも私は行ったことがないところ
> ばかりなので、引き込まれました。
> スイッチバックのトンネルは味がありますね!
> 鉾島は要塞のよう。一度見てみたいです。
>
> 木の芽峠は残念でしたね。どんなところか
> 私も興味を惹かれます。再チャレンジに期待!


原2ではR161バイパスも確か走行できなかったですかね?
となると、湖北には鯖街道が一番速いのかな。
でも、かめはめはさんなら走力ありますので今庄ぐらいなら楽勝でしょう!
鉾島は、それほど大きくないのでうっかり通りすぎてしまいそうになりました(笑)
木の芽峠はぜひともリベンジしたいところです。
かめはめはさんに先越される前にね(笑)

長距離おつかれさまでした!
nmtr220
まんとさん、こんばんは。
日本海まで、なかなかの長距離、
随分と秘境の地をまわられて充実の一日でしたね。

黒河林道、木の芽峠・・・覚えておきます。
小川に沿うところなど、暑い時にはピッタリでいい感じだったでしょう。

敦賀方面も行ってみたいんですが、
セローでは残り少ない根性を出さないと・・・
それでは。



nmtr220さん こんばんは~
まんと
> まんとさん、こんばんは。
> 日本海まで、なかなかの長距離、
> 随分と秘境の地をまわられて充実の一日でしたね。
>
> 黒河林道、木の芽峠・・・覚えておきます。
> 小川に沿うところなど、暑い時にはピッタリでいい感じだったでしょう。
>
> 敦賀方面も行ってみたいんですが、
> セローでは残り少ない根性を出さないと・・・
> それでは。

いえいえ、日本海までそんなに遠くないですよ~
たぶん熊野灘に行く方が時間かかるかもデス。

黒河林道は昨年はすんなり抜けれたのですが、
今回は障害物が何か所かあって、4輪では通行不可の
状態でしたので、逆に対向車が無い状況で走りやすいです。
河原に降りれるところもありますので、
夏場にはいい感じの雰囲気してます。


nmtr220さんも以前、余呉湖まで行かれたので、
敦賀や今庄まですぐそこじゃないですか。
いっぱい寄り道しなかったら余裕でしょ(笑)




teruteru
おぉーっ、北陸まで探索に行かれましたか!

黒河林道の川沿いのダートが涼しげでいい感じですね~

タンポポが広がるシーズンオフのスキー場の写真がイイ!

鉾島って初めて知りましたが、迫力のある岩の島ですね。眺めもなかなかのもんですな~

teruteruさん こんばんは~
まんと
> おぉーっ、北陸まで探索に行かれましたか!
>
> 黒河林道の川沿いのダートが涼しげでいい感じですね~
>
> タンポポが広がるシーズンオフのスキー場の写真がイイ!
>
> 鉾島って初めて知りましたが、迫力のある岩の島ですね。眺めもなかなかのもんですな~


黒河林道は、何か所かトラップはありましたけど、
全体を通して走りやすいフラットなダートなので、
気に入っております。そこまで遠いのが難点ですが。
今庄365スキー場は規模の小さいところなんですが、
夏のゲレンデも緑のじゅうたんが美しいです。
芝生の中を走り回ってみたいところでしたが、
それはさすがに怒られそうで自重しました(笑)
鉾島も絵になるでしょ。
東尋坊近くの海岸沿いの国道なので
大型バイクで是非立ち寄ってみてくださ~い^^)/


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
下道利用なのに、よくこれだけ走れましたね。
僕も歴史小説でお馴染みの「木の芽峠」を訪問したいと思っています。
走られた旧北陸本線軌道跡・r207を自転車で走った時、一番北側のトンネルを抜けたとこ(スイッチバック跡)付近に、「木ノ芽峠」と書かれた道標があったように記憶しています。
その時は自転車だったので、登る気にはなりませんでしたが、バイクなら木の芽峠~R365・栃ノ木峠までの地図に書かれている道を走れると思っています。
マキノから黒河林道というコースも魅力的です。僕には未舗装路がおっかないので、無理そうだけど。
楽しく読ませて頂きました。
2014/08/09(Sat) 09:51 | URL  | のりまき #47HQXcl.[ 編集]
探索してますね~(^∇^)
しかも雰囲気のある道や建物で写真に収めるのも楽しみですね♪
シーズンオフのスキー場、緑と黄色がとてもきれいですね^^
2014/08/09(Sat) 16:21 | URL  | 大和 #sSCpTNZ2[ 編集]
かなり長距離を走られましたね。
どこもかしこも私は行ったことがないところ
ばかりなので、引き込まれました。
スイッチバックのトンネルは味がありますね!
鉾島は要塞のよう。一度見てみたいです。

木の芽峠は残念でしたね。どんなところか
私も興味を惹かれます。再チャレンジに期待!
2014/08/09(Sat) 17:49 | URL  | かめはめは #-[ 編集]
のりまきさん こんばんは~
> 下道利用なのに、よくこれだけ走れましたね。
> 僕も歴史小説でお馴染みの「木の芽峠」を訪問したいと思っています。
> 走られた旧北陸本線軌道跡・r207を自転車で走った時、一番北側のトンネルを抜けたとこ(スイッチバック跡)付近に、「木ノ芽峠」と書かれた道標があったように記憶しています。
> その時は自転車だったので、登る気にはなりませんでしたが、バイクなら木の芽峠~R365・栃ノ木峠までの地図に書かれている道を走れると思っています。
> マキノから黒河林道というコースも魅力的です。僕には未舗装路がおっかないので、無理そうだけど。
> 楽しく読ませて頂きました。


北陸本線の旧道、最初のりまきさんに教えてもらった道ですね。
あそこはいい雰囲気してますね。
木の芽峠は城跡もありますので、のりまきさん好みでしょう?
今回残念ながら到達できませんでしたので、これはリベンジ必須です(笑)
今度は栃の木峠側から入ってみようかな。
最初に途中で引き返した遊歩道?以外は舗装路でしたのでON車でも行けると思いますよ。




2014/08/10(Sun) 00:42 | URL  | まんと #-[ 編集]
大和さん こんばんは~
> 探索してますね~(^∇^)
> しかも雰囲気のある道や建物で写真に収めるのも楽しみですね♪
> シーズンオフのスキー場、緑と黄色がとてもきれいですね^^


福井方面は雪国ですし、京都府か滋賀県をまるまる通り抜けないと辿り着かないので
行く機会があまり無く、なんか新鮮で楽しいです。^^)/
でも、帰りはどの道通っても渋滞突入は避けれませんけど。
スキー場は涼しいかなと思ってましたが、そうでもなかったですわ~(笑)
まだまだ北陸は、探索の余地アリですね!
2014/08/10(Sun) 00:54 | URL  | まんと #-[ 編集]
かめはめはさん こんばんは~
> かなり長距離を走られましたね。
> どこもかしこも私は行ったことがないところ
> ばかりなので、引き込まれました。
> スイッチバックのトンネルは味がありますね!
> 鉾島は要塞のよう。一度見てみたいです。
>
> 木の芽峠は残念でしたね。どんなところか
> 私も興味を惹かれます。再チャレンジに期待!


原2ではR161バイパスも確か走行できなかったですかね?
となると、湖北には鯖街道が一番速いのかな。
でも、かめはめはさんなら走力ありますので今庄ぐらいなら楽勝でしょう!
鉾島は、それほど大きくないのでうっかり通りすぎてしまいそうになりました(笑)
木の芽峠はぜひともリベンジしたいところです。
かめはめはさんに先越される前にね(笑)
2014/08/10(Sun) 01:05 | URL  | まんと #-[ 編集]
長距離おつかれさまでした!
まんとさん、こんばんは。
日本海まで、なかなかの長距離、
随分と秘境の地をまわられて充実の一日でしたね。

黒河林道、木の芽峠・・・覚えておきます。
小川に沿うところなど、暑い時にはピッタリでいい感じだったでしょう。

敦賀方面も行ってみたいんですが、
セローでは残り少ない根性を出さないと・・・
それでは。

2014/08/11(Mon) 00:10 | URL  | nmtr220 #SwfDWuRo[ 編集]
nmtr220さん こんばんは~
> まんとさん、こんばんは。
> 日本海まで、なかなかの長距離、
> 随分と秘境の地をまわられて充実の一日でしたね。
>
> 黒河林道、木の芽峠・・・覚えておきます。
> 小川に沿うところなど、暑い時にはピッタリでいい感じだったでしょう。
>
> 敦賀方面も行ってみたいんですが、
> セローでは残り少ない根性を出さないと・・・
> それでは。

いえいえ、日本海までそんなに遠くないですよ~
たぶん熊野灘に行く方が時間かかるかもデス。

黒河林道は昨年はすんなり抜けれたのですが、
今回は障害物が何か所かあって、4輪では通行不可の
状態でしたので、逆に対向車が無い状況で走りやすいです。
河原に降りれるところもありますので、
夏場にはいい感じの雰囲気してます。


nmtr220さんも以前、余呉湖まで行かれたので、
敦賀や今庄まですぐそこじゃないですか。
いっぱい寄り道しなかったら余裕でしょ(笑)

2014/08/11(Mon) 23:05 | URL  | まんと #-[ 編集]
おぉーっ、北陸まで探索に行かれましたか!

黒河林道の川沿いのダートが涼しげでいい感じですね~

タンポポが広がるシーズンオフのスキー場の写真がイイ!

鉾島って初めて知りましたが、迫力のある岩の島ですね。眺めもなかなかのもんですな~
2014/08/12(Tue) 22:49 | URL  | teruteru #-[ 編集]
teruteruさん こんばんは~
> おぉーっ、北陸まで探索に行かれましたか!
>
> 黒河林道の川沿いのダートが涼しげでいい感じですね~
>
> タンポポが広がるシーズンオフのスキー場の写真がイイ!
>
> 鉾島って初めて知りましたが、迫力のある岩の島ですね。眺めもなかなかのもんですな~


黒河林道は、何か所かトラップはありましたけど、
全体を通して走りやすいフラットなダートなので、
気に入っております。そこまで遠いのが難点ですが。
今庄365スキー場は規模の小さいところなんですが、
夏のゲレンデも緑のじゅうたんが美しいです。
芝生の中を走り回ってみたいところでしたが、
それはさすがに怒られそうで自重しました(笑)
鉾島も絵になるでしょ。
東尋坊近くの海岸沿いの国道なので
大型バイクで是非立ち寄ってみてくださ~い^^)/
2014/08/13(Wed) 23:52 | URL  | まんと #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: