国道よりも酷道、県道、そして林道が好き。 ツーリングに行きたくてもなかなか行けない中年ライダーのツーリング、温泉、B級グルメと時々サッカーの話。
秘境と呼ぶほど人里離れた山奥ではなく、

ほんのちょっと街道筋からそれ所に、

今でも「かくれ里」の名にふさわしいような、

ひっそりとした真空地帯があり、

そういう所を歩くのが、私は好きなのである。

(白洲正子「かくれ里」より)



konnzeyam1503-001b.jpg
そもそも白洲正子って誰やねん(笑)



最初は「おもしろそうな林道ないかな~」

とザックリ、PC見てるときのこと・・・



琵琶湖南部の山々は「湖南アルプス」というのか・・・ フンフン



この湖南アルプスを調べていると必ずと言っていいほど登場してくる

「白州正子」(しらす まさこ)という女性。



白洲次郎(白戸次郎ではない)の奥様であり、随筆家

1998年に88歳でお亡くなりになられています。

気になって近所の本屋さんで書籍を探してみたが見つけられず。




そんなとき、上の子が「Amazonで本買いたいねんけど・・・」

と言ってきたので、ここはチャンスとばかりに

白洲正子の「かくれ里」写真集の古本を同梱してもらいましたヨ~  (。≖ิ‿≖ิ) ウシシ






konnzeyam1503-002b.jpg


「かくれ里」は滋賀、奈良などを歩いた「紀行エッセイ」でした。


この中に登場する地域が、


私のテリトリーとぴったりマッチしてるや~ん!!


どこも自宅から日帰りや半日で行けそうなところばかり 



konnzeyam1503-003b.jpg
(クリックで拡大)




初版は1971年とすでに40年以上も前に書かれたものですが、


今でも増刷されつづけているのは名作の証し?


私のちょろっとツーリングのバイブルになりそうな予感ですゾ (*^-^*) ☆


今回はその中にも登場する「金勝山」(こんぜやま)を探索したいと思います。







まずは出発準備





konnzeyam1503-005b.jpg

「パンク修理剤」新調しました~ 

さいわい、今まで一度も使用したことのないアイテムなんですけど、

保険のような気持ちで積んでます 





konnzeyam1503-006b.jpg
3/21 (祝日) am8:00

このところ、ソロツーだとなかなかふとんから抜け出すことができず、

早朝出発ができませ~ん 

この朝の遅れが当初の予定を大幅に変更させて

後々に影響してくることになるとは・・・






出発時にガソリンを給油して、


とりあえずは国道307号にて栗東方面を目指していきます。




konnzeyam1503-007b.jpg

途中、の花がいっぱい咲いているところがあったので、パチリ 





「宇治川ライン」を抜けるつもりやったけど、

土砂崩れで通行止めになっているようです。 





konnzeyam1503-008b.jpg


その迂廻路として府道783号へ行くよう教えてもらいましたが、





この道はもしや・・・・




konnzeyam1503-009b.jpg
やっぱり

喫茶「エデン」の道や~



見た目、ボロボロの外観なんですが、

中からかなり年配の方が出てきて営業準備をされてたヨ。

この横から楽しそうな林道あるんやけど

今回は寄り道してる暇がないのでスルー 

林道の入口がわかったんでまた来れるでしょう






konnzeyam1503-011b.jpg
そして、「上桐生」というところにやってきました。



konnzeyam1503-073b.jpg
(クリックで拡大)



konnzeyam1503-601p.jpg
(クリックで拡大)


(今回の作戦)

まずは、マップの左側部分、上桐生Pにバイクを置いて

「オランダえん堤」「逆さ観音」を見に行ってから、


バイクに戻ってぐる~っと道の駅「こんぜの里」側に廻りこんで

残りの右側部分を攻めたいと思います。







konnzeyam1503-013b.jpg
「上桐生駐車場」


もっとマイナーかと思いましたが、結構車停まってるね。

4月から11月まで有料(普通車500円、二輪車200円)

この日はまだ3月だったんでセーフやった  (^-^)ニコッ






konnzeyam1503-012bx.jpg


駐車場から先も道はあるけど、

残念な看板とともに、チェーンが張られている。





それではちょっと歩いてみましょかね~  イキマーーース!!






konnzeyam1503-016b.jpg
遊歩道沿いに流れている川の水が非常にキレイ!




konnzeyam1503-017b.jpg
「オランダえん堤」


明治時代にオランダからやってきたゲーテさんて人が

造った日本最古?

100年以上たった今でも現役の砂防ダム。




konnzeyam1503-018b.jpg





konnzeyam1503-019b.jpg


この辺りは遊歩道というより、


アスファルトが敷かれた舗装林道のような道ですね。




konnzeyam1503-020b.jpg

ありゃりゃ、第二名神の高架下まできてもうた・・・ 





konnzeyam1503-021b.jpg
「逆さ観音」とっくに通り過ぎてるやん~ 


戻ります




konnzeyam1503-022b.jpg

この標石、見逃してたわ~





konnzeyam1503-023b.jpg
「逆さ観音」

鎌倉時代に造られたもので、

元々はこの上部に普通に建っていたのですが、

さっきのオランダ堰堤を造る際に石が足らず、

その時に一部切り取られてしまい、その後バランスを失なって

転げ落ちてきたそうです。




konnzeyam1503-025b.jpg









konnzeyam1503-027b.jpg

「上桐生」駐車場に戻ってきたら午前10時半。






ちょっと早いけど、お昼ご飯にしましょうか~






konnzeyam1503-028b.jpg
やってきたのは国道1号線沿いにある「みくりや うどん」


秘密のケンミンショーでも紹介されてたお店。



konnzeyam1503-032b.jpg

みどりん号が見える位置に陣取って・・・





konnzeyam1503-030b.jpg
ここは、一番人気の「エビ天&エビフライのカレーうどん!」


インパクト大ですな~




konnzeyam1503-031b.jpg

モチロン、後半戦はゴハン投入~

カレーが少ないように見えますが、

深底の丼ぶりなので、しっかり入ってるよ~







そして「みくりやうどん」の裏の山手に、


1ヶ所、ぜひ寄って行きたいお寺があるんです。




konnzeyam1503-033b.jpg
湖南三山のうちのひとつである「善水寺」 





konnzeyam1503-034b.jpg
本堂は国宝で南北朝時代の建立。


こちらは中の仏像がすごいんですよ~


例によって中は撮影禁止なので、


来るきっかけになった雑誌のほうから・・・







konnzeyam1503-035b.jpg
(クリックで拡大)


ズラリと並ぶ十二神将などはかなり古くて


手などがモゲたりしているのですが、信長による焼き討ちに時にも


僧たちが命がけで守った仏像たちは圧巻ですゾ~






konnzeyam1503-036b.jpg

4/19から2ヶ月間、秘仏の本尊・薬師如来像も御開帳されるようデス。











konnzeyam1503-037b.jpg


そんなこんなで、やっとこさ道の駅「こんぜの里りっとう」に到~着




当初の予定では朝一番にこちらのほうを周るつもりでしたが、


寝坊したため(笑)、順番を入れ替えて午後からじっくり攻めることに・・・








konnzeyam1503-071b.jpg
(クリックで拡大)





konnzeyam1503-038b.jpg
道の駅の真向かいから、「金勝寺」(こんしょうじ)に向かう舗装林道が伸びてます。



konnzeyam1503-039b.jpg
金勝寺参道の階段は真ん中がトンがった面白いかたちをしているね。




konnzeyam1503-040b.jpg

konnzeyam1503-041b.jpg

「軍荼利明王」カッチョエ~~~


konnzeyam1503-042b.jpg



konnzeyam1503-043b.jpg











そして馬頭観音堂駐車場まで来ました~



konnzeyam1503-044b.jpg

ここがバイクで行ける最深ポイントです。





konnzeyam1503-045b.jpg
何気にいい景色やん



konnzeyam1503-046b.jpg
競馬好きにはおなじみ

栗東トレーニングセンターが眼下に見えます。






konnzeyam1503-047b.jpg

ここからは、バイクを降りて歩きになります~







みなさ~ん、ついて来てますか~


これから怒涛のクライマックスですよーーーっ!!








konnzeyam1503-004b.jpg
(クリックで拡大)




konnzeyam1503-074b.jpg
歩き始めは午後1時45分。




konnzeyam1503-048b.jpg

こっちの方は車両は通れない完全な山道。


登り、下りを繰り返しながら、尾根づたいを歩いて行きます。


10分ほど歩いてすぐに竜王山山頂の三角点のあるところに到達。


狭い山頂で先にいた名古屋からのブループとお互いの記念撮影しました。


残念ながら この場所からはそれほど、視界が開けていませんね。







konnzeyam1503-049b.jpg


「茶沸観音」とクリアすると・・・





konnzeyam1503-050b.jpg

このコース上の重要分岐点「白石峰」に到達!


「かくれ里」での白洲正子さんは狛坂磨崖仏をめざされてましたが、


私は、まず「天狗岩」の方へ行ってもどってくる作戦でいくぞ~!





konnzeyam1503-051b.jpg


ここからは、起伏にとんだ楽しそうな道です。


しかし、もうヘロヘロになってきましたよ~ 






konnzeyam1503-052b.jpg

ときおり見える花崗岩が露出した山の羨望はスバラシイ






konnzeyam1503-053b.jpg
でたーーーっ!「デブがえしの岩」






konnzeyam1503-054b.jpg
これが「耳岩」?



この裏側の展望台が絶景ポイント!!!




konnzeyam1503-055b.jpg



ヒューーーーッ




正面に見えているのは新名神です。







konnzeyam1503-056b.jpg

やっと「天狗岩」が見えてきましたよ~





konnzeyam1503-057b.jpg


んんん?  岩の上に人が立ってる?  




konnzeyam1503-058b.jpg

うおーすごい道になってきたー





konnzeyam1503-059b.jpg

「天狗岩」に到着~


ロープや鎖を伝って登るん???


時間帯も悪いのか、付近にだれもいないので


どこから登って行くのかわかりづらい~






konnzeyam1503-062b.jpg

このクサリ使うんやろな~


けど、もう足が終わってて、降りてくる自信ないわ~ 




konnzeyam1503-063b.jpg


まだまだ上につづいているけど、


ここでも結構「チン寒」やねん~




konnzeyam1503-064b.jpg


ひえーーーっ!! もう無理~





konnzeyam1503-065b.jpg


結局、岩の上まではよう行かんかった~ 





ここ、「かくれ里」じゃなくて「秘境」です!!







konnzeyam1503-066b.jpg

天狗岩さんバイバイ~ 





konnzeyam1503-067b.jpg

白石峰に戻って来ました~


この時点で午後3時


コースのメインともいえる「狛坂磨崖仏」までは


ここから往復1時間ほど。


しかし、もう 膝があがらん 


いまから行ったら日没までに戻れない気がする~ 


残念ながら今回はここで断~念


駐車場にもどりましょう


朝寝坊したのがここにきて響いたな~







帰りは写真撮る元気もありません(笑)






konnzeyam1503-068b.jpg

戻ってきたら午後3時半でした。




konnzeyam1503-069b.jpg

道の駅で「いちじくソフト」食べて帰りまーす 






ランキング
ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
いつも応援ありがとうございま~す。^^)/





konnzeyam1503-070b.jpg

最後まで長々とお付き合いありがとうございました






スポンサーサイト


追記を閉じる▲
最初は「おもしろそうな林道ないかな~」

とザックリ、PC見てるときのこと・・・



琵琶湖南部の山々は「湖南アルプス」というのか・・・ フンフン



この湖南アルプスを調べていると必ずと言っていいほど登場してくる

「白州正子」(しらす まさこ)という女性。



白洲次郎(白戸次郎ではない)の奥様であり、随筆家

1998年に88歳でお亡くなりになられています。

気になって近所の本屋さんで書籍を探してみたが見つけられず。




そんなとき、上の子が「Amazonで本買いたいねんけど・・・」

と言ってきたので、ここはチャンスとばかりに

白洲正子の「かくれ里」写真集の古本を同梱してもらいましたヨ~  (。≖ิ‿≖ิ) ウシシ






konnzeyam1503-002b.jpg


「かくれ里」は滋賀、奈良などを歩いた「紀行エッセイ」でした。


この中に登場する地域が、


私のテリトリーとぴったりマッチしてるや~ん!!


どこも自宅から日帰りや半日で行けそうなところばかり 



konnzeyam1503-003b.jpg
(クリックで拡大)




初版は1971年とすでに40年以上も前に書かれたものですが、


今でも増刷されつづけているのは名作の証し?


私のちょろっとツーリングのバイブルになりそうな予感ですゾ (*^-^*) ☆


今回はその中にも登場する「金勝山」(こんぜやま)を探索したいと思います。







まずは出発準備





konnzeyam1503-005b.jpg

「パンク修理剤」新調しました~ 

さいわい、今まで一度も使用したことのないアイテムなんですけど、

保険のような気持ちで積んでます 





konnzeyam1503-006b.jpg
3/21 (祝日) am8:00

このところ、ソロツーだとなかなかふとんから抜け出すことができず、

早朝出発ができませ~ん 

この朝の遅れが当初の予定を大幅に変更させて

後々に影響してくることになるとは・・・






出発時にガソリンを給油して、


とりあえずは国道307号にて栗東方面を目指していきます。




konnzeyam1503-007b.jpg

途中、の花がいっぱい咲いているところがあったので、パチリ 





「宇治川ライン」を抜けるつもりやったけど、

土砂崩れで通行止めになっているようです。 





konnzeyam1503-008b.jpg


その迂廻路として府道783号へ行くよう教えてもらいましたが、





この道はもしや・・・・




konnzeyam1503-009b.jpg
やっぱり

喫茶「エデン」の道や~



見た目、ボロボロの外観なんですが、

中からかなり年配の方が出てきて営業準備をされてたヨ。

この横から楽しそうな林道あるんやけど

今回は寄り道してる暇がないのでスルー 

林道の入口がわかったんでまた来れるでしょう






konnzeyam1503-011b.jpg
そして、「上桐生」というところにやってきました。



konnzeyam1503-073b.jpg
(クリックで拡大)



konnzeyam1503-601p.jpg
(クリックで拡大)


(今回の作戦)

まずは、マップの左側部分、上桐生Pにバイクを置いて

「オランダえん堤」「逆さ観音」を見に行ってから、


バイクに戻ってぐる~っと道の駅「こんぜの里」側に廻りこんで

残りの右側部分を攻めたいと思います。







konnzeyam1503-013b.jpg
「上桐生駐車場」


もっとマイナーかと思いましたが、結構車停まってるね。

4月から11月まで有料(普通車500円、二輪車200円)

この日はまだ3月だったんでセーフやった  (^-^)ニコッ






konnzeyam1503-012bx.jpg


駐車場から先も道はあるけど、

残念な看板とともに、チェーンが張られている。





それではちょっと歩いてみましょかね~  イキマーーース!!






konnzeyam1503-016b.jpg
遊歩道沿いに流れている川の水が非常にキレイ!




konnzeyam1503-017b.jpg
「オランダえん堤」


明治時代にオランダからやってきたゲーテさんて人が

造った日本最古?

100年以上たった今でも現役の砂防ダム。




konnzeyam1503-018b.jpg





konnzeyam1503-019b.jpg


この辺りは遊歩道というより、


アスファルトが敷かれた舗装林道のような道ですね。




konnzeyam1503-020b.jpg

ありゃりゃ、第二名神の高架下まできてもうた・・・ 





konnzeyam1503-021b.jpg
「逆さ観音」とっくに通り過ぎてるやん~ 


戻ります




konnzeyam1503-022b.jpg

この標石、見逃してたわ~





konnzeyam1503-023b.jpg
「逆さ観音」

鎌倉時代に造られたもので、

元々はこの上部に普通に建っていたのですが、

さっきのオランダ堰堤を造る際に石が足らず、

その時に一部切り取られてしまい、その後バランスを失なって

転げ落ちてきたそうです。




konnzeyam1503-025b.jpg









konnzeyam1503-027b.jpg

「上桐生」駐車場に戻ってきたら午前10時半。






ちょっと早いけど、お昼ご飯にしましょうか~






konnzeyam1503-028b.jpg
やってきたのは国道1号線沿いにある「みくりや うどん」


秘密のケンミンショーでも紹介されてたお店。



konnzeyam1503-032b.jpg

みどりん号が見える位置に陣取って・・・





konnzeyam1503-030b.jpg
ここは、一番人気の「エビ天&エビフライのカレーうどん!」


インパクト大ですな~




konnzeyam1503-031b.jpg

モチロン、後半戦はゴハン投入~

カレーが少ないように見えますが、

深底の丼ぶりなので、しっかり入ってるよ~







そして「みくりやうどん」の裏の山手に、


1ヶ所、ぜひ寄って行きたいお寺があるんです。




konnzeyam1503-033b.jpg
湖南三山のうちのひとつである「善水寺」 





konnzeyam1503-034b.jpg
本堂は国宝で南北朝時代の建立。


こちらは中の仏像がすごいんですよ~


例によって中は撮影禁止なので、


来るきっかけになった雑誌のほうから・・・







konnzeyam1503-035b.jpg
(クリックで拡大)


ズラリと並ぶ十二神将などはかなり古くて


手などがモゲたりしているのですが、信長による焼き討ちに時にも


僧たちが命がけで守った仏像たちは圧巻ですゾ~






konnzeyam1503-036b.jpg

4/19から2ヶ月間、秘仏の本尊・薬師如来像も御開帳されるようデス。











konnzeyam1503-037b.jpg


そんなこんなで、やっとこさ道の駅「こんぜの里りっとう」に到~着




当初の予定では朝一番にこちらのほうを周るつもりでしたが、


寝坊したため(笑)、順番を入れ替えて午後からじっくり攻めることに・・・








konnzeyam1503-071b.jpg
(クリックで拡大)





konnzeyam1503-038b.jpg
道の駅の真向かいから、「金勝寺」(こんしょうじ)に向かう舗装林道が伸びてます。



konnzeyam1503-039b.jpg
金勝寺参道の階段は真ん中がトンがった面白いかたちをしているね。




konnzeyam1503-040b.jpg

konnzeyam1503-041b.jpg

「軍荼利明王」カッチョエ~~~


konnzeyam1503-042b.jpg



konnzeyam1503-043b.jpg











そして馬頭観音堂駐車場まで来ました~



konnzeyam1503-044b.jpg

ここがバイクで行ける最深ポイントです。





konnzeyam1503-045b.jpg
何気にいい景色やん



konnzeyam1503-046b.jpg
競馬好きにはおなじみ

栗東トレーニングセンターが眼下に見えます。






konnzeyam1503-047b.jpg

ここからは、バイクを降りて歩きになります~







みなさ~ん、ついて来てますか~


これから怒涛のクライマックスですよーーーっ!!








konnzeyam1503-004b.jpg
(クリックで拡大)




konnzeyam1503-074b.jpg
歩き始めは午後1時45分。




konnzeyam1503-048b.jpg

こっちの方は車両は通れない完全な山道。


登り、下りを繰り返しながら、尾根づたいを歩いて行きます。


10分ほど歩いてすぐに竜王山山頂の三角点のあるところに到達。


狭い山頂で先にいた名古屋からのブループとお互いの記念撮影しました。


残念ながら この場所からはそれほど、視界が開けていませんね。







konnzeyam1503-049b.jpg


「茶沸観音」とクリアすると・・・





konnzeyam1503-050b.jpg

このコース上の重要分岐点「白石峰」に到達!


「かくれ里」での白洲正子さんは狛坂磨崖仏をめざされてましたが、


私は、まず「天狗岩」の方へ行ってもどってくる作戦でいくぞ~!





konnzeyam1503-051b.jpg


ここからは、起伏にとんだ楽しそうな道です。


しかし、もうヘロヘロになってきましたよ~ 






konnzeyam1503-052b.jpg

ときおり見える花崗岩が露出した山の羨望はスバラシイ






konnzeyam1503-053b.jpg
でたーーーっ!「デブがえしの岩」






konnzeyam1503-054b.jpg
これが「耳岩」?



この裏側の展望台が絶景ポイント!!!




konnzeyam1503-055b.jpg



ヒューーーーッ




正面に見えているのは新名神です。







konnzeyam1503-056b.jpg

やっと「天狗岩」が見えてきましたよ~





konnzeyam1503-057b.jpg


んんん?  岩の上に人が立ってる?  




konnzeyam1503-058b.jpg

うおーすごい道になってきたー





konnzeyam1503-059b.jpg

「天狗岩」に到着~


ロープや鎖を伝って登るん???


時間帯も悪いのか、付近にだれもいないので


どこから登って行くのかわかりづらい~






konnzeyam1503-062b.jpg

このクサリ使うんやろな~


けど、もう足が終わってて、降りてくる自信ないわ~ 




konnzeyam1503-063b.jpg


まだまだ上につづいているけど、


ここでも結構「チン寒」やねん~




konnzeyam1503-064b.jpg


ひえーーーっ!! もう無理~





konnzeyam1503-065b.jpg


結局、岩の上まではよう行かんかった~ 





ここ、「かくれ里」じゃなくて「秘境」です!!







konnzeyam1503-066b.jpg

天狗岩さんバイバイ~ 





konnzeyam1503-067b.jpg

白石峰に戻って来ました~


この時点で午後3時


コースのメインともいえる「狛坂磨崖仏」までは


ここから往復1時間ほど。


しかし、もう 膝があがらん 


いまから行ったら日没までに戻れない気がする~ 


残念ながら今回はここで断~念


駐車場にもどりましょう


朝寝坊したのがここにきて響いたな~







帰りは写真撮る元気もありません(笑)






konnzeyam1503-068b.jpg

戻ってきたら午後3時半でした。




konnzeyam1503-069b.jpg

道の駅で「いちじくソフト」食べて帰りまーす 






ランキング
ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
いつも応援ありがとうございま~す。^^)/





konnzeyam1503-070b.jpg

最後まで長々とお付き合いありがとうございました






スポンサーサイト

[2015/04/06 22:22] | 探索ツーリング
トラックバック:(0) |


大和
「かくれ里」を求めてのツーリングですか(^v^)
色んなところにツーリングのネタになるものがあるんですね~。
興味のあるものを探求するってウキウキして楽しかったでしょう^^
天狗岩は修験道のようですね(^o^;)
ツーリング+ハイキング、お疲れ様です。


のりまき
湖南三山とか言うエリアですよね。
一度巡ろうと思って、天候不順により断念したエリアです。
国宝のこんな像があるのですね。そしてお得意の修験道の修行場のような鎖場・・・いいな。
修行場一周は1.5~2時間ぐらいのようですね。これだけ景色がいいと、午前中に歩き出して、どこかで絶景をおかずにおにぎり昼食がいいかな?と想像しちゃいました。


かめはめは
おもしろい場所を見つけてこられますね。
かくれ里という響きがたまりません。
このシリーズ、今後も楽しみですね~
仏像オールスターズ?迫力で惹かれました(^^)/

大和さん こんばんは~
まんと
> 「かくれ里」を求めてのツーリングですか(^v^)
> 色んなところにツーリングのネタになるものがあるんですね~。
> 興味のあるものを探求するってウキウキして楽しかったでしょう^^
> 天狗岩は修験道のようですね(^o^;)
> ツーリング+ハイキング、お疲れ様です。

「かくれ里」なかなか面白そうでしょう。
私の好きなちょっとマイナーな神社やお寺が多いので
ツーリングの参考にしようかなと思っています。
天狗岩は絶景でオススメですよ~
ただ、少し歩かないといけないですが。
バイクで行ける道路沿いから見れたらいいんですけどね~

のりまきさん こんばんは~
まんと
> 湖南三山とか言うエリアですよね。
> 一度巡ろうと思って、天候不順により断念したエリアです。
> 国宝のこんな像があるのですね。そしてお得意の修験道の修行場のような鎖場・・・いいな。
> 修行場一周は1.5~2時間ぐらいのようですね。これだけ景色がいいと、午前中に歩き出して、どこかで絶景をおかずにおにぎり昼食がいいかな?と想像しちゃいました。

湖東三山は紅葉で有名ですが、湖南三山ってのは初めて知りました。
今回、周ったハイキングコースは、以前のりまきさんと
行った伊勢山上によく似た尾根づたいを歩くコースなので、
登ったり下りたりのくりかえしでした。
クサリ場は天狗岩に登るところだけなので、
そこに登らなければ怖い所はほとんどないと思います。
山の中での食事は美味しそうなんですが、食べた後にトイレに行きたくなるので
2時間ぐらいで帰ってこれるコースをいつも探してます^^)/

かめはめはさん こんばんは~
まんと
> おもしろい場所を見つけてこられますね。
> かくれ里という響きがたまりません。
> このシリーズ、今後も楽しみですね~
> 仏像オールスターズ?迫力で惹かれました(^^)/

「かくれ里」私にとっては、地域といい、ジャンルといい
ど・ストライクゾーンでこの中に登場するところ
に行ってみたくなります。たぶん行くけど(笑)
善水寺は12神が、干支の化身のようになっているので
自分の干支はどんなんかなと思いながら観てました。
撮影させてもらえないのがほんと残念です。




nmtr220
まんとさん、こんばんは。

がんばって登られましたねー。
金勝山はそんなに大変なコースだったんですか
冬の期間にオランダ堰堤に行くつもりだったんですが
鎖止めされてるんですね。それは残念!
ここは火野正平さんも自転車で来たところでしたので・・・

なかなか絶景がみられる駐車場、是非私も見に行ってきます。
それでは。




teruteru
いつになく高尚な感じがする書き出し。
白洲次郎さんの奥様ですか。
これは良い本に巡り会えましたね~

天狗岩超絶景!
ズラリと並んだ善水寺十二神将のお姿も実際見たら感動でしょうね。
オランダ堰堤も明治の雰囲気が良いですが、観音様を切り崩しちゃったんだ笑)
廃仏毀釈の時代であまり大切にされなかったんでしょうか。

随筆家の先人が訪れた地を訪問されるのは興味深いです。
これからも「かくれ里」巡り期待しています。


nmtr220さん こんばんは~
まんと
> まんとさん、こんばんは。
>
> がんばって登られましたねー。
> 金勝山はそんなに大変なコースだったんですか
> 冬の期間にオランダ堰堤に行くつもりだったんですが
> 鎖止めされてるんですね。それは残念!
> ここは火野正平さんも自転車で来たところでしたので・・・
>
> なかなか絶景がみられる駐車場、是非私も見に行ってきます。
> それでは。

ハイキングコースは思ったよりキツかったです。
登ったり下りたりで、行きも帰りも同じぐらいでした。
オランダ堰堤のほうはひょっとしたらバイクで走れるんじゃないかと
期待してましたが、キャンプ場関係者のみクサリを外して侵入できるようです。
自転車は通れるのでしょうか?それならだいぶ時間短縮できますね。
右側半分は本格的な登山道で階段多かったので歩き限定でしょうが。
バイクで走れる金勝寺林道のほうはぐるっと一周して
道の駅に戻って来れるようになっているようですね。
駐車場からでも十分いい景色なので是非^^)/

teruteruさん こんばんは~
まんと
> いつになく高尚な感じがする書き出し。
> 白洲次郎さんの奥様ですか。
> これは良い本に巡り会えましたね~
>
> 天狗岩超絶景!
> ズラリと並んだ善水寺十二神将のお姿も実際見たら感動でしょうね。
> オランダ堰堤も明治の雰囲気が良いですが、観音様を切り崩しちゃったんだ笑)
> 廃仏毀釈の時代であまり大切にされなかったんでしょうか。
>
> 随筆家の先人が訪れた地を訪問されるのは興味深いです。
> これからも「かくれ里」巡り期待しています。


「かくれ里」はひと昔前の真面目なエッセイ集なので、
普段、本を読まない私にはなかなか読みづらいんですが、
ツーリング先の候補地がいっぱい出来そうなので
ちょっとずつ読み進めているところです。^^)/

天狗岩のところは、歩いて行くしかないのですが、
景色はほんとバツグンで疲れも吹っ飛ぶほどです。
実際には疲労困憊でしたが。(笑)
善水寺の十二神は思っていたよりは小さい像でした。
えん堤を造る際に、さかさ観音の石を切り崩したしたというのは
そういうものに思い入れの無い外国人ならではの発想でしょうか。


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
「かくれ里」を求めてのツーリングですか(^v^)
色んなところにツーリングのネタになるものがあるんですね~。
興味のあるものを探求するってウキウキして楽しかったでしょう^^
天狗岩は修験道のようですね(^o^;)
ツーリング+ハイキング、お疲れ様です。
2015/04/07(Tue) 15:21 | URL  | 大和 #sSCpTNZ2[ 編集]
湖南三山とか言うエリアですよね。
一度巡ろうと思って、天候不順により断念したエリアです。
国宝のこんな像があるのですね。そしてお得意の修験道の修行場のような鎖場・・・いいな。
修行場一周は1.5~2時間ぐらいのようですね。これだけ景色がいいと、午前中に歩き出して、どこかで絶景をおかずにおにぎり昼食がいいかな?と想像しちゃいました。
2015/04/07(Tue) 16:51 | URL  | のりまき #47HQXcl.[ 編集]
おもしろい場所を見つけてこられますね。
かくれ里という響きがたまりません。
このシリーズ、今後も楽しみですね~
仏像オールスターズ?迫力で惹かれました(^^)/
2015/04/07(Tue) 23:15 | URL  | かめはめは #-[ 編集]
大和さん こんばんは~
> 「かくれ里」を求めてのツーリングですか(^v^)
> 色んなところにツーリングのネタになるものがあるんですね~。
> 興味のあるものを探求するってウキウキして楽しかったでしょう^^
> 天狗岩は修験道のようですね(^o^;)
> ツーリング+ハイキング、お疲れ様です。

「かくれ里」なかなか面白そうでしょう。
私の好きなちょっとマイナーな神社やお寺が多いので
ツーリングの参考にしようかなと思っています。
天狗岩は絶景でオススメですよ~
ただ、少し歩かないといけないですが。
バイクで行ける道路沿いから見れたらいいんですけどね~
2015/04/08(Wed) 01:03 | URL  | まんと #-[ 編集]
のりまきさん こんばんは~
> 湖南三山とか言うエリアですよね。
> 一度巡ろうと思って、天候不順により断念したエリアです。
> 国宝のこんな像があるのですね。そしてお得意の修験道の修行場のような鎖場・・・いいな。
> 修行場一周は1.5~2時間ぐらいのようですね。これだけ景色がいいと、午前中に歩き出して、どこかで絶景をおかずにおにぎり昼食がいいかな?と想像しちゃいました。

湖東三山は紅葉で有名ですが、湖南三山ってのは初めて知りました。
今回、周ったハイキングコースは、以前のりまきさんと
行った伊勢山上によく似た尾根づたいを歩くコースなので、
登ったり下りたりのくりかえしでした。
クサリ場は天狗岩に登るところだけなので、
そこに登らなければ怖い所はほとんどないと思います。
山の中での食事は美味しそうなんですが、食べた後にトイレに行きたくなるので
2時間ぐらいで帰ってこれるコースをいつも探してます^^)/
2015/04/08(Wed) 01:11 | URL  | まんと #-[ 編集]
かめはめはさん こんばんは~
> おもしろい場所を見つけてこられますね。
> かくれ里という響きがたまりません。
> このシリーズ、今後も楽しみですね~
> 仏像オールスターズ?迫力で惹かれました(^^)/

「かくれ里」私にとっては、地域といい、ジャンルといい
ど・ストライクゾーンでこの中に登場するところ
に行ってみたくなります。たぶん行くけど(笑)
善水寺は12神が、干支の化身のようになっているので
自分の干支はどんなんかなと思いながら観てました。
撮影させてもらえないのがほんと残念です。

2015/04/08(Wed) 01:19 | URL  | まんと #-[ 編集]
まんとさん、こんばんは。

がんばって登られましたねー。
金勝山はそんなに大変なコースだったんですか
冬の期間にオランダ堰堤に行くつもりだったんですが
鎖止めされてるんですね。それは残念!
ここは火野正平さんも自転車で来たところでしたので・・・

なかなか絶景がみられる駐車場、是非私も見に行ってきます。
それでは。

2015/04/09(Thu) 00:33 | URL  | nmtr220 #SwfDWuRo[ 編集]
いつになく高尚な感じがする書き出し。
白洲次郎さんの奥様ですか。
これは良い本に巡り会えましたね~

天狗岩超絶景!
ズラリと並んだ善水寺十二神将のお姿も実際見たら感動でしょうね。
オランダ堰堤も明治の雰囲気が良いですが、観音様を切り崩しちゃったんだ笑)
廃仏毀釈の時代であまり大切にされなかったんでしょうか。

随筆家の先人が訪れた地を訪問されるのは興味深いです。
これからも「かくれ里」巡り期待しています。
2015/04/09(Thu) 23:09 | URL  | teruteru #-[ 編集]
nmtr220さん こんばんは~
> まんとさん、こんばんは。
>
> がんばって登られましたねー。
> 金勝山はそんなに大変なコースだったんですか
> 冬の期間にオランダ堰堤に行くつもりだったんですが
> 鎖止めされてるんですね。それは残念!
> ここは火野正平さんも自転車で来たところでしたので・・・
>
> なかなか絶景がみられる駐車場、是非私も見に行ってきます。
> それでは。

ハイキングコースは思ったよりキツかったです。
登ったり下りたりで、行きも帰りも同じぐらいでした。
オランダ堰堤のほうはひょっとしたらバイクで走れるんじゃないかと
期待してましたが、キャンプ場関係者のみクサリを外して侵入できるようです。
自転車は通れるのでしょうか?それならだいぶ時間短縮できますね。
右側半分は本格的な登山道で階段多かったので歩き限定でしょうが。
バイクで走れる金勝寺林道のほうはぐるっと一周して
道の駅に戻って来れるようになっているようですね。
駐車場からでも十分いい景色なので是非^^)/
2015/04/09(Thu) 23:17 | URL  | まんと #-[ 編集]
teruteruさん こんばんは~
> いつになく高尚な感じがする書き出し。
> 白洲次郎さんの奥様ですか。
> これは良い本に巡り会えましたね~
>
> 天狗岩超絶景!
> ズラリと並んだ善水寺十二神将のお姿も実際見たら感動でしょうね。
> オランダ堰堤も明治の雰囲気が良いですが、観音様を切り崩しちゃったんだ笑)
> 廃仏毀釈の時代であまり大切にされなかったんでしょうか。
>
> 随筆家の先人が訪れた地を訪問されるのは興味深いです。
> これからも「かくれ里」巡り期待しています。


「かくれ里」はひと昔前の真面目なエッセイ集なので、
普段、本を読まない私にはなかなか読みづらいんですが、
ツーリング先の候補地がいっぱい出来そうなので
ちょっとずつ読み進めているところです。^^)/

天狗岩のところは、歩いて行くしかないのですが、
景色はほんとバツグンで疲れも吹っ飛ぶほどです。
実際には疲労困憊でしたが。(笑)
善水寺の十二神は思っていたよりは小さい像でした。
えん堤を造る際に、さかさ観音の石を切り崩したしたというのは
そういうものに思い入れの無い外国人ならではの発想でしょうか。
2015/04/09(Thu) 23:45 | URL  | まんと #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: