国道よりも酷道、県道、そして林道が好き。 ツーリングに行きたくてもなかなか行けない中年ライダーのツーリング、温泉、B級グルメと時々サッカーの話。
「ここで手か足がすべったら一巻の終わりやな・・・」


自分の体の大きさほどの岩にしがみつきながら

そんなことがチラッと頭によぎってしまった途端、

足がプルプル震えてきたよ~  ((;゚Д゚)ガクガクブルブル



konntaijitu-1510-001b.jpg








関西最恐と言われた「伊勢山上」の行場めぐりを

クリアしたのはもう2年前のこと。



さらにハードな修行場が自宅から1時間ほど走った

京都南部の山の中にあると知ったのは今年の初めでした。

その名は鷲峯山「金胎寺」(じゅうぶざん「こんたいじ」)

こりゃ、挑戦せずにはいられないーーーっ!!!






☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆






10/31 (土)

「行場めぐりに行きませんか~」と企画したものの、

一緒におつきあいしてくれると手を挙げてくれたのは

TOMOさんとトミーさんだけ(笑)

しかし、「山歩きは出来ないけど、バイクには乗りた~い」(^-^)/
 
という人がいっぱいいて、お昼ごはんまでご一緒することになりました。





☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆





今回はミドリン号(250TR)で出陣ヨ~

集合場所に向かう途中・・・






w(('Д'))wオォーッ!!







konntaijitu-1510-002b.jpg


オドメーターがちょうど2万kmをマーーーク





ミドリンちゃん、


いつも過酷な扱いしてゴメンネ~ 


長生きしてよ~~~
















konntaijitu-1510-003b.jpg

集合場所はこのところおなじみとなった

「セブンイレブン山城大橋東店」






私が到着するとすでにスダさん、キーボーさん、ダイスさんが

まったり話されています。

続いてTOMOさん、トミーさん

最後にいっしゃん、玉城さん、石垣さんが到着されて

今回は私を含め、この9人でスタート

昼食後、「山登り組」「バイクでゴーゴー組」の2手に分かれる作戦で参ります。









konntaijitu-1510-004b.jpg

はじめてお会いする玉城さん、


DUCATI Diavel で登場


タイヤ太っ!!!


これでノーマルなの~?













konntaijitu-1510-005b.jpg


午前9時過ぎ、

みんな揃ったところでボチボチ出発。

おっきな速いバイクばっかりなのに、

ミドリン号で先導は申し訳ない。









konntaijitu-1510-006b.jpg


お昼ごはんは距離的に手頃な


「伊賀食堂」に行くことにしました。


途中ちょっとだけ名阪国道に乗ったのですが、


モチロン、私は全開走行ヨ~


ヾ(´ε`;)ゝアセアセ…






konntaijitu-1510-007b.jpg

午前10時30分 あっさり「伊賀食堂」に到着




ほぼ一番乗りです。

ここは穴場で比較的空いているので

並ばなく入店できるのがうれしい。







konntaijitu-1510-008b.jpg

「豚肉&ホルモンミックス定食」に「うどん」を追加。


(゚д゚)ウマー!!



こちらのテーブルは4人で2700円


ヾ(*≧∀≦)ノ゙ 安スィ~★♪








食後はお店の前でバイクを並べて集合写真撮影大会?




konntaijitu-1510-009bx.jpg
(クリックで拡大)




しばらく談笑したあと、


バイクでゴーゴー組(笑)は青山高原に向かうというのでお見送り~




konntaijitu-1510-010b.jpg

(◎´▽`)ノ イッテラッシャーイ♪









━***━***━***━***━***━***━***━***━







残ったTOMOさんとトミーさんと私の3人は

来た道を引き返して国道307号を山城方面に向かいます。



konntaijitu-1510-011b.jpg








トミーさん、今回はFTRで参戦

CB1300はなかなか乗る暇がなくて、

調子を維持するのが大変とのことで、手放してしまったようです。

人気車種でしたので いい値段で引き取ってもらえたみたい。

子育てが落ち着くまではFTRでガンバルって







konntaijitu-1510-012b.jpg

お寺に向かう府道62号線に入る直前の

最後のコンビニに立ち寄り、お茶などを確保します。




20分ほど山道を走り、「金胎寺」に到~着

konntaijitu-1510-013b.jpg




今回は大型スクーターのTOMOさんもご一緒なので

道路状況のいい南側から入っていきました。

時間的な余裕が無かったのでパスしましたが、

多宝塔など立派な本堂もあります。

周辺の道路状況など、下見をしたときの様子はコチラから







konntaijitu-1510-014b.jpg


入山料300円を納めて、


かわらも一枚ずつ投げてみましょうか~





konntaijitu-1510-101b.jpg



konntaijitu-1510-102b.jpg


行場の入口にある「かわら投げ場」


的がえらく いがんでいる のが気になりますが(笑)


とにかく投げてみましょう~




konntaijitu-1510-016b.jpg

(゚∀゚*)ノ ⌒ ゚  ピュッーーーー



(゚∀゚*)ノ ⌒ ゚  ピュッーーーー






konntaijitu-1510-017b.jpg

(゚∀゚*)ノ ⌒ ゚  ピュッーーーー


惜っしい~


いい感じで飛んでいきますが全員ハズレ


くっそーーっ  。・"(>0<)"・







konntaijitu-1510-018b.jpg


ウオーミングアップも終わり、


午後1時45分


いよいよ行場めぐりに突入~!!! 


 ...((((*ФωФ)ノ  ゴー♪




後で知ったのですが、行場へは、

午後2時以降は入山できないようでした。

ギリギリやったな~








konntaijitu-1510-015b.jpg
(クリックで拡大)


料金箱の横に置いてあった案内図

マンガみたいな簡単な地図ですが、

これがないとどう進んでいいのか

まったく解りませんよ~







konntaijitu-1510-019b.jpg

入口からしばらくは平坦な道をテクテク歩いて行きます。







行場の辻からは、時計回りに一方通行となって


ここから、川をめがけて急ゲキに降りて行くヨ~ 







konntaijitu-1510-020b.jpg







たとえ訪れる人がほとんど来ないような滝などの

観光スポットでもつづら折れの階段が設置されている

ケースが多いのですが、ココから先はほとんど

階段というのが登場しない。








なので、どこが正解のルートなのかよく分からないまま、


グングン降りて行きます。





゚+o。。o+゚゚+o。。o+゚゚+o。。o+゚゚+o。。o+゚゚+o。。o+゚゚+o。。o+゚゚+o。。o+゚





最初のアトラクション?


「東の覗き」に来ました。




konntaijitu-1510-021b.jpg




ここではロープのような命ヅナが無いと


岩の先を覗くことはとてもできな~い


自分では行かずに、トミーさんに


「行けるところまでいって~」


と言って撮影モデルになってもらいます(笑)





konntaijitu-1510-022b.jpg

Σヽ|゚Д゚|ノ┌┛☆ ヒューーーッ  



 見てるだけで


「チンさむ~」や~









konntaijitu-1510-023b.jpg

順路にはこの赤い印がされているのですが、

ほとんど整備されていないので

何度もミスコースしかけ、

3人で「あっちだ、こっちだ」

いいながら進んで行きます。









konntaijitu-1510-024b.jpg



けもの道レベルなので、


一人だったら絶対遭難してるわ~(笑)






konntaijitu-1510-025b.jpg







そして・・・・








konntaijitu-1510-027b.jpg





ついにクサリが登場したよ~











konntaijitu-1510-029b.jpg

さらに行場めぐりの定番である


「胎内潜り」


このすき間をくぐり抜けていきますが、足が下に届きません。


目いっぱい足を延ばしてそろ~り降ります。


ここは、私が先に抜けてトミーさん、TOMOさんが


降りてくるのを前からとらえましょう~




konntaijitu-1510-030b.jpg






下り終わったところで 結構、暑くなってきた~


ダウンジャケットを脱いで後半戦へ備えます!






konntaijitu-1510-050b.jpg







胎内潜りを抜けるとやっと川べりに到達。



konntaijitu-1510-103b.jpg




千手の滝や五光の滝も普段なら見向きもしないような


規模の小さい滝なのですが、苦労してここまでやってきたので


なんか感激してしまいました。 V(○⌒∇⌒○) ルンルン




konntaijitu-1510-032b.jpg


ヤッホー(ノ^∇^)ノ









そして行程中でいちばんミスルートしやすいポイント。

道なりだとどう見ても橋を渡りたくなるのですが、

そっちへ行ってはいけません

石をつたって対岸に渡ります

現に このときも橋を渡って迷子になって戻ってきた方と遭遇しました。


konntaijitu-1510-033bx.jpg



konntaijitu-1510-051b.jpg









ここから折り返しとなり、


急激な登りがはじまったーーーっ


konntaijitu-1510-034b.jpg

┗(`⌒´)┛ヨイショッ!ヨイショッ!










konntaijitu-1510-035b.jpg
「護摩壇」


「よう来たの~」と言っているかのような


にこやかなおじいさん像が座っています。






そして「鐘掛」と呼ばれる難所へやってきました。



konntaijitu-1510-036b.jpg

ここはクサリを伝って登っていきます。


見た目は怖そうですが、クサリをしっかり持っていれば、


登るのにそれほど恐怖感は感じませんよ。









つづいて「小鐘掛」




konntaijitu-1510-037b.jpg


小さいという文字がついているので


さっきの鐘掛より楽に越えられると思ってましたが、


それは大間違い







実は、ココがこの行場の最大の難所なのだ~


このポイントはクサリもなく、まき道(迂廻路)もないので、


自力でオーバーハングのような岩を


よじ登っていかなければなりません


これが登れないと帰れないぞ~ 



konntaijitu-1510-038b.jpg

先に上がったトミーさんに、


足の置場と手の持ち場をアドバイスしてもらいながら


よじ登っていきます。





konntaijitu-1510-039b.jpg
下を見たら、

「超怖エエ~」





普段、山登りされている方なら、


こういうシーンもよく遭遇されるでしょうが、


ド素人が手ぶらでチャラチャラ~ッと来るにはハード過ぎるよ~






konntaijitu-1510-040b.jpg

 Σ(@д@;ノ)ノ ヒィィィ~...









konntaijitu-1510-041b.jpg



小鐘掛をクリアしたら、もう少々の崖は


サクサク登れるようになっちゃいました。


慣れってすごいね~


まるで、林道走ったあとに普通の舗装路走ったら


上手くなったように感じるのと同じような状態? 








次の「平等岩」は迂廻路があったので

私はそっちに回り込んでトミーさんがチャレンジするのを

横から捉えます。



konntaijitu-1510-052b.jpg



konntaijitu-1510-042b.jpg



ここも


「岩のつかみどころが無くて登りにくい~」


だって~





konntaijitu-1510-043b.jpg







最後の難関

「蟻の戸渡り」(もっとましなネーミングはなかったのか)

konntaijitu-1510-044b.jpg


あっさりクリア~



なんか終わりかけにスキルが上がったみたい  ヾ(´∀`○)ノイェーイ♪





konntaijitu-1510-045b.jpg

行場の辻、そして迎え行者までもどってきたよ~







konntaijitu-1510-046b.jpg

おーっ、もう少しで日が暮れるやん~



そしてついに・・・





konntaijitu-1510-047b.jpg

(*^0゚)v  ゴーーーーーーールゥ!!





帰ってきたゾ~ (^-^)/






konntaijitu-1510-048b.jpg


門を出たところで午後4時すぎでした。


行者めぐりの所要時間は2時間ほどだったでしょうか。


高いところが平気な方は、チャレンジしてみてね~








ランキング
ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
いつもご協力ありがとうございま~す。^^)/




konntaijitu-1510-049b.jpg
午後5時

朝集合したセブンイレブンに戻ってきて解散としました~

オツカレサマ~ フーーーッ!






スポンサーサイト


追記を閉じる▲




関西最恐と言われた「伊勢山上」の行場めぐりを

クリアしたのはもう2年前のこと。



さらにハードな修行場が自宅から1時間ほど走った

京都南部の山の中にあると知ったのは今年の初めでした。

その名は鷲峯山「金胎寺」(じゅうぶざん「こんたいじ」)

こりゃ、挑戦せずにはいられないーーーっ!!!






☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆






10/31 (土)

「行場めぐりに行きませんか~」と企画したものの、

一緒におつきあいしてくれると手を挙げてくれたのは

TOMOさんとトミーさんだけ(笑)

しかし、「山歩きは出来ないけど、バイクには乗りた~い」(^-^)/
 
という人がいっぱいいて、お昼ごはんまでご一緒することになりました。





☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆





今回はミドリン号(250TR)で出陣ヨ~

集合場所に向かう途中・・・






w(('Д'))wオォーッ!!







konntaijitu-1510-002b.jpg


オドメーターがちょうど2万kmをマーーーク





ミドリンちゃん、


いつも過酷な扱いしてゴメンネ~ 


長生きしてよ~~~
















konntaijitu-1510-003b.jpg

集合場所はこのところおなじみとなった

「セブンイレブン山城大橋東店」






私が到着するとすでにスダさん、キーボーさん、ダイスさんが

まったり話されています。

続いてTOMOさん、トミーさん

最後にいっしゃん、玉城さん、石垣さんが到着されて

今回は私を含め、この9人でスタート

昼食後、「山登り組」「バイクでゴーゴー組」の2手に分かれる作戦で参ります。









konntaijitu-1510-004b.jpg

はじめてお会いする玉城さん、


DUCATI Diavel で登場


タイヤ太っ!!!


これでノーマルなの~?













konntaijitu-1510-005b.jpg


午前9時過ぎ、

みんな揃ったところでボチボチ出発。

おっきな速いバイクばっかりなのに、

ミドリン号で先導は申し訳ない。









konntaijitu-1510-006b.jpg


お昼ごはんは距離的に手頃な


「伊賀食堂」に行くことにしました。


途中ちょっとだけ名阪国道に乗ったのですが、


モチロン、私は全開走行ヨ~


ヾ(´ε`;)ゝアセアセ…






konntaijitu-1510-007b.jpg

午前10時30分 あっさり「伊賀食堂」に到着




ほぼ一番乗りです。

ここは穴場で比較的空いているので

並ばなく入店できるのがうれしい。







konntaijitu-1510-008b.jpg

「豚肉&ホルモンミックス定食」に「うどん」を追加。


(゚д゚)ウマー!!



こちらのテーブルは4人で2700円


ヾ(*≧∀≦)ノ゙ 安スィ~★♪








食後はお店の前でバイクを並べて集合写真撮影大会?




konntaijitu-1510-009bx.jpg
(クリックで拡大)




しばらく談笑したあと、


バイクでゴーゴー組(笑)は青山高原に向かうというのでお見送り~




konntaijitu-1510-010b.jpg

(◎´▽`)ノ イッテラッシャーイ♪









━***━***━***━***━***━***━***━***━







残ったTOMOさんとトミーさんと私の3人は

来た道を引き返して国道307号を山城方面に向かいます。



konntaijitu-1510-011b.jpg








トミーさん、今回はFTRで参戦

CB1300はなかなか乗る暇がなくて、

調子を維持するのが大変とのことで、手放してしまったようです。

人気車種でしたので いい値段で引き取ってもらえたみたい。

子育てが落ち着くまではFTRでガンバルって







konntaijitu-1510-012b.jpg

お寺に向かう府道62号線に入る直前の

最後のコンビニに立ち寄り、お茶などを確保します。




20分ほど山道を走り、「金胎寺」に到~着

konntaijitu-1510-013b.jpg




今回は大型スクーターのTOMOさんもご一緒なので

道路状況のいい南側から入っていきました。

時間的な余裕が無かったのでパスしましたが、

多宝塔など立派な本堂もあります。

周辺の道路状況など、下見をしたときの様子はコチラから







konntaijitu-1510-014b.jpg


入山料300円を納めて、


かわらも一枚ずつ投げてみましょうか~





konntaijitu-1510-101b.jpg



konntaijitu-1510-102b.jpg


行場の入口にある「かわら投げ場」


的がえらく いがんでいる のが気になりますが(笑)


とにかく投げてみましょう~




konntaijitu-1510-016b.jpg

(゚∀゚*)ノ ⌒ ゚  ピュッーーーー



(゚∀゚*)ノ ⌒ ゚  ピュッーーーー






konntaijitu-1510-017b.jpg

(゚∀゚*)ノ ⌒ ゚  ピュッーーーー


惜っしい~


いい感じで飛んでいきますが全員ハズレ


くっそーーっ  。・"(>0<)"・







konntaijitu-1510-018b.jpg


ウオーミングアップも終わり、


午後1時45分


いよいよ行場めぐりに突入~!!! 


 ...((((*ФωФ)ノ  ゴー♪




後で知ったのですが、行場へは、

午後2時以降は入山できないようでした。

ギリギリやったな~








konntaijitu-1510-015b.jpg
(クリックで拡大)


料金箱の横に置いてあった案内図

マンガみたいな簡単な地図ですが、

これがないとどう進んでいいのか

まったく解りませんよ~







konntaijitu-1510-019b.jpg

入口からしばらくは平坦な道をテクテク歩いて行きます。







行場の辻からは、時計回りに一方通行となって


ここから、川をめがけて急ゲキに降りて行くヨ~ 







konntaijitu-1510-020b.jpg







たとえ訪れる人がほとんど来ないような滝などの

観光スポットでもつづら折れの階段が設置されている

ケースが多いのですが、ココから先はほとんど

階段というのが登場しない。








なので、どこが正解のルートなのかよく分からないまま、


グングン降りて行きます。





゚+o。。o+゚゚+o。。o+゚゚+o。。o+゚゚+o。。o+゚゚+o。。o+゚゚+o。。o+゚゚+o。。o+゚





最初のアトラクション?


「東の覗き」に来ました。




konntaijitu-1510-021b.jpg




ここではロープのような命ヅナが無いと


岩の先を覗くことはとてもできな~い


自分では行かずに、トミーさんに


「行けるところまでいって~」


と言って撮影モデルになってもらいます(笑)





konntaijitu-1510-022b.jpg

Σヽ|゚Д゚|ノ┌┛☆ ヒューーーッ  



 見てるだけで


「チンさむ~」や~









konntaijitu-1510-023b.jpg

順路にはこの赤い印がされているのですが、

ほとんど整備されていないので

何度もミスコースしかけ、

3人で「あっちだ、こっちだ」

いいながら進んで行きます。









konntaijitu-1510-024b.jpg



けもの道レベルなので、


一人だったら絶対遭難してるわ~(笑)






konntaijitu-1510-025b.jpg







そして・・・・








konntaijitu-1510-027b.jpg





ついにクサリが登場したよ~











konntaijitu-1510-029b.jpg

さらに行場めぐりの定番である


「胎内潜り」


このすき間をくぐり抜けていきますが、足が下に届きません。


目いっぱい足を延ばしてそろ~り降ります。


ここは、私が先に抜けてトミーさん、TOMOさんが


降りてくるのを前からとらえましょう~




konntaijitu-1510-030b.jpg






下り終わったところで 結構、暑くなってきた~


ダウンジャケットを脱いで後半戦へ備えます!






konntaijitu-1510-050b.jpg







胎内潜りを抜けるとやっと川べりに到達。



konntaijitu-1510-103b.jpg




千手の滝や五光の滝も普段なら見向きもしないような


規模の小さい滝なのですが、苦労してここまでやってきたので


なんか感激してしまいました。 V(○⌒∇⌒○) ルンルン




konntaijitu-1510-032b.jpg


ヤッホー(ノ^∇^)ノ









そして行程中でいちばんミスルートしやすいポイント。

道なりだとどう見ても橋を渡りたくなるのですが、

そっちへ行ってはいけません

石をつたって対岸に渡ります

現に このときも橋を渡って迷子になって戻ってきた方と遭遇しました。


konntaijitu-1510-033bx.jpg



konntaijitu-1510-051b.jpg









ここから折り返しとなり、


急激な登りがはじまったーーーっ


konntaijitu-1510-034b.jpg

┗(`⌒´)┛ヨイショッ!ヨイショッ!










konntaijitu-1510-035b.jpg
「護摩壇」


「よう来たの~」と言っているかのような


にこやかなおじいさん像が座っています。






そして「鐘掛」と呼ばれる難所へやってきました。



konntaijitu-1510-036b.jpg

ここはクサリを伝って登っていきます。


見た目は怖そうですが、クサリをしっかり持っていれば、


登るのにそれほど恐怖感は感じませんよ。









つづいて「小鐘掛」




konntaijitu-1510-037b.jpg


小さいという文字がついているので


さっきの鐘掛より楽に越えられると思ってましたが、


それは大間違い







実は、ココがこの行場の最大の難所なのだ~


このポイントはクサリもなく、まき道(迂廻路)もないので、


自力でオーバーハングのような岩を


よじ登っていかなければなりません


これが登れないと帰れないぞ~ 



konntaijitu-1510-038b.jpg

先に上がったトミーさんに、


足の置場と手の持ち場をアドバイスしてもらいながら


よじ登っていきます。





konntaijitu-1510-039b.jpg
下を見たら、

「超怖エエ~」





普段、山登りされている方なら、


こういうシーンもよく遭遇されるでしょうが、


ド素人が手ぶらでチャラチャラ~ッと来るにはハード過ぎるよ~






konntaijitu-1510-040b.jpg

 Σ(@д@;ノ)ノ ヒィィィ~...









konntaijitu-1510-041b.jpg



小鐘掛をクリアしたら、もう少々の崖は


サクサク登れるようになっちゃいました。


慣れってすごいね~


まるで、林道走ったあとに普通の舗装路走ったら


上手くなったように感じるのと同じような状態? 








次の「平等岩」は迂廻路があったので

私はそっちに回り込んでトミーさんがチャレンジするのを

横から捉えます。



konntaijitu-1510-052b.jpg



konntaijitu-1510-042b.jpg



ここも


「岩のつかみどころが無くて登りにくい~」


だって~





konntaijitu-1510-043b.jpg







最後の難関

「蟻の戸渡り」(もっとましなネーミングはなかったのか)

konntaijitu-1510-044b.jpg


あっさりクリア~



なんか終わりかけにスキルが上がったみたい  ヾ(´∀`○)ノイェーイ♪





konntaijitu-1510-045b.jpg

行場の辻、そして迎え行者までもどってきたよ~







konntaijitu-1510-046b.jpg

おーっ、もう少しで日が暮れるやん~



そしてついに・・・





konntaijitu-1510-047b.jpg

(*^0゚)v  ゴーーーーーーールゥ!!





帰ってきたゾ~ (^-^)/






konntaijitu-1510-048b.jpg


門を出たところで午後4時すぎでした。


行者めぐりの所要時間は2時間ほどだったでしょうか。


高いところが平気な方は、チャレンジしてみてね~








ランキング
ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
いつもご協力ありがとうございま~す。^^)/




konntaijitu-1510-049b.jpg
午後5時

朝集合したセブンイレブンに戻ってきて解散としました~

オツカレサマ~ フーーーッ!






スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

[2015/11/07 22:11] | 探索ツーリング
トラックバック:(0) |


かめはめは
途中で目的別に2チームに分かれるというのが
面白いですね。
しかし今回の修行はかなりレベルが高い。
コースを間違えずに完走するだけでも難しそう。
まさにチンさむな写真が数枚ありましたしね~
お仲間さんはよく手袋を準備されてましたね!
これだけ徳を積んだら、
何かのときに神様が守ってくれそう~(^^)

かめはめはさん こんばんは~
まんと
> 途中で目的別に2チームに分かれるというのが
> 面白いですね。
> しかし今回の修行はかなりレベルが高い。
> コースを間違えずに完走するだけでも難しそう。
> まさにチンさむな写真が数枚ありましたしね~
> お仲間さんはよく手袋を準備されてましたね!
> これだけ徳を積んだら、
> 何かのときに神様が守ってくれそう~(^^)

バイクのクラブなので山登りは全く人気ないんですよね~(笑)
今回の修行場は、難易度が高そうでしたので、
一人では無理かなあと思い同行者を募りました。
お寺自体も住職の姿は見られず、コースの整備が
あまり行き届いていない感じでしたね。
手袋は行場めぐりには必需品で、
素手ではちょっと厳しいんですよ~  


nmtr220
まんとさん、こんばんは。

よくぞ2時間コース、チャレンジされました!
身軽な若手もいると何かと助かりますね。

うわさ通り、単独は難しい場所のようで
私は多宝塔までにしておきましょう!
お怪我、筋肉痛はなかったですか?
お疲れ様でした。
それでは。

相互リンクのご連絡
管理人
相互リンクのご連絡 お世話になります。貴サイト拝見しまして非常に良いコンテンツを配信されており勝手ながらリンク集に追加させていただきました。(以下URLのヘッダはスパム対策で外していますが、こちらです) konkatsuhack.website/ 相互リンク、ぜひご検討いただければ幸いです。管理人


teruteru
行場めぐりおつかれさまでした。
これは行場というだけあって修行ですね。普通の山登りじゃなくて探検レベルですやん。
案内図は昔のバイク雑誌に乗っていたラリーのコマ図を思い出しました。シンプルですがこれがなければ遭難しそうですね。

山登り組と比べバイクでゴーゴー組はいかにも走りそうなバイクばかりなのが非常にわかりやすい(笑)

nmtr220さん こんばんは~
まんと
> まんとさん、こんばんは。
>
> よくぞ2時間コース、チャレンジされました!
> 身軽な若手もいると何かと助かりますね。
>
> うわさ通り、単独は難しい場所のようで
> 私は多宝塔までにしておきましょう!
> お怪我、筋肉痛はなかったですか?
> お疲れ様でした。
> それでは。

リードしてくれる若手がいると助かりますね。
それでも2時間かかりました。
往路(下り)は30分、復路の登りは1時間半ぐらい。
一人だったら遭難していたと思います(笑)
厳しい神経をすり減らすような登りは
終わってみると達成感がありますよ~
予想はしていましたが、
二日後に思いっきり筋肉痛に襲われて階段登れなかったです。(笑)

管理人さま 
まんと
> 相互リンクのご連絡 お世話になります。貴サイト拝見しまして非常に良いコンテンツを配信されており勝手ながらリンク集に追加させていただきました。(以下URLのヘッダはスパム対策で外していますが、こちらです) konkatsuhack.website/ 相互リンク、ぜひご検討いただければ幸いです。管理人


御社のサイト訪問させていただきましたがリンクの確認はできませんでした。
そして、サイトの内容があまりにも違うと思われますので、
今回は辞退させていただきたいと考えております。
お力になれなかったこと、ご了承ください。

teruteruさん こんばんは~
まんと
> 行場めぐりおつかれさまでした。
> これは行場というだけあって修行ですね。普通の山登りじゃなくて探検レベルですやん。
> 案内図は昔のバイク雑誌に乗っていたラリーのコマ図を思い出しました。シンプルですがこれがなければ遭難しそうですね。
>
> 山登り組と比べバイクでゴーゴー組はいかにも走りそうなバイクばかりなのが非常にわかりやすい(笑)

そうです、探検といえば楽しい感じで行けそうですね。
大人のアスレチックみたいでしょ。
あの地図がなかなかくせ者で、
実際の現場に立つと行く手がサッパリ解らなかったですよ。

バイクは言われればそうですね。
山登り組はオフ車系とスクーターで、
青山高原に向かったのは
みんな速そうな、そして高そうなバイクばかり。
teruteruさんならどっちを選びますかね(笑)




トミー
こんにちは!

先日はお疲れ様でございました~(●´ω`●)
久し振りの伊賀食堂も満喫できたし行場もかなり楽しかったです!
小排気量での名阪道は怖かったですがこれから慣れるように努力しますのでまたよろしくお願いします( ´艸`)


大和
行場めぐりシリーズですね(^v^)
また案内図が質素で雰囲気が伝わってきますね^^
岩場の崖のような危険なところを挑んでいると集中しているんでしょうね。

トミーさん、CB1300SBを手放したんですか(´・ω・`)
維持するのに乗ってあげないと各部の調子も悪くなるので残念ですが仕方ないですね^^

トミーさん こんばんは~
まんと
> こんにちは!
>
> 先日はお疲れ様でございました~(●´ω`●)
> 久し振りの伊賀食堂も満喫できたし行場もかなり楽しかったです!
> 小排気量での名阪道は怖かったですがこれから慣れるように努力しますのでまたよろしくお願いします( ´艸`)

お付き合いしてくれてありがとう~
行場ではとても頼りになりました。
ツーリングは久しぶりでしたね。
私のミドリン号もそうですが、あのクラスでの
高速道路の追い越しはツライですね。
またツーリング行きましょう~^^)/

大和さん こんばんは~
まんと
> 行場めぐりシリーズですね(^v^)
> また案内図が質素で雰囲気が伝わってきますね^^
> 岩場の崖のような危険なところを挑んでいると集中しているんでしょうね。
>
> トミーさん、CB1300SBを手放したんですか(´・ω・`)
> 維持するのに乗ってあげないと各部の調子も悪くなるので残念ですが仕方ないですね^^

行場めぐり、しんどいですけと達成感があって楽しいですわ~
今回は道があまり整備されていなくて苦労しました。
案内図は命の紙切れでしたね~

トミーさんがまだCB所持していたころにツーリングに行こうと
お誘いしたのですが、長い間乗らずにいたので、すごい調子が悪くて
参加できなかったことがありました。
いざという時に乗れなかったのはちょっと辛かったようです。


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
途中で目的別に2チームに分かれるというのが
面白いですね。
しかし今回の修行はかなりレベルが高い。
コースを間違えずに完走するだけでも難しそう。
まさにチンさむな写真が数枚ありましたしね~
お仲間さんはよく手袋を準備されてましたね!
これだけ徳を積んだら、
何かのときに神様が守ってくれそう~(^^)
2015/11/08(Sun) 17:53 | URL  | かめはめは #-[ 編集]
かめはめはさん こんばんは~
> 途中で目的別に2チームに分かれるというのが
> 面白いですね。
> しかし今回の修行はかなりレベルが高い。
> コースを間違えずに完走するだけでも難しそう。
> まさにチンさむな写真が数枚ありましたしね~
> お仲間さんはよく手袋を準備されてましたね!
> これだけ徳を積んだら、
> 何かのときに神様が守ってくれそう~(^^)

バイクのクラブなので山登りは全く人気ないんですよね~(笑)
今回の修行場は、難易度が高そうでしたので、
一人では無理かなあと思い同行者を募りました。
お寺自体も住職の姿は見られず、コースの整備が
あまり行き届いていない感じでしたね。
手袋は行場めぐりには必需品で、
素手ではちょっと厳しいんですよ~  
2015/11/09(Mon) 00:25 | URL  | まんと #-[ 編集]
まんとさん、こんばんは。

よくぞ2時間コース、チャレンジされました!
身軽な若手もいると何かと助かりますね。

うわさ通り、単独は難しい場所のようで
私は多宝塔までにしておきましょう!
お怪我、筋肉痛はなかったですか?
お疲れ様でした。
それでは。
2015/11/11(Wed) 00:14 | URL  | nmtr220 #SwfDWuRo[ 編集]
相互リンクのご連絡
相互リンクのご連絡 お世話になります。貴サイト拝見しまして非常に良いコンテンツを配信されており勝手ながらリンク集に追加させていただきました。(以下URLのヘッダはスパム対策で外していますが、こちらです) konkatsuhack.website/ 相互リンク、ぜひご検討いただければ幸いです。管理人
2015/11/11(Wed) 11:16 | URL  | 管理人 #-[ 編集]
行場めぐりおつかれさまでした。
これは行場というだけあって修行ですね。普通の山登りじゃなくて探検レベルですやん。
案内図は昔のバイク雑誌に乗っていたラリーのコマ図を思い出しました。シンプルですがこれがなければ遭難しそうですね。

山登り組と比べバイクでゴーゴー組はいかにも走りそうなバイクばかりなのが非常にわかりやすい(笑)
2015/11/11(Wed) 22:33 | URL  | teruteru #-[ 編集]
nmtr220さん こんばんは~
> まんとさん、こんばんは。
>
> よくぞ2時間コース、チャレンジされました!
> 身軽な若手もいると何かと助かりますね。
>
> うわさ通り、単独は難しい場所のようで
> 私は多宝塔までにしておきましょう!
> お怪我、筋肉痛はなかったですか?
> お疲れ様でした。
> それでは。

リードしてくれる若手がいると助かりますね。
それでも2時間かかりました。
往路(下り)は30分、復路の登りは1時間半ぐらい。
一人だったら遭難していたと思います(笑)
厳しい神経をすり減らすような登りは
終わってみると達成感がありますよ~
予想はしていましたが、
二日後に思いっきり筋肉痛に襲われて階段登れなかったです。(笑)
2015/11/11(Wed) 23:38 | URL  | まんと #-[ 編集]
管理人さま 
> 相互リンクのご連絡 お世話になります。貴サイト拝見しまして非常に良いコンテンツを配信されており勝手ながらリンク集に追加させていただきました。(以下URLのヘッダはスパム対策で外していますが、こちらです) konkatsuhack.website/ 相互リンク、ぜひご検討いただければ幸いです。管理人


御社のサイト訪問させていただきましたがリンクの確認はできませんでした。
そして、サイトの内容があまりにも違うと思われますので、
今回は辞退させていただきたいと考えております。
お力になれなかったこと、ご了承ください。
2015/11/11(Wed) 23:44 | URL  | まんと #-[ 編集]
teruteruさん こんばんは~
> 行場めぐりおつかれさまでした。
> これは行場というだけあって修行ですね。普通の山登りじゃなくて探検レベルですやん。
> 案内図は昔のバイク雑誌に乗っていたラリーのコマ図を思い出しました。シンプルですがこれがなければ遭難しそうですね。
>
> 山登り組と比べバイクでゴーゴー組はいかにも走りそうなバイクばかりなのが非常にわかりやすい(笑)

そうです、探検といえば楽しい感じで行けそうですね。
大人のアスレチックみたいでしょ。
あの地図がなかなかくせ者で、
実際の現場に立つと行く手がサッパリ解らなかったですよ。

バイクは言われればそうですね。
山登り組はオフ車系とスクーターで、
青山高原に向かったのは
みんな速そうな、そして高そうなバイクばかり。
teruteruさんならどっちを選びますかね(笑)

2015/11/11(Wed) 23:57 | URL  | まんと #-[ 編集]
こんにちは!

先日はお疲れ様でございました~(●´ω`●)
久し振りの伊賀食堂も満喫できたし行場もかなり楽しかったです!
小排気量での名阪道は怖かったですがこれから慣れるように努力しますのでまたよろしくお願いします( ´艸`)
2015/11/12(Thu) 10:33 | URL  | トミー #mHZ8JRr6[ 編集]
行場めぐりシリーズですね(^v^)
また案内図が質素で雰囲気が伝わってきますね^^
岩場の崖のような危険なところを挑んでいると集中しているんでしょうね。

トミーさん、CB1300SBを手放したんですか(´・ω・`)
維持するのに乗ってあげないと各部の調子も悪くなるので残念ですが仕方ないですね^^
2015/11/12(Thu) 15:55 | URL  | 大和 #sSCpTNZ2[ 編集]
トミーさん こんばんは~
> こんにちは!
>
> 先日はお疲れ様でございました~(●´ω`●)
> 久し振りの伊賀食堂も満喫できたし行場もかなり楽しかったです!
> 小排気量での名阪道は怖かったですがこれから慣れるように努力しますのでまたよろしくお願いします( ´艸`)

お付き合いしてくれてありがとう~
行場ではとても頼りになりました。
ツーリングは久しぶりでしたね。
私のミドリン号もそうですが、あのクラスでの
高速道路の追い越しはツライですね。
またツーリング行きましょう~^^)/
2015/11/12(Thu) 22:35 | URL  | まんと #-[ 編集]
大和さん こんばんは~
> 行場めぐりシリーズですね(^v^)
> また案内図が質素で雰囲気が伝わってきますね^^
> 岩場の崖のような危険なところを挑んでいると集中しているんでしょうね。
>
> トミーさん、CB1300SBを手放したんですか(´・ω・`)
> 維持するのに乗ってあげないと各部の調子も悪くなるので残念ですが仕方ないですね^^

行場めぐり、しんどいですけと達成感があって楽しいですわ~
今回は道があまり整備されていなくて苦労しました。
案内図は命の紙切れでしたね~

トミーさんがまだCB所持していたころにツーリングに行こうと
お誘いしたのですが、長い間乗らずにいたので、すごい調子が悪くて
参加できなかったことがありました。
いざという時に乗れなかったのはちょっと辛かったようです。
2015/11/12(Thu) 22:50 | URL  | まんと #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: