国道よりも酷道、県道、そして林道が好き。 ツーリングに行きたくてもなかなか行けない中年ライダーのツーリング、温泉、B級グルメと時々サッカーの話。
子供がもっと小さい頃、トーマスのプラレールを走らせて遊んでいたので少しだけ知ってました。


そのトーマスの電車が走っているという京阪電鉄交野線で(得意の?)スタンプラリーをやっているということで行ってきました。



スタンプラリー帳b



京阪電鉄交野線「枚方市駅」~「私市駅」までの途中の3駅で途中下車をしてスタンプを押して行きます。



交野線乗車券b

今回は、自宅の最寄の駅から、「枚方市駅」までの往復と
交野線「枚方市駅」~「私市駅」の区間乗り降り自由の特別切符を利用!!


しか~し、スタンプを押すところは、改札の外にあります。



そう、電車を利用してスタンプラリーを行おうとすれば、この切符を利用しなければならないシステムになっている。



逆に言えば、電車に全く乗らずにスタンプラリーだけを達成することも可能だ!





「枚方市駅」に到着してしばらくするとトーマスの列車が来た! 幸先がいいぞ!!


トーマス電車外観

交野線は、通常のお昼の時間帯では、10分間隔で電車が運行されていて、トーマス列車は、1時間に1本だけやって来る・・・6本に1本の割合なのだ!





トーマス車内b

車内はこんな感じ。




ここから、一駅ずつチェックしていきますよ~。


枚方市駅b

枚方市駅」(パーシー)




宮之阪駅b
「宮之阪駅」(ゴードン)




星ヶ丘駅b
「星ヶ丘駅」(ダッシュ&バッシュ)




村野駅b
「村野駅」 (ヘンリー)




郡津駅b
「郡津駅」 (スペンサー)




交野市駅b
「交野市駅」(ヒロ)




河内森駅b
「河内森駅」(ジェームス)




私市駅b
「私市駅」 (トーマス)



トーマス電車外観2
本日2度目のトーマス列車乗車



トーマス電車b


トーマス交野記念メダルb
交野線スタンプクリアーでもらえるカード




スタンプラリー帳
これを見ると判っていただけると思いますが、まだ、大津線とミシガンが残っているのネ。 どないしましょ?



ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
ご協力ありがとうございました。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
スタンプラリー帳b



京阪電鉄交野線「枚方市駅」~「私市駅」までの途中の3駅で途中下車をしてスタンプを押して行きます。



交野線乗車券b

今回は、自宅の最寄の駅から、「枚方市駅」までの往復と
交野線「枚方市駅」~「私市駅」の区間乗り降り自由の特別切符を利用!!


しか~し、スタンプを押すところは、改札の外にあります。



そう、電車を利用してスタンプラリーを行おうとすれば、この切符を利用しなければならないシステムになっている。



逆に言えば、電車に全く乗らずにスタンプラリーだけを達成することも可能だ!





「枚方市駅」に到着してしばらくするとトーマスの列車が来た! 幸先がいいぞ!!


トーマス電車外観

交野線は、通常のお昼の時間帯では、10分間隔で電車が運行されていて、トーマス列車は、1時間に1本だけやって来る・・・6本に1本の割合なのだ!





トーマス車内b

車内はこんな感じ。




ここから、一駅ずつチェックしていきますよ~。


枚方市駅b

枚方市駅」(パーシー)




宮之阪駅b
「宮之阪駅」(ゴードン)




星ヶ丘駅b
「星ヶ丘駅」(ダッシュ&バッシュ)




村野駅b
「村野駅」 (ヘンリー)




郡津駅b
「郡津駅」 (スペンサー)




交野市駅b
「交野市駅」(ヒロ)




河内森駅b
「河内森駅」(ジェームス)




私市駅b
「私市駅」 (トーマス)



トーマス電車外観2
本日2度目のトーマス列車乗車



トーマス電車b


トーマス交野記念メダルb
交野線スタンプクリアーでもらえるカード




スタンプラリー帳
これを見ると判っていただけると思いますが、まだ、大津線とミシガンが残っているのネ。 どないしましょ?



ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
ご協力ありがとうございました。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

[2011/12/03 19:20] | 観光スポット (パワースポット?)
トラックバック:(0) |


マルユ
トーマス列車は僕もたまに見ます。見るたびにいいなーと思います。
すっごいいまさらなんですが、編集うまいっすねー。・・・本当にいまさらですねww。
車内はこんなんなってたんですねー、なんか乗ってる気分ですww。
僕が好きな汽車はトーマス、パーシーです。子供さんは誰が好きなんですか?。
ちなみに僕のコメントって段落分けがおかしいですよねw、読みにくくてすいませんOrz。
また記事まってます。

Re: タイトルなし
まんと
>マルユさん
うちの子が好きな汽車は、やはりトーマスだそうです。
以前はパーシーも気に入っていたみたいですが吹き替えの声を聞いてイメージが違ったらしい。

編集は、知り合いにフリーソフトの「ピカサ」を教えてもらい、見よう見まねでなんとなく使ってます。
これだと、複数の写真を組み合わせて、1枚の写真として使えるので便利です。

いつも記事見てくれてありがとうございます。また気軽にコメントしてきてね。



yosiaki59
ブログ、いつも楽しく拝見させていただいています。

 私も、以前枚方市駅の近くに住んでいた事があり、
免停になった時に、京阪交野線と片町線を利用して通勤した事がありましたが、こんなに楽しい電車や駅に変わっていたとは全然知りませんでした。

当時は、夜は無人駅であったり、駅の回りは真っ暗であったり と寂しい雰囲気の路線でした。

子供が小さい頃だったら、すぐに連れて行ったと思います。うちの子供もよくテレビで「機関車トーマス」を観ていましたから。

まんとさんのブログは読むだけで楽しくなってきます、これからも宜しくお願いします。
 ちなみに、先日Dトラッカーの排気音、お聞かせするのを忘れてました。今度は聞いていってください。




Re: タイトルなし
まんと
>yosiaki59 さん

普段、バイクや車に乗っているので交野線は、この様な機会がなければ利用することもないのですが、まだまだ駅の周りが田んぼであったりと、人も少なくのんびりしていました。

トーマスも期間限定なのかどうかは不明ですが、毎日利用している方々は、どうなんでしょうね~。

yosiaki59さんもイロイロ、バイクカスタム進めてらっしゃるようで今度お会いできる日を楽しみにしています。


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
トーマス列車は僕もたまに見ます。見るたびにいいなーと思います。
すっごいいまさらなんですが、編集うまいっすねー。・・・本当にいまさらですねww。
車内はこんなんなってたんですねー、なんか乗ってる気分ですww。
僕が好きな汽車はトーマス、パーシーです。子供さんは誰が好きなんですか?。
ちなみに僕のコメントって段落分けがおかしいですよねw、読みにくくてすいませんOrz。
また記事まってます。
2011/12/04(Sun) 19:38 | URL  | マルユ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>マルユさん
うちの子が好きな汽車は、やはりトーマスだそうです。
以前はパーシーも気に入っていたみたいですが吹き替えの声を聞いてイメージが違ったらしい。

編集は、知り合いにフリーソフトの「ピカサ」を教えてもらい、見よう見まねでなんとなく使ってます。
これだと、複数の写真を組み合わせて、1枚の写真として使えるので便利です。

いつも記事見てくれてありがとうございます。また気軽にコメントしてきてね。
2011/12/05(Mon) 22:25 | URL  | まんと #-[ 編集]
ブログ、いつも楽しく拝見させていただいています。

 私も、以前枚方市駅の近くに住んでいた事があり、
免停になった時に、京阪交野線と片町線を利用して通勤した事がありましたが、こんなに楽しい電車や駅に変わっていたとは全然知りませんでした。

当時は、夜は無人駅であったり、駅の回りは真っ暗であったり と寂しい雰囲気の路線でした。

子供が小さい頃だったら、すぐに連れて行ったと思います。うちの子供もよくテレビで「機関車トーマス」を観ていましたから。

まんとさんのブログは読むだけで楽しくなってきます、これからも宜しくお願いします。
 ちなみに、先日Dトラッカーの排気音、お聞かせするのを忘れてました。今度は聞いていってください。


2011/12/12(Mon) 16:53 | URL  | yosiaki59 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>yosiaki59 さん

普段、バイクや車に乗っているので交野線は、この様な機会がなければ利用することもないのですが、まだまだ駅の周りが田んぼであったりと、人も少なくのんびりしていました。

トーマスも期間限定なのかどうかは不明ですが、毎日利用している方々は、どうなんでしょうね~。

yosiaki59さんもイロイロ、バイクカスタム進めてらっしゃるようで今度お会いできる日を楽しみにしています。
2011/12/13(Tue) 07:59 | URL  | まんと #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: