国道よりも酷道、県道、そして林道が好き。 ツーリングに行きたくてもなかなか行けない中年ライダーのツーリング、温泉、B級グルメと時々サッカーの話。
こんなに大人気だったのね~~~



(伏見稲荷大社)

ご存知、稲荷神社の総本社

私の自宅からだと京都市内へ向かう玄関口に位置し

アプローチがしやすい。

前回は4年前の同じような時期に訪問しておりました。⇒コチラ

久々に来てみると少し到着が遅れた(それでも午前9時着)

こともあってか観光客でいっぱいや~ん

伏見稲荷神社ツー1702-000bx



普段は「今度の休みはどこに走りに行こうかな~

など考えながら平日を過ごし、

数日かけて情報を集めてルートを決めて

週末に向かってテンションを上げていく生活を送っている。







しかし、その週末に「雨が降りそう」

と週間天気の予想が出ていると

「ガーーーン!  バイクに乗れな~い」 

ってあきらめて、

粛々と仕事などをこなしておとなしく過ごすことに・・・






しかしたまに、前日になって急に天気予報はいい方向に外れ

一転、晴れそうな雰囲気になるときがあるよね~






2/19(日)はちょうどそんなケースに当てはまった




前夜に急きょ、出動しようとして頭に浮かんだのはなぜか、

「伏見稲荷神社」でした。

先日、岡山の最上稲荷に参拝したことで

また伏見のほうにも行ってみたいという

思いが安直にあたまに浮かんだのでしょう






ということで、なんとか朝起きてセロリン号(serow250)で

京都方面に向かって走り出します。



イキマース=========”└|∵|┐












伏見稲荷神社ツー1702-001b

途中、流れ橋(上津屋橋)に寄り道~


毎年一度は定期観測に訪れております。


土手の茶畑がきれいに整備されていますね。







伏見稲荷神社ツー1702-002b

バイクは押してくださいとのこと・・・

今回は渡りませんでした。









この橋はその名のとおり、木津川の増水時に

上の橋桁の部分だけ流されるように設計されているのですが

2011年より、4年連続で台風により橋桁流出。

ここ数年、橋のない期間のほうが圧倒的に長かった




流れ橋-4
(2011.11撮影)



復旧に莫大な市民の税金が使われることを考えると、

構造的にこのままの状態で維持するのは

限界にきているのかもしれない・・・






伏見稲荷神社ツー1702-003b


2016年3月に復旧してからおよそ一年、

去年の台風はなんとか持ちこたえたようだ。






ヘ( ̄▽ ̄*)ノ・ ・.♪ガンバレーーー♪.・ ・ヾ(* ̄▽ ̄)ノ耐えろ~












・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆








そして目的地の伏見稲荷大社に到着~



伏見稲荷神社ツー1702-004b

時刻は午前9時ちょうど・・・

すでに無料の駐車場へ向かう乗用車の渋滞が

神社前の道路で始まっています。


二輪車はスルスル~と前に行かせてもらって、

駐輪場に案内してくれました。









伏見稲荷神社ツー1702-005b

名物の狛狐に迎えていただき、

奥の千本鳥居へ向かいましょう~






☆+。・゚8(´∀`8*))ワクワク((*8´∀`)8゚・。+☆





伏見稲荷神社ツー1702-006b

そして一番の撮影スポットともいえる

ダブル鳥居の入口にきましたが、

参拝する人の波がまったく途絶えることがありませんゾ




しかもほぼ全員、この場所で写真撮影を始めるので、

人が途切れる瞬間を待っていてもクリアな状況で

鳥居を撮影するチャンスは訪れなかった~





ガクッil||li ○| ̄|_ =3  






日本語ではない言葉を話すアジア系の

観光客が半数以上をしめておりました。

4年前より確実に増えた印象です。






伏見稲荷神社ツー1702-007b

それでも・・・


この赤いトンネルは絶対的な美しさを損なわずに迎えてくれています。








(*゚-゚)ニコッ(*゚ー゚)ニヤッ(*゚ー+゚)キラッ







伏見稲荷神社ツー1702-008b

外から見たらこんな感じでぎゅうぎゅう詰めヨ








そして奥社参拝所では恒例の

「キツネ絵馬」を奉納~



伏見稲荷神社ツー1702-009b

今回は「人の顔」だがよくみると

「狛狐がきつねうどんを食べようとしている」バージョン!

まんと画伯の絵ヂカラは

あいかわらず幼稚園児なみですわ (笑)











伏見稲荷神社ツー1702-010b

「おもかる石」も行列になっていたので

今回は断念してもう少し上まで歩いてみることにします。








伏見稲荷神社ツー1702-011b
(クリックで拡大)







伏見稲荷神社ツー1702-012b


ハアハア・・・



ε~ε~ε~(; T_T) テクテク








伏見稲荷神社ツー1702-013b
やっと、「四ツ辻」まで来ました。


ここで稲荷山のまだ半分ぐらい。









伏見稲荷神社ツー1702-015b
おーっ、水で冷やされたジュースがウマそうや~








伏見稲荷神社ツー1702-014b



一時間ほど歩いてきたけれど、

あいかわらず観光客でごった返してますね~





きょうは山頂までトライするつもりできましたが、

ひとが途切れるのを待って写真を撮りながら先に進むのは

あまりに時間がかかりすぎるので

ここから山を下りることにします。

また、何年後かに山頂目指して登りに来ましょう~











伏見稲荷神社ツー1702-017b

下界に降りてきたらちょうど午前11時、

2時間ほど歩きました。











このあとは、何にも考えていませんでしたので、

ホームダートの山城周辺を抜けて

帰ることにしましょうかね~




ε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ  ピュー





伏見稲荷神社ツー1702-018b

途中、国道309号線沿いの

「天下一品」(宇治田原店)にやってきました~

マスツーでは朝宮店によく行くのですが、

その途中に現れるこのお店。

前を通過するときに

「近場のココでいいんじゃないの?」

とずっと気になってました。









伏見稲荷神社ツー1702-019b



店内はそれほど広くはないのですが、

すごくキレイで清潔感があって悪くないです。

ブーツを脱がなくていいのでソロの時はこちらで十分!





伏見稲荷神社ツー1702-021b

メニューはほぼ同じ、私はお決まりの

「スタミナ中華そば」のチャーハンセットをチョイス

お味の方も朝宮店と変わらず、

やみつきになるウマさでしたヨ~






( ̄¬ ̄*)じゅるぅううううぅ~









そして「万灯呂山展望台」へ・・・




伏見稲荷神社ツー1702-022b







伏見稲荷神社ツー1702-023b


人っ子ひとりもいないが、景色としては

伏見山の四ツ辻から見るものより

こちらのほうが断然見晴らしがイイゾ!








伏見稲荷神社ツー1702-024b

展望台から降りてきたところのダートへの分岐






伏見稲荷神社ツー1702-025b



よく見ると、この右手にアタックコースの入口を発見。

シングルトラックですが、タイヤの跡があります。

バイク一台分、ギリギリ通れるぐらいの藪のトンネルになっている。

ひとりでは怖くて入って行けない(笑)






伏見稲荷神社ツー1702-026b


本コースの方を進んで行きましたが

この時期はまだ雪が残ってました。







伏見稲荷神社ツー1702-027b



未舗装部分は普通に走れましたが

次のダートに向かうつなぎの舗装林道が凍結状態。

ミドリン号(250TR)で来たときに、

ここを登れず断念した記憶があります。

今回はゆっくり慎重に登って難所をクリア

(ง°`ロ°)งよっしゃぁぁ‼








伏見稲荷神社ツー1702-028b
竹やぶダートに突入~




伏見稲荷神社ツー1702-029b
最後にキャンプ場へ続くダートへ・・・





伏見稲荷神社ツー1702-030b
こちらはもう道端にも雪がありません。

ちょっと場所が違うだけで

こんなに路面状況に差があるんですね~





伏見稲荷神社ツー1702-031b

ササーッと帰ってきて洗車して今日はこれで終わりよ~



ランキング
ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
いつも応援ありがとうございま~す。^^)/





伏見稲荷神社ツー1702-016b




スポンサーサイト


追記を閉じる▲
普段は「今度の休みはどこに走りに行こうかな~

など考えながら平日を過ごし、

数日かけて情報を集めてルートを決めて

週末に向かってテンションを上げていく生活を送っている。







しかし、その週末に「雨が降りそう」

と週間天気の予想が出ていると

「ガーーーン!  バイクに乗れな~い」 

ってあきらめて、

粛々と仕事などをこなしておとなしく過ごすことに・・・






しかしたまに、前日になって急に天気予報はいい方向に外れ

一転、晴れそうな雰囲気になるときがあるよね~






2/19(日)はちょうどそんなケースに当てはまった




前夜に急きょ、出動しようとして頭に浮かんだのはなぜか、

「伏見稲荷神社」でした。

先日、岡山の最上稲荷に参拝したことで

また伏見のほうにも行ってみたいという

思いが安直にあたまに浮かんだのでしょう






ということで、なんとか朝起きてセロリン号(serow250)で

京都方面に向かって走り出します。



イキマース=========”└|∵|┐












伏見稲荷神社ツー1702-001b

途中、流れ橋(上津屋橋)に寄り道~


毎年一度は定期観測に訪れております。


土手の茶畑がきれいに整備されていますね。







伏見稲荷神社ツー1702-002b

バイクは押してくださいとのこと・・・

今回は渡りませんでした。









この橋はその名のとおり、木津川の増水時に

上の橋桁の部分だけ流されるように設計されているのですが

2011年より、4年連続で台風により橋桁流出。

ここ数年、橋のない期間のほうが圧倒的に長かった




流れ橋-4
(2011.11撮影)



復旧に莫大な市民の税金が使われることを考えると、

構造的にこのままの状態で維持するのは

限界にきているのかもしれない・・・






伏見稲荷神社ツー1702-003b


2016年3月に復旧してからおよそ一年、

去年の台風はなんとか持ちこたえたようだ。






ヘ( ̄▽ ̄*)ノ・ ・.♪ガンバレーーー♪.・ ・ヾ(* ̄▽ ̄)ノ耐えろ~












・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆








そして目的地の伏見稲荷大社に到着~



伏見稲荷神社ツー1702-004b

時刻は午前9時ちょうど・・・

すでに無料の駐車場へ向かう乗用車の渋滞が

神社前の道路で始まっています。


二輪車はスルスル~と前に行かせてもらって、

駐輪場に案内してくれました。









伏見稲荷神社ツー1702-005b

名物の狛狐に迎えていただき、

奥の千本鳥居へ向かいましょう~






☆+。・゚8(´∀`8*))ワクワク((*8´∀`)8゚・。+☆





伏見稲荷神社ツー1702-006b

そして一番の撮影スポットともいえる

ダブル鳥居の入口にきましたが、

参拝する人の波がまったく途絶えることがありませんゾ




しかもほぼ全員、この場所で写真撮影を始めるので、

人が途切れる瞬間を待っていてもクリアな状況で

鳥居を撮影するチャンスは訪れなかった~





ガクッil||li ○| ̄|_ =3  






日本語ではない言葉を話すアジア系の

観光客が半数以上をしめておりました。

4年前より確実に増えた印象です。






伏見稲荷神社ツー1702-007b

それでも・・・


この赤いトンネルは絶対的な美しさを損なわずに迎えてくれています。








(*゚-゚)ニコッ(*゚ー゚)ニヤッ(*゚ー+゚)キラッ







伏見稲荷神社ツー1702-008b

外から見たらこんな感じでぎゅうぎゅう詰めヨ








そして奥社参拝所では恒例の

「キツネ絵馬」を奉納~



伏見稲荷神社ツー1702-009b

今回は「人の顔」だがよくみると

「狛狐がきつねうどんを食べようとしている」バージョン!

まんと画伯の絵ヂカラは

あいかわらず幼稚園児なみですわ (笑)











伏見稲荷神社ツー1702-010b

「おもかる石」も行列になっていたので

今回は断念してもう少し上まで歩いてみることにします。








伏見稲荷神社ツー1702-011b
(クリックで拡大)







伏見稲荷神社ツー1702-012b


ハアハア・・・



ε~ε~ε~(; T_T) テクテク








伏見稲荷神社ツー1702-013b
やっと、「四ツ辻」まで来ました。


ここで稲荷山のまだ半分ぐらい。









伏見稲荷神社ツー1702-015b
おーっ、水で冷やされたジュースがウマそうや~








伏見稲荷神社ツー1702-014b



一時間ほど歩いてきたけれど、

あいかわらず観光客でごった返してますね~





きょうは山頂までトライするつもりできましたが、

ひとが途切れるのを待って写真を撮りながら先に進むのは

あまりに時間がかかりすぎるので

ここから山を下りることにします。

また、何年後かに山頂目指して登りに来ましょう~











伏見稲荷神社ツー1702-017b

下界に降りてきたらちょうど午前11時、

2時間ほど歩きました。











このあとは、何にも考えていませんでしたので、

ホームダートの山城周辺を抜けて

帰ることにしましょうかね~




ε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ  ピュー





伏見稲荷神社ツー1702-018b

途中、国道309号線沿いの

「天下一品」(宇治田原店)にやってきました~

マスツーでは朝宮店によく行くのですが、

その途中に現れるこのお店。

前を通過するときに

「近場のココでいいんじゃないの?」

とずっと気になってました。









伏見稲荷神社ツー1702-019b



店内はそれほど広くはないのですが、

すごくキレイで清潔感があって悪くないです。

ブーツを脱がなくていいのでソロの時はこちらで十分!





伏見稲荷神社ツー1702-021b

メニューはほぼ同じ、私はお決まりの

「スタミナ中華そば」のチャーハンセットをチョイス

お味の方も朝宮店と変わらず、

やみつきになるウマさでしたヨ~






( ̄¬ ̄*)じゅるぅううううぅ~









そして「万灯呂山展望台」へ・・・




伏見稲荷神社ツー1702-022b







伏見稲荷神社ツー1702-023b


人っ子ひとりもいないが、景色としては

伏見山の四ツ辻から見るものより

こちらのほうが断然見晴らしがイイゾ!








伏見稲荷神社ツー1702-024b

展望台から降りてきたところのダートへの分岐






伏見稲荷神社ツー1702-025b



よく見ると、この右手にアタックコースの入口を発見。

シングルトラックですが、タイヤの跡があります。

バイク一台分、ギリギリ通れるぐらいの藪のトンネルになっている。

ひとりでは怖くて入って行けない(笑)






伏見稲荷神社ツー1702-026b


本コースの方を進んで行きましたが

この時期はまだ雪が残ってました。







伏見稲荷神社ツー1702-027b



未舗装部分は普通に走れましたが

次のダートに向かうつなぎの舗装林道が凍結状態。

ミドリン号(250TR)で来たときに、

ここを登れず断念した記憶があります。

今回はゆっくり慎重に登って難所をクリア

(ง°`ロ°)งよっしゃぁぁ‼








伏見稲荷神社ツー1702-028b
竹やぶダートに突入~




伏見稲荷神社ツー1702-029b
最後にキャンプ場へ続くダートへ・・・





伏見稲荷神社ツー1702-030b
こちらはもう道端にも雪がありません。

ちょっと場所が違うだけで

こんなに路面状況に差があるんですね~





伏見稲荷神社ツー1702-031b

ササーッと帰ってきて洗車して今日はこれで終わりよ~



ランキング
ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
いつも応援ありがとうございま~す。^^)/





伏見稲荷神社ツー1702-016b




スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

[2017/03/11 00:50] | 探索ツーリング
トラックバック:(0) |


大和
伏見稲荷神社とても有名なんですが一度も訪れたことがありませんw 赤の鳥居の道が非現実で神秘的ですね(o^-^o) 山頂まで歩こうとするとかなり時間がかかることも初めて知りました。 ただ観光客の多さが凄いんですね!写真でも屋台前には人人人・・・^^; 京都はどちらへ行っても観光客がいっぱいのイメージがあるので人混みが苦手なのでなかなか足が向かないなぁ。



のりまき
伏見稲荷に「キープライトのれん」が下がったのですね。
前回訪問した時(3年前ぐらいかな?)外人さんの団体さんが増えてたのでびっくりしましたが、よっぽど昇り降りで混雑するようになったのですね。

我が家の庭の祠に、ここで買った鳥居を設置しています。
朱色が消えているので、どうにかしなきゃと今朝考えていたところでした。


かめはめは
京阪沿線に長いこと住んでたのに、
そういえば伏見稲荷に行ったことがないですわ。
そんなに人出があるんですか?
確かにあの鳥居の通りはエキゾチックジャパンを
象徴するかのような雰囲気ですものね。
みどりん号でいけなかったところをセロリン号で
行けましたか!武器が変わると戦うステージも上がりますね!

大和さん おはようございます~
まんと
> 伏見稲荷神社とても有名なんですが一度も訪れたことがありませんw 赤の鳥居の道が非現実で神秘的ですね(o^-^o) 山頂まで歩こうとするとかなり時間がかかることも初めて知りました。 ただ観光客の多さが凄いんですね!写真でも屋台前には人人人・・・^^; 京都はどちらへ行っても観光客がいっぱいのイメージがあるので人混みが苦手なのでなかなか足が向かないなぁ。


伏見稲荷大社は外国人観光客に一番人気のようで、
朝早い時間からすごい人出でした。
大和さんのお休みの平日とかなら、なおのこと
外国人率が高くなるのではないかと思われますね。
伏見山は登らなくても、千本鳥居を抜けた先の「奥社参拝所」
まででメインの見どころは網羅できますのでぜひ!


のりまきさん おはようございます~
まんと
> 伏見稲荷に「キープライトのれん」が下がったのですね。
> 前回訪問した時(3年前ぐらいかな?)外人さんの団体さんが増えてたのでびっくりしましたが、よっぽど昇り降りで混雑するようになったのですね。
>
> 我が家の庭の祠に、ここで買った鳥居を設置しています。
> 朱色が消えているので、どうにかしなきゃと今朝考えていたところでした。

そうですね、あおの2連の鳥居のところ前回参拝したときは
どちらを通ってもよかったと思います。
観光客もそのときは、まばらでいい雰囲気でした。
奥社参拝所に鳥居売っていましたね。
あの大きな鳥居もお金を払えば、設置してくれるようですね。
(それなりのお値段はしますが)(笑)
 

かめはめはさん おはようございます~
まんと
> 京阪沿線に長いこと住んでたのに、
> そういえば伏見稲荷に行ったことがないですわ。
> そんなに人出があるんですか?
> 確かにあの鳥居の通りはエキゾチックジャパンを
> 象徴するかのような雰囲気ですものね。
> みどりん号でいけなかったところをセロリン号で
> 行けましたか!武器が変わると戦うステージも上がりますね!


私も「おけいはん」なのに伏見や宇治へはめったに
行く機会がありません。
近場なのでいつでも行けるという思いもあってか、
わざわざ混雑しているところへ足を向けないですよね。
伏見稲荷大社はあの鳥居の赤い色が京都らしさを感じさせますね。

セロリン号、バイク屋さんの勧めで冬場ツーリングするなら
柔らかいツーリストがいいですよと言われてリヤ2本目装着したのが
こういう道に威力を発揮してくれてヨカッタですわ~^^)/

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
伏見稲荷神社とても有名なんですが一度も訪れたことがありませんw 赤の鳥居の道が非現実で神秘的ですね(o^-^o) 山頂まで歩こうとするとかなり時間がかかることも初めて知りました。 ただ観光客の多さが凄いんですね!写真でも屋台前には人人人・・・^^; 京都はどちらへ行っても観光客がいっぱいのイメージがあるので人混みが苦手なのでなかなか足が向かないなぁ。
2017/03/11(Sat) 08:14 | URL  | 大和 #sSCpTNZ2[ 編集]
伏見稲荷に「キープライトのれん」が下がったのですね。
前回訪問した時(3年前ぐらいかな?)外人さんの団体さんが増えてたのでびっくりしましたが、よっぽど昇り降りで混雑するようになったのですね。

我が家の庭の祠に、ここで買った鳥居を設置しています。
朱色が消えているので、どうにかしなきゃと今朝考えていたところでした。
2017/03/11(Sat) 18:48 | URL  | のりまき #47HQXcl.[ 編集]
京阪沿線に長いこと住んでたのに、
そういえば伏見稲荷に行ったことがないですわ。
そんなに人出があるんですか?
確かにあの鳥居の通りはエキゾチックジャパンを
象徴するかのような雰囲気ですものね。
みどりん号でいけなかったところをセロリン号で
行けましたか!武器が変わると戦うステージも上がりますね!
2017/03/11(Sat) 19:56 | URL  | かめはめは #-[ 編集]
大和さん おはようございます~
> 伏見稲荷神社とても有名なんですが一度も訪れたことがありませんw 赤の鳥居の道が非現実で神秘的ですね(o^-^o) 山頂まで歩こうとするとかなり時間がかかることも初めて知りました。 ただ観光客の多さが凄いんですね!写真でも屋台前には人人人・・・^^; 京都はどちらへ行っても観光客がいっぱいのイメージがあるので人混みが苦手なのでなかなか足が向かないなぁ。


伏見稲荷大社は外国人観光客に一番人気のようで、
朝早い時間からすごい人出でした。
大和さんのお休みの平日とかなら、なおのこと
外国人率が高くなるのではないかと思われますね。
伏見山は登らなくても、千本鳥居を抜けた先の「奥社参拝所」
まででメインの見どころは網羅できますのでぜひ!
2017/03/12(Sun) 09:27 | URL  | まんと #-[ 編集]
のりまきさん おはようございます~
> 伏見稲荷に「キープライトのれん」が下がったのですね。
> 前回訪問した時(3年前ぐらいかな?)外人さんの団体さんが増えてたのでびっくりしましたが、よっぽど昇り降りで混雑するようになったのですね。
>
> 我が家の庭の祠に、ここで買った鳥居を設置しています。
> 朱色が消えているので、どうにかしなきゃと今朝考えていたところでした。

そうですね、あおの2連の鳥居のところ前回参拝したときは
どちらを通ってもよかったと思います。
観光客もそのときは、まばらでいい雰囲気でした。
奥社参拝所に鳥居売っていましたね。
あの大きな鳥居もお金を払えば、設置してくれるようですね。
(それなりのお値段はしますが)(笑)
 
2017/03/12(Sun) 10:01 | URL  | まんと #-[ 編集]
かめはめはさん おはようございます~
> 京阪沿線に長いこと住んでたのに、
> そういえば伏見稲荷に行ったことがないですわ。
> そんなに人出があるんですか?
> 確かにあの鳥居の通りはエキゾチックジャパンを
> 象徴するかのような雰囲気ですものね。
> みどりん号でいけなかったところをセロリン号で
> 行けましたか!武器が変わると戦うステージも上がりますね!


私も「おけいはん」なのに伏見や宇治へはめったに
行く機会がありません。
近場なのでいつでも行けるという思いもあってか、
わざわざ混雑しているところへ足を向けないですよね。
伏見稲荷大社はあの鳥居の赤い色が京都らしさを感じさせますね。

セロリン号、バイク屋さんの勧めで冬場ツーリングするなら
柔らかいツーリストがいいですよと言われてリヤ2本目装着したのが
こういう道に威力を発揮してくれてヨカッタですわ~^^)/
2017/03/12(Sun) 10:09 | URL  | まんと #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: