国道よりも酷道、県道、そして林道が好き。 ツーリングに行きたくてもなかなか行けない中年ライダーのツーリング、温泉、B級グルメと時々サッカーの話。
ドーン

ユラユラユラ~

午前7時58分、

いつもならそろそろ仕事を始めようかと

スタンバッている時間帯である。

その揺れは突然襲ってきた。

職場のパソコンデスクに座っていた私は

同僚と顔を見合わせながら、どうすることも出来ずに

揺れが収まるまでじっとしているしかなかった。

体感として阪神淡路大震災のときと同じぐらいの揺れだ。










その大震災を経験していたので

気を付けなければいけないとは

頭ではわかっているつもりだったけれど・・・

あれから23年、いつしか

「もう自分の生きているうちに大阪には

大きな地震が起こらないのではないか」


という気持ちになっていた。

戒めのように、忘れたころにやってくるものなのかもしれない。








揺れていた時間はほんの数十秒だったと思うが、

阪神大震災当時の記憶がよみがえって

今後どういう状況になるのか

不安がこみあげてきた。







普段、スマホは仕事場には持ち込まないのだが、

そこは緊急事態発生だ。

すぐ家内のスマホに電話をかけてみるが繋がらない!

「大丈夫か?」とLINEしてみる

これはすんなり届いたようだ。




家内と大学生の娘は自宅マンションにいて

無事だと返信がきた。

1人暮らしの親父も無事とのこと。

しかし、茨木へ通学している息子とは連絡が取れないようだ。

いつもなら、バスに乗っている時間帯で

ちょうど学校に到着するかしないかというところである。







それから2時間後の午前10時過ぎに

「(息子と)連絡がとれた」とLINEが入る。

無事学校に到着してグラウンドや体育館に避難しているらしい。


地震発生時、息子はやはりバスに乗車中で

学校に到着寸前のところまで来ていて、

ドン!とまるで大きな丸太のに乗り上げたかのような衝撃だったそうな。

大きな事故にまきこまれていなくてほっとした。








その後、息子の学校は臨時休校となったが、

公共交通機関が全面ストップしているなか、

自宅までの20kmの距離を歩いて帰ってくるという。

余震などいろいろ問題もあるので、

学校でしばらく待機しておくようにと家内が息子に伝え、

私がスクーター(アドレスv125)で迎えにいくことになった。








自宅から息子の学校までは中央環状線を北上するのだが、

地震直後なので高速道路も全面通行止めとなっており、

全ての車両が一般道に降ろされて大渋滞!!

信号が変わってもまったく進まないような状況だ。




これは予想できた!

なのでスクーターで迎えに向かったのである。




すんごい混んでたけど、

(阪神大震災時の阪神高速神戸線のような)

高架道路の損傷やアスファルトの陥没など通行に

影響するダメージはどこも遭遇することはなかった。

これが(震源に近い)高槻方面だったらバイクでも

先に進むことが難しかったかもしれない。








なんとか1時間弱で息子の待つ学校に到着

徒歩で帰宅できる生徒はすでに下校しており、

体育館には100人ほどの生徒が迎えを待っていた。

バイクで来たのは私だけで、

ほかの保護者の方は自家用車で続々と到着

子供たちがみんな元気そうなので少し安心した。

こういうときに子供を預かる先生方は

大変だろうなと感じながら色々な配慮に感謝、

お礼を言って息子をタンデムシートに乗せて学校を後にした。





帰り方向も多少混雑していたが、

茨木市内を抜けると徐々に渋滞は解消されて

すんなり帰着することができた。

その際、鳥飼大橋を歩いて渡っている方の姿が目につく。

夕方には多くの方が帰宅難民になられていた

との報道を後で知ることとなる。

また、「ジャパン」とか「業務スーパー」などの量販店へ

向かう車の行列を目の当たりにし、

高槻のスーパーでは陳列されていた商品がすべてなくなるほど

お客さんが殺到していると情報も入ってきた。

しばらくは物流もストップしてウチの近所のスーパーにも

商品が入ってこなくなるかもしれないと思い、

家内に保存食と日用品の確保をたのんで

ふたたび職場に戻った。







あれから数日がたち、まだまだ油断ならないが

事態が収束方向にむかっているのでひとまずヨカッタ。

みなさまはご無事でしたでしょうか。









今回の地震で被災された方々に

心よりお見舞い申し上げるとともに、

亡くなられた方やそのご家族には

お悔やみを申し上げます。









スポンサーサイト


追記を閉じる▲





その大震災を経験していたので

気を付けなければいけないとは

頭ではわかっているつもりだったけれど・・・

あれから23年、いつしか

「もう自分の生きているうちに大阪には

大きな地震が起こらないのではないか」


という気持ちになっていた。

戒めのように、忘れたころにやってくるものなのかもしれない。








揺れていた時間はほんの数十秒だったと思うが、

阪神大震災当時の記憶がよみがえって

今後どういう状況になるのか

不安がこみあげてきた。







普段、スマホは仕事場には持ち込まないのだが、

そこは緊急事態発生だ。

すぐ家内のスマホに電話をかけてみるが繋がらない!

「大丈夫か?」とLINEしてみる

これはすんなり届いたようだ。




家内と大学生の娘は自宅マンションにいて

無事だと返信がきた。

1人暮らしの親父も無事とのこと。

しかし、茨木へ通学している息子とは連絡が取れないようだ。

いつもなら、バスに乗っている時間帯で

ちょうど学校に到着するかしないかというところである。







それから2時間後の午前10時過ぎに

「(息子と)連絡がとれた」とLINEが入る。

無事学校に到着してグラウンドや体育館に避難しているらしい。


地震発生時、息子はやはりバスに乗車中で

学校に到着寸前のところまで来ていて、

ドン!とまるで大きな丸太のに乗り上げたかのような衝撃だったそうな。

大きな事故にまきこまれていなくてほっとした。








その後、息子の学校は臨時休校となったが、

公共交通機関が全面ストップしているなか、

自宅までの20kmの距離を歩いて帰ってくるという。

余震などいろいろ問題もあるので、

学校でしばらく待機しておくようにと家内が息子に伝え、

私がスクーター(アドレスv125)で迎えにいくことになった。








自宅から息子の学校までは中央環状線を北上するのだが、

地震直後なので高速道路も全面通行止めとなっており、

全ての車両が一般道に降ろされて大渋滞!!

信号が変わってもまったく進まないような状況だ。




これは予想できた!

なのでスクーターで迎えに向かったのである。




すんごい混んでたけど、

(阪神大震災時の阪神高速神戸線のような)

高架道路の損傷やアスファルトの陥没など通行に

影響するダメージはどこも遭遇することはなかった。

これが(震源に近い)高槻方面だったらバイクでも

先に進むことが難しかったかもしれない。








なんとか1時間弱で息子の待つ学校に到着

徒歩で帰宅できる生徒はすでに下校しており、

体育館には100人ほどの生徒が迎えを待っていた。

バイクで来たのは私だけで、

ほかの保護者の方は自家用車で続々と到着

子供たちがみんな元気そうなので少し安心した。

こういうときに子供を預かる先生方は

大変だろうなと感じながら色々な配慮に感謝、

お礼を言って息子をタンデムシートに乗せて学校を後にした。





帰り方向も多少混雑していたが、

茨木市内を抜けると徐々に渋滞は解消されて

すんなり帰着することができた。

その際、鳥飼大橋を歩いて渡っている方の姿が目につく。

夕方には多くの方が帰宅難民になられていた

との報道を後で知ることとなる。

また、「ジャパン」とか「業務スーパー」などの量販店へ

向かう車の行列を目の当たりにし、

高槻のスーパーでは陳列されていた商品がすべてなくなるほど

お客さんが殺到していると情報も入ってきた。

しばらくは物流もストップしてウチの近所のスーパーにも

商品が入ってこなくなるかもしれないと思い、

家内に保存食と日用品の確保をたのんで

ふたたび職場に戻った。







あれから数日がたち、まだまだ油断ならないが

事態が収束方向にむかっているのでひとまずヨカッタ。

みなさまはご無事でしたでしょうか。









今回の地震で被災された方々に

心よりお見舞い申し上げるとともに、

亡くなられた方やそのご家族には

お悔やみを申し上げます。









スポンサーサイト

[2018/06/21 23:29] | 未分類
トラックバック:(0) |


mocchiママ
こんばんは。
余震もなくなったのでだいじょうぶかな?と思ってたら・・・
先ほど揺れましたね。
まだ油断するなということでしょうか?

でも、皆さん無事で何よりです。
ウチは地震対策、今日になってやっとしました。


mocchiママさん おはようございます~
まんと
> こんばんは。
> 余震もなくなったのでだいじょうぶかな?と思ってたら・・・
> 先ほど揺れましたね。
> まだ油断するなということでしょうか?
>
> でも、皆さん無事で何よりです。
> ウチは地震対策、今日になってやっとしました。

夜中にまた揺れましたね。
やはり余震、しばらく気を付けないといけませんね。
ウチはタンスや食器棚、最初からつっぱり器具や耐震ラッチが
装着されていて扉が開くことも無くセーフだったようです。
阪神大震災以降に購入したものばかりなので
そういう設計になっていたんでしょうね~
早く収束してほしいですね~

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
こんばんは。
余震もなくなったのでだいじょうぶかな?と思ってたら・・・
先ほど揺れましたね。
まだ油断するなということでしょうか?

でも、皆さん無事で何よりです。
ウチは地震対策、今日になってやっとしました。
2018/06/23(Sat) 23:27 | URL  | mocchiママ #RaFMnLFM[ 編集]
mocchiママさん おはようございます~
> こんばんは。
> 余震もなくなったのでだいじょうぶかな?と思ってたら・・・
> 先ほど揺れましたね。
> まだ油断するなということでしょうか?
>
> でも、皆さん無事で何よりです。
> ウチは地震対策、今日になってやっとしました。

夜中にまた揺れましたね。
やはり余震、しばらく気を付けないといけませんね。
ウチはタンスや食器棚、最初からつっぱり器具や耐震ラッチが
装着されていて扉が開くことも無くセーフだったようです。
阪神大震災以降に購入したものばかりなので
そういう設計になっていたんでしょうね~
早く収束してほしいですね~
2018/06/24(Sun) 06:04 | URL  | まんと #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: