FC2ブログ
国道よりも酷道、県道、そして林道が好き。 ツーリングに行きたくてもなかなか行けない中年ライダーのツーリング、温泉、B級グルメと時々サッカーの話。
biburia20-09-001a.jpg
「ビブリア古書堂の事件手帖」

漫画化、TVドラマ化、映画化、アニメ化と

現役で大人気のシリーズ!

━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━
鎌倉の片隅でひっそりと営業を
している古本屋「ビブリア古書堂」。

そこの店主は古本屋のイメージに
合わない若くきれいな女性だ。

残念なのは、初対面の人間とは
口もきけない人見知り。

接客業を営む者として
心配になる女性だった。

だが、古書の知識は並大抵
ではない。人に対してと真逆に、
本には人一倍の情熱を燃やす
彼女のもとには、いわくつきの
古書が持ち込まれることも。

彼女は古書にまつわる謎と秘密を、
まるで見てきたかのように
解き明かしていく。

これは“古書と秘密”の物語。
━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━


「ビブリア」とは

元々はギリシャ語の表現で、

和声英語でいうところの「バイブル」にあたり、

欧米では「聖書」のことを指している。



また、ラテン語では「愛書家」のことを

『ビブリア』と呼び、






ここから現代の日本の書籍関連では

「本を愛する人」

という意味で用いられているようです。



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★



「文庫版」

biburia20-09-002a.jpg


2011年にメデイアワークス文庫より発刊され、

第1シリーズ 全7巻、

第2シリーズの最新作が今年の7月に発売されて

今もなお、現役で刊行されている大人気シリーズです。


━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━
(第1シリーズ)
ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~
ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~
ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~
ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~
ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~
(第2シリーズ)
ビブリア古書堂の事件手帖 〜扉子と不思議な客人たち〜
ビブリア古書堂の事件手帖II 〜扉子と空白の時〜
━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━


サブタイトルから想像できる通り、

第2シリーズは栞子の娘である、

扉子が主人公となっています。




★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★




(コミック化は2社からされている。)


biburia20-09-003a.jpg
『ビブリア古書堂の事件手帖』
(カドカワコミックス・エース)
全6巻完結



biburia20-09-004a.jpg
『ビブリア古書堂の事件手帖』
(アフタヌーンKC)
全3巻完結



原作を再現しているのでストーリーはほぼ同じ。

大人向けの雑誌であるアフタヌーン版のほうが

栞子さんが巨乳で描かれています(笑)






★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★





(原作フアンから大ブーイングのテレビドラマ版)


2013年にフジテレビの「月9」ドラマとして
剛力 彩芽さん主演で放送。


これが原作フアンから

大ブーイング

を浴びることとなる。




というのも、ライトノベルの表紙から、

主人公の栞子は

「メガネをかけたロングヘアーのおしとやかな女性」

のイメージが定着しており、




当時、デビューして間もない剛力 彩芽さんは

これに正反対ともいえる

「ショートカットの活発な女の子」

であったこともあって、

所属事務所のゴリ押し

キャスティングされた感が強く、

原作フアンから猛反発を喰らうことになる。



biburia20-09-006a.jpg




彼女自身に落ち度がないだけに

大人に翻弄される不運なタレント

の印象が今も残るのは

私だけでしょうか?







★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★




(実写映画化)


2018年には

実写劇場版映画が公開





この時はドラマ版で受けた批判を汲んでか、

栞子役の黒木華さんは

メガネ&ロングストレートヘアの大人女子

をスクリーンで再現している。



main.jpg


黒木華さんといえば、

今ではモジャモジャ頭の印象がすごい強いです(笑)




★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

(アニメ化)


映画化と同時に劇場版アニメの制作

発表されておりますが、

今のところ詳細は不明でございます。





★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★





『ビブリア古書堂の事件手帖』

この作品を期に

「ビブリアもの」というジャンル

が確立されて、

現在、さまざまなタイトルが

人気となっておりますね~




本好きなら

本を題材にした物語に興味がわく

というのは自然な流れですよね~







ランキング
ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
いつもご協力ありがとうございま~す。^^)/


スポンサーサイト





追記を閉じる▲
「ビブリア」とは

元々はギリシャ語の表現で、

和声英語でいうところの「バイブル」にあたり、

欧米では「聖書」のことを指している。



また、ラテン語では「愛書家」のことを

『ビブリア』と呼び、






ここから現代の日本の書籍関連では

「本を愛する人」

という意味で用いられているようです。



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★



「文庫版」

biburia20-09-002a.jpg


2011年にメデイアワークス文庫より発刊され、

第1シリーズ 全7巻、

第2シリーズの最新作が今年の7月に発売されて

今もなお、現役で刊行されている大人気シリーズです。


━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━
(第1シリーズ)
ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~
ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~
ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~
ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~
ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~
(第2シリーズ)
ビブリア古書堂の事件手帖 〜扉子と不思議な客人たち〜
ビブリア古書堂の事件手帖II 〜扉子と空白の時〜
━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━


サブタイトルから想像できる通り、

第2シリーズは栞子の娘である、

扉子が主人公となっています。




★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★




(コミック化は2社からされている。)


biburia20-09-003a.jpg
『ビブリア古書堂の事件手帖』
(カドカワコミックス・エース)
全6巻完結



biburia20-09-004a.jpg
『ビブリア古書堂の事件手帖』
(アフタヌーンKC)
全3巻完結



原作を再現しているのでストーリーはほぼ同じ。

大人向けの雑誌であるアフタヌーン版のほうが

栞子さんが巨乳で描かれています(笑)






★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★





(原作フアンから大ブーイングのテレビドラマ版)


2013年にフジテレビの「月9」ドラマとして
剛力 彩芽さん主演で放送。


これが原作フアンから

大ブーイング

を浴びることとなる。




というのも、ライトノベルの表紙から、

主人公の栞子は

「メガネをかけたロングヘアーのおしとやかな女性」

のイメージが定着しており、




当時、デビューして間もない剛力 彩芽さんは

これに正反対ともいえる

「ショートカットの活発な女の子」

であったこともあって、

所属事務所のゴリ押し

キャスティングされた感が強く、

原作フアンから猛反発を喰らうことになる。



biburia20-09-006a.jpg




彼女自身に落ち度がないだけに

大人に翻弄される不運なタレント

の印象が今も残るのは

私だけでしょうか?







★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★




(実写映画化)


2018年には

実写劇場版映画が公開





この時はドラマ版で受けた批判を汲んでか、

栞子役の黒木華さんは

メガネ&ロングストレートヘアの大人女子

をスクリーンで再現している。



main.jpg


黒木華さんといえば、

今ではモジャモジャ頭の印象がすごい強いです(笑)




★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

(アニメ化)


映画化と同時に劇場版アニメの制作

発表されておりますが、

今のところ詳細は不明でございます。





★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★





『ビブリア古書堂の事件手帖』

この作品を期に

「ビブリアもの」というジャンル

が確立されて、

現在、さまざまなタイトルが

人気となっておりますね~




本好きなら

本を題材にした物語に興味がわく

というのは自然な流れですよね~







ランキング
ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
いつもご協力ありがとうございま~す。^^)/


スポンサーサイト




FC2blog テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

[2020/09/04 07:52] | 書籍・コミックの紹介
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: