国道よりも酷道、県道、そして林道が好き。 ツーリングに行きたくてもなかなか行けない中年ライダーのツーリング、温泉、B級グルメと時々サッカーの話。
東日本大震災から1年を過ぎました。

ブログ内や世の中の「がんばろう! 日本!」という文字が、

途端に減ったような気がします。


記事として挙げようかどうか迷いましたが、

忘れないようにするために残しておこうと思いました。




昨年の3月11日、

この震災の2ヶ月後に他界することになる母は当時、入院しておりました。


このときすでに身体を動かすことができずに、寝たきりの状態でしたが、


意識は、しっかりしていたので震災のことも承知していました。


その母は、自分の余命がもうわずかしかないのを分かっていたようです。


若い命が、多く一度に失われているのに、


自分が生きていることに負い目を感じているようでした。






私たち家族は、母が亡くなる数ヶ月前より覚悟はできていましたが、


いざ、そのときがやって来るとやはり、深い悲しみに襲われました。





それに比べて、まったく予想もしていない地震で亡くなられた方の関係者の


喪失感は、簡単な言葉では現せません。






そして現在もなお、被災されている方々に私たちが出来ることがあるなら、


小さいことからコツコツとちからを合わせていきたいと思います。







最後に母が、どこかで聞いて私に残した言葉を記しておきます。


3-11b

「蔵の財より身の財、身の財より心の財、冬は必ず春になる」

 (いつも財布に忍ばせてます。)





被害に遭われました被災者の皆様に心よりお見舞いとお悔やみ申し上げます。

スポンサーサイト


追記を閉じる▲



昨年の3月11日、

この震災の2ヶ月後に他界することになる母は当時、入院しておりました。


このときすでに身体を動かすことができずに、寝たきりの状態でしたが、


意識は、しっかりしていたので震災のことも承知していました。


その母は、自分の余命がもうわずかしかないのを分かっていたようです。


若い命が、多く一度に失われているのに、


自分が生きていることに負い目を感じているようでした。






私たち家族は、母が亡くなる数ヶ月前より覚悟はできていましたが、


いざ、そのときがやって来るとやはり、深い悲しみに襲われました。





それに比べて、まったく予想もしていない地震で亡くなられた方の関係者の


喪失感は、簡単な言葉では現せません。






そして現在もなお、被災されている方々に私たちが出来ることがあるなら、


小さいことからコツコツとちからを合わせていきたいと思います。







最後に母が、どこかで聞いて私に残した言葉を記しておきます。


3-11b

「蔵の財より身の財、身の財より心の財、冬は必ず春になる」

 (いつも財布に忍ばせてます。)





被害に遭われました被災者の皆様に心よりお見舞いとお悔やみ申し上げます。

スポンサーサイト

トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
東日本大震災から1年を過ぎました。ブログ内や世の中の「がんばろう! 日本!」という文字が、途端に減ったような気がします。記事として挙げようかどうか迷いましたが、忘れない...
2012/03/18(Sun) 05:11:02 |  まとめwoネタ速suru